【ようこそ!】しのぶの演劇レビューへ

高野しのぶの観劇感想文(レビュー)などを掲載するサイトです。 ⇒twitter ⇒facebookページ

 ★お薦めお芝居紹介メルマガを発行 ⇒100号 ⇒10周年 ⇒9月のお薦め
 ★CoRich舞台芸術!で今、面白い舞台を検索♪ ⇒しのぶMyページ

■お薦め公演@首都圏■
 2017年9月の観劇予定 ⇒9月のお薦め舞台

●【メルマガ号外】ブロードウェイミュージカル『ファインディング・ネバーランド』09/08-24東急シアターオーブ
●【宣伝】雑誌「悲劇喜劇」にて河合祥一郎さんと「演劇時評」を担当させていただきます(第三回最終回・2017年9月号・8月7日発売)

●【情報提供】一般社団法人おきなわ芸術文化の箱「全国小劇場ネットワーク会議in那覇~沖縄へ!集まれ全国の演劇人~」12/01-02アトリエ銘苅ベース、ひめゆりピースホールなど(沖縄県那覇市)

■厳選!ワークショップ・オーディション情報など■
ワークショップ】ENBUゼミナール「俳優ワークショップ(講師:辻村優子)初心者向け(モチーフ:短冊又は手紙)」08/24-25、09/25-26実施※毎月開催・〆切明記なし(専用フォーム、メール、電話)
俳優養成】新国立劇場演劇研修所「演劇研修所説明会(9月)」09/30実施※09/27〆切(FAXまたは申込フォーム)
ワークショップ・オーディション】吾妻橋ダンスクロッシング実行委員会「『高架線』(原作:滝口悠生、脚本・演出:小田尚稔)出演者募集」10/04-05、10/10実施※10/01(日)23:59〆切(メールのみ・各回定員になり次第〆切)
オーディション】Nibroll「2018年2月公演『コーヒー』出演ダンサー募集(俳優も応募可能)」10/28-29実施※10/06〆切(郵送またはメール)
ワークショップ】バグ・ミュージック株式会社「演出家・鈴木裕美による3つのワークショップ参加者募集(俳優)」11/14-18実施※10/16〆切(郵送またはメール)
ワークショップ】バグ・ミュージック株式会社「演出家・鈴木裕美による3つのワークショップ参加者募集(演出家)」11/20-22実施※10/16〆切(郵送またはメール)
ワークショップ】鍬田かおる「10月:身体をみなおす」10/21-23笹塚メソッドB-3スタジオ※開講日の2日前または満員になり次第〆切(メールのみ)
ワークショップ】スタジオアーキタンツ「Rosas(ローザス)の池田扶美代による、コンテンポラリーダンス・ワークショップ」10/27-29※〆切なし・キャンセルは10/20まで(持参or電話or問い合わせフォーム)
ワークショップ】バグ・ミュージック株式会社「演出家・鈴木裕美による3つのワークショップ参加者募集(ミュージカル俳優)」12/01-05実施※10/27〆切(郵送またはメール)
オーディション】阿佐ヶ谷スパイダース「劇団員募集・2018年8月に新作ツアー」11月中旬に第二次審査を予定※10/27〆切(郵送のみ)
オーディション】モダンスイマーズ「2018年再演『死ンデ、イル。』主演女優オーデション(対象:18歳以上24歳以下の女性)」11/20-21、11/28、12/01実施※10/30〆切(郵送のみ)
俳優養成】新国立劇場演劇研修所「演劇研修所説明会IN関西」ピッコロシアター中ホール(兵庫県)11/25実施※11/20〆切(専用フォーム又はFAX)
オーディション】劇壇「2018年秋公演『森から来たカーニバル』出演者募集(脚本:別役実、演出:山崎一)」12/26実施予定※11/30(木)17時〆切(郵送またはメール)
ワークショップ】銀座九劇アカデミア「ステラ・アドラー・スタジオ・オブ・アクティング」レギュラークラス12/13-22、プロフェッショナルクラス12/13-21※〆切不明

ティーファクトリー『エフェメラル・エレメンツ』09/22-10/03吉祥寺シアター

 川村毅さんが作・演出される新作を拝見。上演時間は2時間45分(休憩10分を含む)の予定でしたが、前半の途中にトラブルがあり、5~10分ほど延長されました。私的には全く問題なかったです。ライブ・パフォーマンスならではですよね。

 会場ロビーで戯曲が販売されています。終演後は川村さんが購入者のためにサインをされていました。

【オーディション】モダンスイマーズ「2018年7月再演『死ンデ、イル。』主演女優オーデション(対象:18歳以上24歳以下の女性)」11/20-21、11/28、12/01実施※10/30〆切(郵送のみ)

