【ようこそ!】しのぶの演劇レビューへ

高野しのぶの観劇感想文(レビュー)などを掲載するサイトです。 ⇒twitter ⇒facebookページ

 ★お薦めお芝居紹介メルマガを発行 ⇒100号 ⇒10周年 ⇒8月のお薦め
 ★CoRich舞台芸術!で今、面白い舞台を検索♪ ⇒しのぶMyページ

■お薦め公演@首都圏■
 2016年8月の観劇予定 ⇒8月のお薦め舞台

 【メルマガ号外】葛河思潮社『浮標(ぶい)』再々演
  08/04-07 KAAT神奈川芸術劇場・大スタジオ
  09/02-04に世田谷パブリックシアターでの東京公演あり!
  ≪神奈川、愛知(豊橋)、兵庫、三重、福岡(北九州)、佐賀、東京≫

 【書籍】「悲劇喜劇」2016年9月号の特集「追悼 蜷川幸雄」
  「わたしの蜷川幸雄作品ベスト3」に参加させていただきました
 【告知】Kawai project『まちがいの喜劇』のポスト・パフォーマンス・トークに出演します(9月8日(木)14時開演の回)
 【つぶやき】新国立劇場演劇研修所・修了生の活躍状況(2016年8月)

 【告知】ワタナベエンターテインメント・Dステ19th『お気に召すまま』(10月~11月東京、山形、兵庫公演)のチラシに寄稿しました
 【レポート】ENBUゼミナール「初心者向け俳優ワークショップ(講師:辻村優子)」07/13 ENBUゼミナール

■厳選!ワークショップ・オーディション情報など■
 【俳優養成】新国立劇場演劇研修所「演劇研修所説明会(関西・ピッコロシアター)」09/17実施※9/9〆切(メール、FAX、郵送)
 【ワークショップ・俳優養成】鍬田かおる「2016年9月「ラバン入門」と「モノローグ」」09/10-12、9/13-15実施※〆切は開講日の2日前(定員になり次第〆切)
 【オーディション】トリコ・A「ショーイング出演者募集(10月東京・森下スタジオ)」10/7-9オーディション、10/18-25リハーサル、10/26ショーイング※9/30応募および振込〆切(メールのみ)
 【ワークショップ】HOTGUNFILM Actors Factory「俳優・演技ワークショップ」2016年07/19~2017年01/27(火曜クラス&金曜クラスあり・いずれも夜間)笹塚メソッド※1か月単位で受講(メール・郵送・専用フォームから随時募集)

東京都高等学校文化連盟、他「第27回全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演」08/27-28国立劇場

 今年も東京都の高校演劇地区大会の講師をさせていただくことになり、昨年の全国大会で優秀賞を受賞した作品を拝見しようと、国立劇場に行ってきました。目当ては青森中央高等学校の『アメイジング・グレイス』。同じ日に上演された静岡県立伊東高等学校の『幕が上がらない』も拝見しました。

 「2016ひろしま総文 高校演劇全国大会」で両作品ともご覧になった工藤千夏さん(うさぎ庵/渡辺源四郎商店)の劇評↓をどうぞ。

 ⇒CoRich舞台芸術!「第27回全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演「進化 国立劇場の夏」

【つぶやき】新国立劇場演劇研修所・修了生の活躍状況(2016年8月)

 9月7日(水)から東池袋のあうるすぽっとで、KawaiProject『まちがいの喜劇』が開幕します。ご縁あって、9月8日(木)14時開演の回ポスト・パフォーマンス・トークにゲストとして登壇させていただくことになりました。

 KawaiProjectは英文学者、翻訳家の河合祥一郎さんの演劇企画で、『まちがいの喜劇』は第2回目の公演です。第1回目の『から騒ぎ』(19人中15人)に続き、新国立劇場演劇研修所の修了生が多数出演されています(18人中10人)。下記写真↓の沖田愛さんも、押田栞さんも修了生です。

