【ようこそ!】しのぶの演劇レビューへ

高野しのぶの観劇感想文(レビュー)などを掲載するサイトです。 ⇒twitter ⇒facebookページ

 ★お薦めお芝居紹介メルマガを発行 ⇒100号 ⇒10周年 ⇒メルマガ発行休止のお知らせ(2020年5月)
 ★CoRich舞台芸術!で今、面白い舞台を検索♪ ⇒しのぶMyページ

●【コロナ禍】舞台芸術関係者向けのリンク集
 ⇒創造都市ネットワーク日本「新型コロナウイルス感染症に対する文化芸術活動への自治体支援情報
 ⇒緊急事態舞台芸術ネットワーク舞台芸術関係者(個人・団体)向け自己診断チャート
 ⇒小劇場演劇の制作者を支援するサイト「fringe
 ⇒内閣府「イベント・エンターテインメントに携わる方々への緊急経済支援策
 ⇒文化庁「文化芸術関係者に対する支援情報窓口
 【資料募集】早稲田大学演劇博物館「新型コロナウイルス対応にともなう中止・延期公演の資料提供のお願い」
 【申請】「文化芸術活動の継続支援事業」に申し込もう/A-1(上限20万円)は3日間がんばればできる/入金早い
 【公募&寄付】PCR検査拡充プロジェクト(東大先端研×村上財団×PWJ)「コロナ禍で自粛中の団体へ、いち早く。必要なところにPCR検査を」※無料PCR検査を希望する団体は応募を※寄付は11/06(金)23時まで

●【コロナ禍】小劇場公演でクラスター感染発生か/PCR検査の拡充を切に希望する⇒()(

●【提案】舞台の稽古場でパワハラ、セクハラなどのハラスメントについての講習を行ってはどうか()(
●【意見】京都の劇団地点と映演労連フリーユニオンが「団体交渉に関する件」について共同声明を公開(2020年3月5日~)

■厳選!ワークショップ・オーディション情報など■
ワークショップ】鍬田かおる「映画と脚本で学ぶ読解@オンライン(土曜夜3日間)」08/15、08/22、08/29実施※開校日の前日〆切(メールのみ)
公募】東京芸術祭「APAF2020「APAF Young Farmers Camp」参加者募集(オンライン開催)」09/10-10/25実施予定※08/22(土)23:59〆切(専用フォームあり)

【コロナ禍75/公募&寄付】PCR検査拡充プロジェクト(東大先端研×村上財団×PWJ)「コロナ禍で自粛中の団体へ、いち早く。必要なところにPCR検査を」※無料PCR検査を希望する団体は応募を※寄付は11/06(金)23時まで

 PCR検査拡充プロジェクト(東大先端研×村上財団×ピースウィンズ・ジャパン)がクラウドファンディングを開始しました。芸術分野、スポーツ分野、災害支援、教育分野、医療・福祉分野の方々に、無料でPCR検査を受けていただくための資金集めです。⇒【コロナ禍74

【ワークショップ】鍬田かおる「映画と脚本で学ぶ読解@オンライン(土曜夜3日間)」08/15、08/22、08/29実施※開校日の前日〆切(メールのみ)

 鍬田かおるさんの脚本読解ワークショップがZOOMで実施されます。3日間で9000円。詳細は公式サイトでご確認ください。⇒前回の紹介エントリー

 今回の題材はピュリッツァー賞受賞作家であるコーマック・マッカーシー作「悪の法則」。映画化されたクライム・サスペンスです。

■鍬田かおる「映画と脚本で学ぶ読解@オンライン(3日間)」
 https://kaorukuwata.com/onlinescriptandfilm

・日程:
8月15日 (土)19:00~22:00
8月22日 (土)19:00~22:00
8月29日 (土)19:00~22:00

・参加費:3回分 9000円

・対象:現場のあるプロおよびプロを目指す方、
 *鍬田かおるWS初心者もOK、俳優、歌手、演出家、劇作家もジャンル問わず歓迎

・〆切:開講日の前日まで

 原作(映画台本)↓を読んでからのご参加をお勧めします。⇒Kindleなら¥1,782円

 かおるさんは毎週月曜12:00−13:00にオンラインの身体ミニ・レッスンも開講されています。

 ⇒「お悩み解決!コロナに負けない実演家」アンケートも実施中

 以下、公式facebookページより

【提案】舞台の稽古場でパワハラ、セクハラなどのハラスメントについての講習を行ってはどうか(2)

 早稲田大学構内で行われた演劇公演の稽古中に、大学教授が出演俳優に暴力をふるった件について。私は「舞台の稽古場で講習を行ってはどうか」という提案をしました(⇒2019年6月)。

 関連ツイートを追加転載してきたところ、1記事の容量を超えたため、2に加筆しました。

 ↓2020/06/23加筆

【公募】日韓演劇交流センター「2021年1月公演・韓国現代戯曲リーディングの演出家募集」※07/31〆切(メールのみ)

 日韓演劇交流センターが隔年で実施してきた「韓国現代戯曲ドラマリーディング」の最後となる、10回目の公演が2021年1月に実施されます。取り上げる戯曲3つのうち、2つについて演出家を公募します。詳細は公式サイトでご確認ください。

●「韓国現代戯曲ドラマリーディング」
期間:2021年1月27日(水)~31日(日)
会場:座・高円寺1
上演演目:
『激情万里』作:キム・ミョンゴン 翻訳:石川樹里
『加害者探求‐付録:謝罪文作成ガイド』作:グ・ジャヘ 翻訳:洪明花
『椅子は悪くない』作:ソン・ウッキョン 演出:鄭義信 訳:上野紀子

・演出家募集
対象戯曲:『激情万里』『加害者探求~』
応募資格:18歳以上で、これまで演出経験の実績のある方

・スケジュール
7/31:〆切(メールのみ)
8月:演出家決定
9月下旬:出演者オーディション・出演者決定
12月:顔合わせ

【コロナ禍74/申請】「文化芸術活動の継続支援事業」に申し込もう/A-1(上限20万円)は3日間がんばればできる/入金早い

 黒澤世莉さんが「文化芸術活動の継続支援事業」のA-1(上限20万円)について大変わかりやすく、ユーモアも交えて解説してくださっています。詳細は公式サイトでご確認くださいね。
 コロナ禍で活動自粛を余儀なくされた団体、個人への支援です。遠慮せず申し込んでください。⇒【コロナ禍73

1:https://note.com/serikurosawa/n/nb14cfcdbeb70

2:https://note.com/serikurosawa/n/n2eb1d57948cd

3:https://note.com/serikurosawa/n/n4016f698ea06

・A-1、A-2、Bの3種類のうち、A-1(上限20万円)のハードルは高くない。3日間がんばればできる。
・確認番号ありのA-1は早い。
 (7/14までの申請分は7/17に交付決定。10日以内に前払い分を支払い予定)
・出来るだけ7月中に申請を。審査結果がNGでも8月に再チャレンジできる。

■黒澤世莉さん