【提案/ハラスメント35】DGK(韓国映画監督組合)のセクシャル・ハラスメントに関するガイドラインなど【映画界のmetoo運動(8)】

 【ハラスメント】カテゴリーの35番目です(⇒前回の投稿)。2021年末のまとめ投稿の下の方に、【ハラスメント】投稿の過去リンクを羅列してあります。

 映画業界の性暴力報道に関する情報の7つ目です(⇒1234567)。

 記録のために関連ツイートをまとめて転載します。閲覧注意です。フラッシュバックが起こることもありますので、ご了承の上、お気をつけてご覧ください。
 ※網羅性はありません。基本的に私自身の備忘録として残しています(2022/12/22時点)。

 トピックはこちら↓

■韓国リサーチvol.02(DGK 性暴力防止委員会)
■性暴力防止のための行動綱領(DGK 韓国映画監督組合)
■日本映画界「現場は危機的」 是枝裕和監督インタビュー
韓国では「働き方改革が進み、労働時間の上限が週五十二時間で「四日働いたら三日休んでいる感じ」
■日本シナリオ作家協会がハラスメントに関する声明を発表
■インティマシー・コーディネーター、全米映画俳優組合の加入対象に
■“性的シーン”撮影の裏側「ダメなことはダメだと言える雰囲気に」俳優守る“インティマシー・コーディネーター”に初密着
■「濡れ場で女優を守る仕事」ではない!ドラマ『エルピス』でインティマシー・コーディネーターが果たした重要な役割
■2016年07月03日「矢吹春奈 綾野剛の「俺、したいっス」発言で急きょ大胆濡れ場」
■ゆりやんレトリィバァ氏がNetflix『極悪女王』“過酷プロレス撮影”で緊急入院
・企画・脚本・プロデュース:鈴木おさむ、監督:白石和彌。
■橋本愛さん「個人の人生を犠牲にしてきた分、取り戻す必要ある」映画界のハラスメントや過酷な労働環境に言及
■是枝裕和監督「”俳優だから政治活動せずに芝居だけしていればいい”と言われてしまうところのある日本は遅れている」
■飲食店員へのセクハラ、連帯した女性たちは… 米映画が問う権力者性
■広告代理店社員と偽って詐欺行為
■韓国映画の実力は多様性から 有名監督らの性暴力問題で進んだ大改革
■ハラスメントはカット! 映画界「構造悪」解消へ努力 専門家立ち会い/財政支援仕組み注目
■2022年12月6日「香川照之、歌舞伎座の「鞘當」で俳優復帰 茶屋亭主を演じる」
■【action4cinema 韓国・釜山訪問レポート】
・DGK韓国映画監督組合が作成したセクシャル・ハラスメントに関するガイドラインの画像あり

 ここからツイートの転載です。

■韓国リサーチvol.02(DGK 性暴力防止委員会)

■性暴力防止のための行動綱領(DGK 韓国映画監督組合)

■日本映画界「現場は危機的」 是枝裕和監督インタビュー
韓国では「働き方改革が進み、労働時間の上限が週五十二時間で「四日働いたら三日休んでいる感じ」

■日本シナリオ作家協会がハラスメントに関する声明を発表
http://www.j-writersguild.org/entry-news.html?id=448841

■インティマシー・コーディネーター、全米映画俳優組合の加入対象に

■ラブシーンはいつでも俳優から拒否して良い
西川ももこ氏:俳優が署名した場合でも、気持ちが変われば撮影が終わるまでの間ならいつでも「NO」と言っていい
・#MeTooは制作現場では広まっていない
・過酷なスケジュールで心身ともに疲弊していると、社会で何が起こっているとか、ハラスメントはやめなきゃいけないとか、そこまで思考がついていかない

■“性的シーン”撮影の裏側「ダメなことはダメだと言える雰囲気に」俳優守る“インティマシー・コーディネーター”に初密着
浅田智穂氏「(以前は)これ良くないんじゃないかなと思っても、言えない雰囲気があったと思うんです。ただ今は、ダメな事はダメだ、自分がそう思ったら言っていいんじゃないかという雰囲気に変わりつつあると私は感じているんです」

■「濡れ場で女優を守る仕事」ではない!ドラマ『エルピス』でインティマシー・コーディネーターが果たした重要な役割
浅田智穂×佐野亜裕美 対談【前編】

■2016年07月03日「矢吹春奈 綾野剛の「俺、したいっス」発言で急きょ大胆濡れ場」
・女優・矢吹春奈(31)が3日、都内で行われた映画「日本で一番悪い奴ら」のトークイベントに、白石和彌監督(41)と登場した。

■ゆりやんレトリィバァ氏がNetflix『極悪女王』“過酷プロレス撮影”で緊急入院「増量した93キロの身体で頭から落ちる技を100回以上」《関係者は撮影再開を絶望視》
・企画・脚本・プロデュースを放送作家の鈴木おさむ氏、監督を『凶悪』や『孤狼の血』などで知られる白石和彌氏が務める。
・5キロだった体重を93キロまで増やして7月頃からの撮影に臨んでいた
・頭から落ちる技を受ける動きを100回以上繰り返すなど、かなり苛酷な撮影だった

■橋本愛さん「個人の人生を犠牲にしてきた分、取り戻す必要ある」映画界のハラスメントや過酷な労働環境に言及
・東京国際映画祭で是枝裕和監督とトークセッション
・橋本氏:(社会が)変わり続けていく中で、変わらないものを大事にする気持ちを否定したくはない。けれど、それによって誰にしわ寄せがきて、誰がこぼれ落ちてしまっているのか。その声を聞いていないのか、聞いているけど無視しているのか──。この業界に限らず、変わり続けることはとても大事だと思います

■是枝裕和監督「”俳優だから政治活動せずに芝居だけしていればいい”と言われてしまうところのある日本は遅れている」

■飲食店員へのセクハラ、連帯した女性たちは… 米映画が問う権力者性


38250

■広告代理店社員と偽って詐欺行為

■韓国映画の実力は多様性から 有名監督らの性暴力問題で進んだ大改革
・韓国も5年くらい前まで日本と同じような状況にありました。撮影現場の環境を改善すべきだと皆が努力を続け、やっと実を結んで変化が出てきた
・キム・ギドク監督と俳優のチョ・ジェヒョンによって性暴力が暴露され#MeToo運動が起き、雰囲気が一変
・演劇界を代表する人が性暴力を行ったという事件が発覚し、逮捕されて現在は刑務所に
・パク・キヨン氏自身が監督した映画の主演俳優の男性が、大学で複数の学生に性暴力を行ったことが暴露され、映画への支援は受けられないし、どの劇場も公開しようとしなかった。

■ハラスメントはカット! 映画界「構造悪」解消へ努力 専門家立ち会い/財政支援仕組み注目
・今春以降、映画などに出演した俳優らが、有名監督や俳優らから性行為を強要されたという告発が相次いだ。俳優やモデルらを対象にした一般社団法人「日本芸能従事者協会」のアンケートでも、「ハラスメントを受けたり、見聞きしたりしたことがある」と回答したのは9割超に上り、映画業界にはびこるハラスメント体質が改めて浮き彫りになった。

■2022年12月6日「香川照之、歌舞伎座の「鞘當」で俳優復帰 茶屋亭主を演じる」
https://news.livedoor.com/article/detail/23327857/
⇒性加害報道から約3ヵ月で芸能活動再開。
https://shinobutakano.com/2022/11/09/20633/

■【action4cinema 韓国・釜山訪問レポート】

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