 2005年の開所以来、自称“新国立劇場演劇研修所のオッカケ”である私が(笑)、2016年に計111人となった修了生の活動状況を、ごく一部ですが、ご紹介したいと思います。よかったらご笑覧ください
 ⇒修了生の出演情報は新国立劇場演劇研修所の公式サイトで更新されています。

ホリプロ『娼年』08/26-09/04東京芸術劇場プレイハウス

娼年
娼年

 三浦大輔さんが石田衣良さんの小説(「娼年」・「逝年」)を演出される新作です。脚本も三浦さんが手掛けられています。松坂桃李さんと高岡早紀さんの意味ありげなチラシで、なんとなく内容は想像できると思いますが、現代の「男娼」を描いた作品です。約3時間10分弱(途中15分の休憩を含む)。

 「R-15指定」ですが…。もうよくわからないですね、ここまで大っぴらな「セックス・ショー」だと…。何歳までNGで何歳からOKかなんて…。共に疑似体験してうっとり(しっぽり)するのか、面白がる(笑っちゃう)のか、「勉強になるな~」と感心して凝視するのか、人間の生態として冷静に観察するのか、「松坂桃李かっこいい♪」とミーハー気分を徹底するのか…。心構えをしておいた方がいいのではないかと、個人的には思います。

 私はもう、最初のアノ場面で、辛くて劇場を出ようかと思ったんですが、ストーリーも知りたいし変化も見届けたいし…という欲を燃料にエンジンを吹かせて、途中休憩も乗り越え、最後まで拝見。体がガチガチに固まってしまった…。フラフラになって帰宅しました。

 ある意味、一般9800円は安すぎるのかもしれません。「1万円以下は不合格」ですしね(笑)。

 ⇒「松坂桃李が娼夫を演じる舞台『娼年』。脚本・演出の三浦大輔の挑戦について、佐津川愛美、猪塚健太も交え話を訊く。

娼年 (集英社文庫)
娼年 (集英社文庫)
posted with amazlet at 16.08.26
石田 衣良
集英社
売り上げランキング: 883
逝年 (集英社文庫)
逝年 (集英社文庫)
posted with amazlet at 16.08.26
石田 衣良
集英社 (2011-05-20)
売り上げランキング: 4,479

 ⇒CoRich舞台芸術!『娼年

【つぶやき】ピアニストがルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンについて語る動画より

 facebookで流れてきた動画に感動したので、記録のために投稿します。ものすごく忘れっぽいので。

 幼少期から長年ピアノを習ってきたのに、何も弾けません。でも、習っていて良かった…と思う瞬間は、40代になってもたびたび訪れます。今回もそうでした。音の違いが、差が、わかるのです。両親に感謝します。

 どうぞ動画をご覧ください。

 ●Ludwig van Beethoven「Maestro Daniel Barenboim Talks About Music.

20160821_Beethoven

【オーディション】笛井事務所「11月東京、12月山梨公演『冒した者』(作:三好十郎 演出:望月純吉)出演者募集」※8/24〆切(メールのみ)

 笛井事務所が三好十郎作『冒した者』を11月に東京、12月に山梨で上演します。演出は文学座の望月純吉さん(⇒過去レビュー)。

 『冒した者』は2013年に葛河思潮社で上演された時に拝見しました(⇒レビュー)。『浮標(ぶい)』(⇒メルマガ号外)の続編に当たる、とても面白い戯曲です。ご興味のある方は公式サイトでご確認ください。CoRich舞台芸術!の掲示板にも投稿されています。

●笛井事務所『冒した者』
 作・三好十郎 演出・望月純吉(文学座)
 東京公演:11月23日(水/祝)~28日(月)@シアターモリエール
 山梨公演:2月20日(火)@山梨県立県民文化ホール

・オーディション
 応募資格:心身共に健康な男女。女性は20代~40代/男性は20代後半~50代まで。
 選考:8月27(土)・28日(日)都内にて
 締切:8月24日(水)0:00 ※メールのみ

