【ようこそ!】しのぶの演劇レビューへ

高野しのぶの観劇感想文(レビュー)などを掲載するサイトです。 ⇒twitter ⇒facebookページ

 ★お薦めお芝居紹介メルマガを発行 ⇒100号 ⇒10周年 ⇒2月のお薦め
 ★CoRich舞台芸術!で今、面白い舞台を検索♪ ⇒しのぶMyページ

グランプリに100万円!
グランプリに100万円

 全国の小劇場公演を対象にしたコンテスト形式のフェスティバル「CoRich舞台芸術まつり!」が開催されます。10回目となる今年も審査員を務めさせていただきます。
 ⇒公式サイト
 ⇒現在の応募状況
 ⇒応募メリットとコツ
 ⇒〆切は2月7日(火)14時
 ⇒【ご報告・御礼】公募中の応援をありがとうござました!

 【寄稿】まつもと市民芸術館の広報誌Vol.43「幕があがる。」(2017年1月発行)に寄稿しました(TCアルプ『人間ども集まれ!』)

■お薦め公演@首都圏■
 2017年2月の観劇予定 ⇒2月のお薦め舞台

■厳選!ワークショップ・オーディション情報など■
 【ワークショップ】ENBUゼミナール「初心者向け俳優ワークショップ(講師:辻村優子)」1/31、2/23、2/24、3/14、3/15実施※毎月開催・〆切明記なし(専用フォーム、メール、電話)
 【オーディション】CHAiroiPLIN「12月東京グローブ座公演『~踊る戯曲Ⅳ~ロミオとジュリエット」(仮)』出演者募集」03/19-20実施※02/26(日)24時エントリシート請求〆切・02/28(火)24時応募〆切(メールのみ)
 【オーディション】イキウメ「出演者募集2017(30歳までの俳優対象・女性のみ)」03/25、26、31実施予定※03/03〆切(郵送のみ、持参不可)
 【ワークショップ・俳優養成】鍬田かおる「2017年3月「ラバン入門」と「モノローグ」」03/25-27、03/25-26実施※〆切は開講日の2日前(定員になり次第〆切)

新国立劇場演劇研修所10期生修了公演『MOTHERー君わらひたまふことなかれ』02/10-15新国立劇場小劇場

 新国立劇場演劇研修所10期生修了公演『MOTHERー君わらひたまふことなかれ』初日を拝見。稽古場レポートを書かせていただいた公演です。

ロシア国立サンクトペテルブルク・マールイ・ドラマ劇場『たくらみと恋』02/18-19世田谷パブリックシアター

たくらみと恋
たくらみと恋

 ロシア国立劇場の28年振りの来日公演ということで、2月のメルマガのお薦めNo.1としてご紹介していた公演です。

 上演時間は約2時間10分というアナウンスでしたが、12分ほど遅れて開演し、カーテンコールもたっぷりあって、全て込みの上演時間は約2時間30分だったと思います。開演前、上演中に拍手が起こったり、カーテンコールでキャストに花を贈るお客様が次々に出てきたり、客席でも異国情緒を味わうことが出来ました。

 私は期待し過ぎのせいもあって(2004年のロシアの舞台が私の観劇人生を変えたので)、大絶賛とまでは行きませんでしたが、俳優の技術と洗練された演出には唸らせられました。日本での公演が2ステージしかないのはもったいないですね。

庭劇団ペニノ『ダークマスター』02/01-12こまばアゴラ劇場

 岸田國士戯曲賞受賞者で海外でも大活躍中のタニノクロウさんが、2003年、2006年と上演を重ねた作品を大阪でリクリエーション。登場人物が大阪の人々になっています。

 前売りは完売。初日は開場時刻が遅れて、上演時間は約2時間20分、休憩なし。やっぱり超面白かったです♪ 

アルメイダ・ライブ「リチャード三世」02/17-23 TOHOシネマズ日本橋

 ナショナル・シアター・ライヴ (NTLive) 、ブラナー・シアター・ライブ (BTLive) に続いて、アルメイダ・ライブ(Almeida Theatre Liveのシアターを省略したようです)が始まりました。ブラナー・シアター・ライブの公式ツイッターと公式facebookは「British Theatre Live」に改められています(以前はBranagh Theatre Liveでした)。

