【ワークショップ】ハイバイ「どもども2018」09/24、25、28実施※09/09〆切(郵送のみ)

 岩井秀人さん率いる劇団ハイバイの無料ワークショップです。詳細は公式サイトでご確認ください。ハイバイはただいま東京芸術劇場で『て』『夫婦』の同時上演中です。『て』はツアーあり。今月のメルマガで、お薦め公演ベスト3としてご紹介しております。

●ハイバイの無料ワークショップ「どもども2018」
会場:都内
費用:参加費・年会費なし
応募資格:心身共に健康な俳優(または俳優を目指している方)
募集人数:15名

ワークショップ(全3回)開催予定日:
9月24日(月祝)18:00~22:00
9月25日 (火)18:00~22:00
9月28日 (金)18:00~22:00

応募方法:所定の応募用紙をダウンロード、記入して郵送。切手を貼った返信用封筒を同封のこと。
〆切:9/9(日)

 以下、公式サイトより。

【ワークショップ】鍬田かおる「9月モノローグクラス(経験者対象)」09/15-17実施※〆切は開講日の2日前まで、満員になり次第〆切(メールのみ)

 俳優指導者の鍬田かおるさんのワークショップ情報です(⇒前回の紹介文)。9月は「ラバン入門(ルドルフ・ラバンのエフォート入門)」を経験した人限定の、モノローグ・クラスです。

○鍬田かおる「9月モノローグクラス」⇒facebookイベントページ
 9月15日(土)19:00~21:00
 9月16日(日)18:00~20:00
 9月17日(月祝)18:00~20:00
 *3日間で1セット
 *ラバン入門クラスでエフォートを学んだ方限定
 定員:8名以下
 会場:スタジオ アルバ(文京区)
 参加費:19800円(3日分)
 〆切:開講日の2日前まで。満員になり次第〆切。

 Kaoruさんがおっしゃるとおり、「「いきなり!」上達したり、現場が増えたり、モテモテ(笑)になったり」することはありません。こつこつ学び、練習し続けた成果として起こるんですよね(私も自分に言い聞かせてる…)。

 以下、主催者からいただいた情報です。

Qlouds『蝶のやうな私の郷愁』08/17-22 APOCシアター

 斉藤直樹さんと内田亜希子さんが共演されるので拝見しました。面白かった~!キャスト違いのAとBの2バージョン公演で、演出が異なるそうです。

【オーディション】ラゾーナ川崎プラザソル「カワサキアリス2018年12月公演『カワサキ ロミオ&ジュリエット』出演者募集」08/23実施※08/20〆切(専用フォームまたは郵送)

 ラゾーナ川崎プラザソルが12周年記念公演として上演する、2018年12月公演『カワサキ ロミオ&ジュリエット(仮題)』の出演者募集情報です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 演出は2017年に利賀演出家コンクールで優秀演出家賞を受賞された、カワサキアリスのAshさん。私はク・ナウカやSPACの公演でお会いしています。

●ラゾーナ川崎プラザソル12周年記念公演
 『カワサキ ロミオ&ジュリエット(仮題)』
 公演期間:2018年12月

 オーディション日程:2018年8月23日(木)14時~、16時~、18時~のいずれか
 募集キャスト:ロミオ/ジュリエットを含むほぼすべての役
 応募条件(抜粋):国籍は不問。演技、歌唱、ダンス、または何らかの身体表現に自信がある人。
 締切:8月20日必着(専用の応募用紙をダウンロードして記入し、応募フォームまたは郵送にて)
 応募に関しての問い合わせ:メールアドレス:kawasakialice044(アットマーク)gmail.com

 このエントリーに続きはありません。

したため『文字移植』08/11-14こまばアゴラ劇場

 「したため」は和田ながらさんが率いる京都の団体です。こまばアゴラ演出家コンクール『こまばアゴラ演出家コンクール2018・第一次審査』で拝見した『ヘッダ・ガブラー』の演出がとても面白かったので、本公演に伺いました。

 上演時間は110分とのアナウンスでしたが、8/13(月)14時の回は10分押しで開演し、16時10分前ごろに終演でしたので、100分(1時間40分)だったのではないでしょうか。

 『文字移植』は多和田葉子さんの同名小説の舞台化で、2016年以来の再演とのこと。残念ながら私は演技方法も含め、演出にもテキスト(台本)にも興味が持てなかったです。

文字移植 (河出文庫文芸コレクション)
多和田 葉子
河出書房新社
売り上げランキング: 137,040
かかとを失くして 三人関係 文字移植 (講談社文芸文庫)
多和田 葉子
講談社
売り上げランキング: 10,412

 レビューは記録のみ。