【ようこそ!】しのぶの演劇レビューへ

高野しのぶの観劇感想文(レビュー)などを掲載するサイトです。 ⇒twitter ⇒facebookページ

 ★お薦めお芝居紹介メルマガを発行 ⇒100号 ⇒10周年 ⇒メルマガ発行休止のお知らせ(2020年5月) ⇒2021年9月の気になる舞台
 ★CoRich舞台芸術!で今、面白い舞台を検索♪ ⇒しのぶMyページ

●【コロナ禍】舞台芸術関係のおすすめサイト/ツイッター
●【提案】舞台の稽古場でパワハラ、セクハラなどのハラスメントについての講習を行ってはどうか()()()()(←随時更新中
●【意見/地点11】劇団地点が元劇団員を提訴/訴状を公開
 ⇒「パワハラ防止法について

■厳選!ワークショップ・オーディション情報など■
オーディション】DULL-COLORED POP「2022年3月公演『プルーフ/証明』出演者・稽古場助手募集」10/15、10/17実施※先着順、定員に達し次第〆切(専用フォームあり)
講座】パルテノン多摩「「劇場講座」トークセッション“劇場は今”(ナビゲーター:徳永京子/9/5藤田俊太郎、10/2渡辺ミキ、10/24岡本健一)」※先着順(専用フォームあり)
講座&ワークショップ】多摩市「NYシアターエデュケーションプログラム×パルテノン多摩(全5種類)」09/04-09/23実施※先着順、定員になり次第〆切(専用フォームあり)
講座】ON-PAM「舞台芸術の「契約」にまつわる連続講座2021(全6回、ZOOM)」07/15、07/24、08/24、09/28、01/15、02/08実施※全講座申込は07/14(水)24:00〆切(各回は前日の24時まで)
オーディション】東京芸術劇場「東京演劇道場 the 2nd」※09/30〆切(郵送のみ)
ワークショップ】木村早智「プロの俳優とクリエイターの為のOnline戯曲読解講座」11/01~12/09の(月)夜に実施(全8回)※10/24(日)23時〆切(メールのみ)
俳優養成】新国立劇場演劇研修所「演劇研修所説明会(オンライン)」10/31(日)11:00~12:00実施※10/25(月)23:59〆切(専用フォームあり/定員100名)

【オーディション】DULL-COLORED POP「2022年3月公演『プルーフ/証明』出演者・稽古場助手募集」10/15、10/17実施※先着順、定員に達し次第〆切(専用フォームあり)

 谷賢一さん率いる劇団DULL-COLORED POP(ダル・カラード・ポップ/通称ダルカラ)が2022年3月公演の出演者を募集します。稽古場助手も同時募集中。「若手俳優にスポットライトを当てる若手公演」になるそうです。詳細は公式サイトでご確認ください。

 上演するのはデヴィッド・オーバーン作『プルーフ/証明』というアメリカ戯曲。すごく面白い4人芝居です。2000年に初演されピュリッツァー賞戯曲部門、トニー賞最優秀作品賞を受賞。「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」という題名で映画化もされています。谷さんはご自身の翻訳、演出で上演を重ねられていますね。⇒CoRich舞台芸術!のタイトル検索結果:「プルーフ」、「proof

●DULL-COLORED POP第24回本公演『プルーフ/証明』
作:デヴィッド・オーバーン
訳・演出:谷賢一
公演時期:2022年3月第1~2週
会場:花まる学習会王子小劇場(配信あり)

・オーディション参加方法:
9月開講分・DULL-COLORED POP演劇学校の俳優向けプログラム(演技クラス1~3)にご参加頂くか、10月に開催するオーディションにご参加下さい。
・オーディション(二次審査)
日時:2021/10/15(金) or 17(日)
参加費:500円(テキスト代・登録料として)
※俳優向けプログラムもオーディションも定員に達し次第〆切
オーディション応募フォーム

【ワークショップ】木村早智「プロの俳優とクリエイターの為のOnline戯曲読解講座」11/01~12/09の(月)夜に実施(全8回)※10/24(日)23時〆切(メールのみ)

 昨年好評だった木村早智(きむら・さち)さんのオンライン戯曲読解ワークショップが、今年も開講します。毎週月曜日の夜、全8回で料金は45,000円です。詳細は公式サイトでご確認ください。⇒サマーワークショップ取材記事(2017年) ⇒以前の告知:123456