 笛井事務所では9月に、スズキ拓朗さんを演出に迎えた『怪談』の上演↓あり。

 以下、公式サイトより転載します。

【オーディション】演劇集団キャラメルボックス「11月~12月の兵庫・東京公演『ゴールデンスランバー』出演男優1名募集」※8/23〆切(郵送のみ)

 2010年に中村義洋監督、堺雅人主演で映画化された伊坂幸太郎さんの人気小説『ゴールデンスランバー』を、演劇集団キャラメルボックスが舞台化します。キャラメルボックスは小説原作の舞台をよく手掛けられていますよね。

 映画版で濱田岳さんが演じていたキルオ役のオーディションが実施されます。詳細は公式サイトでご確認ください。私はDVDで拝見しまして、スリリングで楽しかったです。

●演劇集団キャラメルボックス『ゴールデンスランバー』
 原作:伊坂幸太郎(第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞受賞)
 脚本・演出:成井豊
 11月30日(水)~12月4日(日)@兵庫・新神戸オリエンタル劇場
 12月10日(土)~12月25日(日)@東京・サンシャイン劇場

・オーディション
 対象:身長150~170cm未満。満30歳以下で健康な男性。小柄でアクションや格闘技やダンスなど、俊敏な動きができる方。
 一次審査:書類選考
 二次審査:実技選考
  日程:8月30日(火)・31日(水)・9月2日(金)(うち1日)
  会場:都内スタジオ(予定)
 応募締切:8月23日(火)必着(郵送のみ)

ゴールデンスランバー<廉価版/> [DVD]” style=”border: none;” /></a></div>
<div class=
アミューズソフトエンタテインメント (2014-04-23)
売り上げランキング: 4,348
ゴールデンスランバー (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社
売り上げランキング: 14,449

 以下、公式サイトより転載します。

【告知】Kawai project『まちがいの喜劇』のポスト・パフォーマンス・トークに出演します(9月8日(木)14時開演の回)

まちがいの喜劇
まちがいの喜劇

 東京大学の英文学者で数多くの翻訳、翻案作品も世に出していらっしゃる河合祥一郎さんが、2014年にKawai projectという演劇企画を立ち上げられました。第一弾は『から騒ぎ』(⇒レビュー)、第二弾は今年9月の『まちがいの喜劇』、第三弾として10月の『ゴドーを待ちながら』が控えています。

 東京大学内のビルのロビーで上演された『から騒ぎ』は、大仰で形式ばった演技のシェイクスピア作品とは一線を画す、画期的な舞台でした。俳優は心情の変化を緻密に組み立てた上で、その場で生きる演技をしてくれていました。観客は登場人物たちと積極的に交流し、リラックスして、自然に大笑いすることができたのです。勝手ながら2014年の私選小劇場作品ベスト3に選ばせていただきました。そして待望の第二弾『まちがいの喜劇』については、メルマガ2016年7月号にお薦め前売り情報を掲載しました。

 『まちがいの喜劇』についての河合先生ご自身の解説は、「学術研究をそのまま舞台に反映させるのが本公演の最大の狙い」「小さなお子さんがご覧になっても大笑いで楽しめる舞台にしなければならない」「脚韻(ライム)をすべて訳出します」「シェイクスピアの台詞の音楽性を大事にしたい」など。稽古初日には「歴史に残る上演にする」とおっしゃったそうです。※ちなみに『ゴドー~』では「この新訳と演出とを以て演劇史を塗り替えたいと願っています」とまで書かれています!

 ご縁あって、ポスト・パフォーマンス・トークへの出演が決まり、河合先生の司会のもと、出演者の方々とお話をさせていただくことになりました。よかったら是非いらしてください。

●Kawai Project『まちがいの喜劇』
 09/07-11あうるすぽっと
 作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳・演出:河合祥一郎
 ⇒CoRich舞台芸術!『まちがいの喜劇』 

・チケット取扱い
 ぴあ(電話 0570-02-9999 (Pコード:451-941))
 カンフェティ
 あうるすぽっと(電話 03-5391-0516 (10:00-19:00))
 <前売>一般:4000円、U25:2000円
 <当日>一般:4500円、U25:2500円
 ※豊島区民割引3200円

・ポスト・パフォーマンス・トーク出演情報
 9/8(木)14時の回の終演後
 出演:髙橋洋介 梶原航 寺内淳志 沖田愛
 司会:河合祥一郎 ゲスト:高野しのぶ

 以下、公演関係者のツイートを転載します。河合先生の意外な素顔があらわに!!
 ※YOMIURI ON LINEの記事で河合先生の朗読映像が見られます!