 蓬莱竜太さんが作・演出される劇団モダンスイマーズが2018年7月公演『死ンデ、イル。(再演)』の主演女優(女子高校生役)を募集します 詳細は公式サイトでご確認ください。

●モダンスイマーズ句読点三部作連続再演企画 @東京芸術劇場シアターイースト
 『嗚呼いま、だから愛。』2018年4月19日(木)-29日(日)
 『悲しみよ、消えないでくれ』2018年6月7日(木)-17日(日)
 『死ンデ、イル。』2018年7月20日(金)-29日(日) *6月19日(火)稽古開始予定

・『死ンデ、イル。』主演女優オーディション
 応募資格:18歳以上24歳以下の女性
 費用:オーディション料無料、ノルマ無し
 応募〆切:2017年10月30日(月)消印有効(郵送のみ)

 一次審査:書類選考
 二次審査:2017年11月20日(月)、21日(火)@東京芸術劇場B2リハーサル室
 三次審査:2017年11月28日(火)、12月1日(金)@東京芸術劇場B2リハーサル室

テレビ朝日『謎の変奏曲』09/14-24世田谷パブリックシアター

 1996年にフランスで初演されたエリック=エマニュエル・シュミットさんの男性二人芝居です。上演時間は約2時間30分(途中休憩15分を含む)。

 朝日新聞によると日本では1986年(仲代達也&風間杜夫、題名は『愛は謎の変奏曲』)と、2004年(杉浦直樹&沢田研二)に上演されています。今回は橋爪功さんと井上芳雄さんのペアで、演出は森新太郎さん、翻訳は岩切正一郎さんです。

 期待していたよりも面白かった~~~♪ あぁ、いい戯曲って本当にいいですね、そしてそれをちゃんと上演してくれる座組みもありがたい!

【情報提供】一般社団法人おきなわ芸術文化の箱「全国小劇場ネットワーク会議in那覇~沖縄へ!集まれ全国の演劇人~」12/01-02アトリエ銘苅ベース、ひめゆりピースホールなど(沖縄県那覇市)

 沖縄県那覇市の新劇場などで「全国小劇場ネットワーク会議in那覇~沖縄へ!集まれ全国の演劇人~」が開催されます。主催者は一般社団法人おきなわ芸術文化の箱(⇒facebookページ)です。
 沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会による支援を受けた事業で、沖縄県文化振興会の担当である野村政之さんから情報提供を受けました。

●一般社団法人おきなわ芸術文化の箱「全国小劇場ネットワーク会議in那覇」(⇒詳細
 期間:2017年12月1日(金)~2日(土)
 会場:アトリエ銘苅ベース、ひめゆりピースホール、他
 参加費:無料

 全国の小劇場運営者が那覇に集い、議論とネットワーク構築を行うことが目的です。民間ベースで劇場を運営する関係者のミーティングはあまり前例がなく、現時点で「札幌/青森/仙台/東京/名古屋/京都/大阪/鳥取/北九州/福岡/沖縄/台北/ソウル…続々参加確定!」とのこと。

 両日とも懇親会が予定されており、各劇場で上演中の舞台の鑑賞(有料)も可能です。「安く泊まりたい!」という方には、安い宿泊場所を紹介してくれるそうです。

 ※12月3日(日)には、私も参加しているON−PAM(オンパム・舞台芸術制作者オープンネットワーク)の委員会が予定されています♪

 会場となるアトリエ銘苅(めかる)ベース(⇒facebookページ)では、先日終演したQ『妖精の問題』の試験的レジデンスとワークインプログレスが行われました。なお、同劇場は2018年度の提携カンパニーを募集中です。詳細は公式サイトでご確認ください。応募締め切りは10/2(月)、メール又は郵送で。

 NPO法人琉・動・体が運営するひめゆりピースホール(⇒PDF)は、ひめゆり同窓会館の2Fにあり、3Fは宿泊できるリリィホステル(女性専用、全部屋貸切なら男女混合許可)があります。1Fの栄町市場にも行ってみたいですね~。

 以下、公式facebookページからの情報です。

ホリプロ『百鬼オペラ 羅生門』09/08-25 Bunkamuraシアターコクーン

 ミュージカル『100万回生きたねこ』のインバル・ピントさんとアブシャロム・ポラックさんが、芥川龍之介作品を舞台化。上演時間は約2時間10分強(一幕55分、休憩15分、二幕60分)。

 レビューは記録程度です。