 木村さんの肩書きは演技講師、ムーブメントディレクター、演出家です。日本では2005年の開所時から新国立劇場演劇研修所で指導されています。俳優はもちろん、演出家、劇作家にもぜひ受講していただきたいです。

●「プロの俳優とクリエイターの為のOnline戯曲読解講座」
講師:木村早智(演技講師 ムーブメント ディレクター 演出家)
日時:2021/11/01~12/20
 毎週月曜日19時~21時
 (全8回・最終日のみ19時~22時)
対象 :プロ経験4年以上の俳優、演出家、劇作家、俳優育成講師。
 Zoomで 参加可能な方(顔及び名前出しなしの 相談可。止むを得ず参加できない日が ある場合はご相談の上対応可)
料金:45,000円(JPY)
募集人数:10名(書類選考あり)
応募締め切り:10月24日23時

文学座『熱海殺人事件』09/02-09/14文学座アトリエ

 文学座9月アトリエの会が昨年、コロナで公演延期になったつかこうへい作『熱海殺人事件』を上演しています。稲葉賀恵さんの演出なので情報を知った時からすごく観たかったんです。配信があったおかげで拝見できました。上演時間は約1時間50分。配信には終演後のトーク映像が付いています。

【ワークショップ】鍬田かおる「ラバンとモノローグ~セリフを言わない演技~」09/15、09/17、09/22実施※開講日の前日〆切(先着順)

 俳優指導者の鍬田かおるさんが、3日間の“モノローグ道場”を開講します(⇒前回の投稿)。6名程度の少人数クラスです。オーディションや録画審査の対策にも有効とのこと。詳細は公式サイトでご確認ください。

■日程
9月15日(水)、17日(金)、22日(水)の3日間
10:00−13:00
*感染症対策のため、途中換気の小休憩が3回あります
**少人数限定の事前予約制です

■会場 
東京都港区内スタジオ

■参加費
3日間計19800円

■対象
現場のあるプロおよびプロを目指す方が対象です
学生もプロを目指している場合OKです
***俳優、歌手、ナレーター、ダンサー、演出家、劇作家もジャンルは問わず演じる方は歓迎です

【2021年9月の気になる舞台】

 2021年9月の気になる舞台をまとめてみました(⇒8月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

【HOT NEWS!】
 ⇒【オーディション】こりっち株式会社「「CoRich舞台芸術!チャンネル(Youtube)」メインMC募集」※09/05(日)23:59〆切(専用フォームあり)
 ⇒【意見/地点11】劇団地点が元劇団員を提訴/訴状を公開

 各地で緊急事態宣言等が発令・延期され、公演延期や中止が増えています。私は相変わらずの自粛生活です。
 ⇒朝日新聞アピタル「「コロナは空気感染が主たる経路」 研究者らが対策提言」(⇒Science誌にも)
 ⇒牧野淳一郎氏「東京と日本の現状と今後
 ⇒俳優の松永玲子さんが感染対策のアップデートを提案(連続ツイート)
 ⇒ワクチンはリスクよりベネフィットが勝ることを確認してから接種しましょう(⇒参考ツイート、異物混入のニュース⇒123456


 ※上記ツイートのリプ欄で谷賢一さんと会話しました(⇒1234)。舞台芸術関係者は不条理に苦しめられています。

 日本は、約12万人弱のコロナ陽性者が「自宅療養(=自宅待機、つまり放置、棄民)」を強いられているという、信じたくない惨状にあります(⇒8月25日の尾辻かな子衆議院議員の質問)。日本は島国ですから、台湾やニュージーランドのような政策を選んでいれば、ここまでの感染爆発は防げたはずです。東京五輪に続きパラリンピックも決行中で、五輪関係者だけでなく学校連携観戦でも感染者を出してしまいました。こんな状況にもかかわらず日本政府(与党)は、臨時国会を開かないという明確な憲法違反を続けています。人命が著しく軽視されています。

■俳優の山西惇さん「我々が最も苦手な勇気ある撤退を決断する時期に来ているのではないか」

 山西さんは主演されるこまつ座『雨』の稽古中です。悩みに悩み、苦しんでおられるなかでのご発言だと思います。
 2020年9月から毎月1日に、「メルマガ」と「今月の観劇予定」の代わりとして、「気になる舞台」のまとめ(公演情報の羅列)を公開してきました。2021年1月からは、特に気になる数公演ついて短いコメントを添えてご紹介してきましたが、そういう気持ちになれず…(涙)。今月分は気になる公演情報を羅列する形式に戻させていただきます。申し訳ございません。