【ワークショップ】ゴーチ・ブラザーズ「山中結莉ワークショップ(プロの俳優向け・4日間集中)」09/06-09川崎市内某スタジオ※8/24〆切(メールのみ)

山中結莉さん
山中結莉さん

 ゴーチ・ブラザーズがロンドン在住の俳優指導者の山中結莉(やまなか・ゆうり)さんによる、プロの俳優向けの4日間集中ワークショップを実施します。2014年2015年に開催され、3度目となる今回はマスターコースになります。内容については、よかったら過去のレポートをお読みください(レポート⇒)。

 結莉さんは人気俳優ベネディクト・カンバーバッチさんを輩出した英国のLAMDA、そしてEast 15 Acting Schoolの講師で、演出も手掛けられています(⇒公式ブログ 写真⇒『リチャード三世』『真夏の夜の夢』、2作の創作過程)。日本の新国立劇場演劇研修所では「身体と演技」を担当されていた時期があり、今秋は同研修所でシーンスタディの授業を受け持つそうです。今年9月から10月までの結莉さんの活動はfacebookのイベントページで公開されています。

●ゴーチ・ブラザーズスタジオ
 山中結莉ワークショップVOL.3
 マスタークラス『役になるために』< 内なる声 VOICE>を解き放つ—身体と表現
 日程:9月6日(火)~9月9日(金)
 会場:川崎市内某スタジオ
 募集人数:16名(応募者多数の場合は書類選考あり)
 参加費:36,000円(4日間通し)
 募集締切: 8月24日(水)必着 ※メールのみ

 以下、主催者から頂戴した情報を転載します。

チーム夜営『衛星の兄弟』08/11-13のげシャーレ

衛星の兄弟
衛星の兄弟

 ⇒CoRich舞台芸術!『衛星の兄弟

【オーディション】東京芸術祭・APAF2016「ジョン・ポーユエン(台湾)演出『焦土』出演男優募集」10月~12月東京、香港、台湾公演※08/17〆切

 台湾の演出家ジョン・ポーユエンさんとの国際共同クリエーション公演『焦土』の出演者の募集情報です。『焦土』はアジア舞台芸術祭2015でワークショップ発表会の形で上演されました(⇒記録)。今年は60分程度にフルサイズ化し、東京、香港、台北で上演します。

 昨年、「雨」をテーマに上演された『焦土』は“乾き”が前面に出ているように感じました。今回の題材は「原爆」だそうです。昨年の出演者に伺ったところワークショップはなかなかにハードなものだったようです。日本人だけで創作するわけではないし、当然といえば当然ですよね。ご興味のある男優さんはどうぞチャレンジしてみてください。

●東京芸術祭・APAF2016『焦土』
 東京での稽古期間:10月18日~11月18日まで
 東京公演:11月19日(土)、20日(日)
 香港での稽古期間:11月27日(日)~12月1日
 香港公演:12月2日(金)~4日
 台北での稽古期間:12月10日(土)~12月15日
 台北公演:12月16日(金)~18日

・出演者オーディション
 日時:2016年8月22日(月)13:00-20:00の間
 選考者:ジョン・ポーユエン <シャインハウスシアター> (台湾)
 募集人数:出演者 男性俳優2名(30歳未満)
 出演報酬:出演料はありませんが、香港・台湾公演時の日当はお支払いします。
  香港・台湾公演時の往復航空券と宿泊は現物支給します。
 応募〆切:2016年8月17日(水)24:00必着

 以下、CoRich舞台芸術!に主催者が投稿したテーマを貼り付けます。