【ワークショップ】鍬田かおる「演じる仕組み~身体と感覚体験(対面)」03/27-03/28都内某所※開講日前日〆切(メール、LINE、facebook/先着順、定員8名に達し次第〆切)

 鍬田かおるさんが対面のワークショップを実施されます。詳細は公式サイトでご確認ください。⇒前回の鍬田かおるWS紹介投稿(私も受講しました)

 かおるさんは英国で8年間の正規留学を経た現役の大学講師で、「ダンス、歌唱、演劇歴30年超え(!)」という実績があります。私が初めてお会いしてから約14~15年になるかしら~。読書家のかおるさんは語彙が豊富で言葉遣いが緻密です。教えるだけでなく、ご自身もトレーニングに励んでいらっしゃる有言実行の先生です。

■日程:2021年3月27日(土)と28日(日)
・初参加またはブランク有りの方:15:00-17:30(昼クラス)
・プロまたは各種クラス経験者:19:00-21:30(夜クラス)

■会場
 港区内スタジオ(最寄駅:三田または田町)

【2021年03月の気になる舞台】

 2021年3月の気になる舞台などをまとめてみました(⇒先月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

【HOT NEWS!】
支援乞う】文学座がクラウドファンディング実施中!/応援メッセージを寄せ支援しました【3月31日(水)23時〆切】
意見/地点8】ロームシアター京都が「ハラスメント防止ガイドライン(案)」を公開/パブコメ受付中※03/07(日)〆切
・EPAD(緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業)特設サイト公開
 ⇒福井健策さんの解説
 ⇒1/31時点の収集映像作品一覧

日本酒のジャケ買いならぬボトル買い/インスタやってます
日本酒のジャケ買いならぬボトル買い/インスタやってます

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が日本でも始まってから、先月末で1年ですね(⇒川上浩一教授、⇒森崎めぐみさん)。私が【コロナ禍】と題した投稿を始めたのは2020年2月25日でした。このまま夏に東京五輪を開催すると、秋まで東京のコロナ収束は望めないのかも…(涙)。

 読売演劇大賞の贈賞式は、昨年に続き今年も僅かな関係者のみが参加して開催。初の無料ライブ配信を鑑賞しました。「血のにじむような感染対策(を施した)」という発言もあり、コロナ禍の創作と公演がどれほど過酷だったかが、ひしひしと伝わってきました(今も続いています)。ともに苦境を乗り越えてきた舞台芸術関係者が互いをねぎらい、励ます場にもなっていたと思います。主催者に感謝いたします。
 ※2/27(土)から1週間のアーカイブ配信あり。
 ⇒動画「第26回読売演劇大賞 喜びの贈賞式」(読者会員限定/登録・利用料無料)

【意見/地点8】ロームシアター京都が「ハラスメント防止ガイドライン(案)」を公開/パブコメ受付中※03/07(日)〆切

 ロームシアター京都が2月14日にシンポジウム《劇場におけるハラスメントを考える 「個人が尊重され、豊かな対話が生まれるために」》を開催し、「ハラスメント防止ガイドライン~ロームシアター京都で過ごす全ての人のために~(案)」を発表しました(⇒前回の投稿)。
 

 2019年からの新館長任命問題を受け、ロームシアター京都は劇場の体質改善を着実に進めてくださっています(⇒関連投稿)。

【ワークショップ】VIPO「VIPOアクターズワークショップ第9弾(講師:吉川邦夫(NHK「新選組!」「真田丸」等))」03/17-03/18(ZOOM開催)※03/05(金)17時〆切(申込フォームあり)

 映像産業振興機構VIPOによる俳優向けワークショップ情報です。詳細は公式サイトでご確認ください。講師はNHKのドラマを製作する吉川邦夫ディレクター。定員が前回の半分になって、年齢制限がなくなり、スマホ参加不可となっています(⇒前回)。

●「VIPOアクターズワークショップ」第9弾
【講師】吉川邦夫(よしかわ くにお)氏
【日時】
 2021年3月17日(水)・18日(木)2日間
 10:00~17:00(9:45~受付)※昼休憩あり
【会場】オンライン(ZOOM)開催。各自PCで受講。スマートフォンでの受講は不可。
【受講対象者】 将来の映像産業を担う俳優
【参加費】 20,000円(税込価格)
【定員】 10名程度(男5人 女5人 事前申込制、多数の場合書類選考あり)
【申込方法】 お申込みフォームに必要事項をご入力ください。  
【申込締切】 3月5日(金)17:00まで

※この投稿に続きはありません。

新国立劇場演劇研修所第14期生修了公演『マニラ瑞穂記』02/19-02/24新国立劇場小劇場THE PIT

 新国立劇場演劇研修所の第14期生の修了公演『マニラ瑞穂記』を拝見しました。私の今年の初観劇です。上演時間は約2時間40分(1幕60分、休憩20分、2幕80分)。
 コロナ禍で第14期生の『オズマ隊長』『尺には尺を』に伺えず(涙)、どうしても見逃すわけにはいかないと奮起しました。