イギリスで見た人の感想:http://musicalandplay.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

ユマクトプロデュース『リリオム』(2度目)02/02-06恵比寿・エコー劇場

リリオム
リリオム

 土曜日の夜に2度目を拝見したところ(⇒1回目のレビュー ⇒稽古場レポート)、全く別のお芝居になっていました。舞台は進化するんですよね。期待どおりの空気、感覚を味わえました。泣いちゃったりも。

 俳優が作品のために、その場で起こる事件のために、舞台上で生きていました。細やかな工夫があちこちで実を結び、緻密で豊かなコミュニケーションによって、戯曲の世界が立ち上がっていました。

【書籍】悲劇喜劇2017年3月号「特集=2016年の演劇 時代の終わりと始まり・70人による演劇アンケート」に参加しました

 悲劇喜劇2017年3月号「特集=2016年の演劇 時代の終わりと始まり」の「70人による演劇アンケート」に参加させていただきました。劇場ロビーに置いてあることもありますので、どうぞお買い求めください。

 7ページにまとまった「2016年演劇界のおもな出来事」(編集部による)を見て、本の形で記録が残ることをありがたく思いました。いずれ電子書籍化もされるのでしょうか。悲劇喜劇に関連する過去のエントリー⇒

悲劇喜劇 2017年 3 月号
悲劇喜劇 2017年 3 月号
posted with amazlet at 17.02.16
早川書房 (2017-02-07)

世田谷パブリックシアター『お勢登場』02/10-26シアタートラム

 倉持裕さんの脚本、演出で江戸川乱歩の8本の短編小説が1本のお芝居になりました。主演は黒木華さんです。上演時間は約2時間30分、休憩なし。

 衣裳がすっごく素敵です!!

写真:黒木華 撮影:細野晋司
写真:黒木華 撮影:細野晋司

 悲劇喜劇 2017年3月号に戯曲が掲載されています。ロビーで販売中でした。

悲劇喜劇 2017年 3 月号
悲劇喜劇 2017年 3 月号
posted with amazlet at 17.02.15
早川書房 (2017-02-07)

【オーディション】イキウメ「出演者募集2017(30歳までの俳優対象・女性のみ)」03/25、26、31実施予定※03/03〆切(郵送のみ、持参不可)

 前川知大さんが作・演出される劇団イキウメが、出演者(30歳までの女性のみ)を募集します。詳細は公式サイトでご確認ください。ご参考⇒2016年2013年

[オーディション日程(実技・二次審査)]
 日程:2017年3月25日(土)、26日(日)
  ※三次審査は3月31日(金)を予定。
 対象:30歳までの魅力的な俳優(女性のみ)、経験不問。

[参加費]実費として2,000円(実技審査のみ)
[応募締切]2017年3月3日(金)消印有効、持参不可。

以下、公式サイトより貼り付けます。

東宝『ミュージカル「ビッグ・フィッシュ」』02/07-28日生劇場

 2003年のアメリカ映画「ビッグ・フィッシュ」(ティム・バートン監督)が2013年にブロードウェイ・ミュージカルになりました。その日本版の初演です。演出は白井晃さん。上演時間は2時間55分(休憩20分、カーテンコール含む)。

 映画版が大好きだったんです。もともとはダニエル・ウォレスさんの同名小説なんですね。私が好きだったエピソードが変わっていて意外でした(うろ覚えですが)。

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [SPE BEST] [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2014-12-19)
売り上げランキング: 2,038

Bunkamura『陥没』02/04-26 Bunkamuraシアターコクーン

 Bunkamuraシアターコクーンでケラリーノ・サンドロヴィッチさんの新作『陥没』を拝見。主演は井上芳雄さん、小池栄子さんです。上演時間は約3時間20分(休憩15分込み)。