【ご報告】「しのぶの演劇レビュー」をSSL対応してURLが変わりました

 拙サイト「しのぶの演劇レビュー」をSSL対応し、URLが変わりましたのでご報告いたします。

 新URL:https://shinobutakano.com/ ※httpの次に「s」が入っています。

 昔のURLを開く時も自動的に今のURLに切り替わりますので、リンク切れにはならないはずです。これからもよろしくお願いいたします!

【ワークショップ】「若手演劇人のためのワークショップフェス」05/03-05/05実施※04/17(日)24時〆切(メールのみ)

 ゴールデンウイークの3日間に開講する、22歳以下の演劇人対象のワークショップ情報です。会場は東京の荻窪。講師の1人である忍翔さんから情報提供していただきました。詳細は公式サイトでご確認ください。

 インプロ(即興芝居)、マイケル・チェーホフテクニーク、アレクサンダーテクニークなどの確立された演技手法を、6人の講師から教えてもらえます。参加費は3日間で15000円、定員は8名。

■若手演劇人のためのワークショップフェス

■概要
このワークショップフェスは、22歳以下の演劇人に向けて、世界の様々な演劇、表現のメソッドを学んでもらうため、2021年のゴールデンウィークの3日間に東京で開催されます。参加資格は、22歳以下であること、3日間参加出来ること、そして「学びたい」という意欲です。奮ってご参加ください!

■日程
5月3日(月)
10:00~13:00 忍翔「インプロ」
14:00~17:00 秋江智文「マイケル・チェーホフテクニーク」
5月4日(火)
10:00~13:00 Kou「ボディワーク」
14:00~17:00 池田レゴ「ルコック&ベラレーヌシステム」
5月5日(水)
10:00~13:00 松本マキ「アレクサンダーテクニーク」
14:00~17:00 黒澤世莉「マイズナーテクニック」

【2021年4月の気になる舞台】

 2021年4月の気になる舞台などをまとめてみました(⇒先月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

【HOT NEWS!】
3月19日の報道】NHK「稽古場でのクラスター発生(昨年10月)の主な原因は「狭い部屋での密集」と「マウスシールド」」⇒ミュージカル座の情報公開
提案/ハラスメント5】「表現の現場ハラスメント白書2021」公開
コロナ禍96】「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」オンライン・シンポジウム(無料アーカイブあり)
ご報告/コロナ禍97】岸田國士戯曲賞についてのコメントが新聞掲載されました

 コロナの感染リスクが高い同居家族がいるため、自主的にロックダウン生活を続けています。散歩中に花を見かけて「あぁ、もう1年経つんだ…」と実感し、出口が見えない日本の現状を顧みて、暗い気持ちになってしまいました…。2月から3月上旬にかけて少し仕事が忙しかったせいもあるんですけどね。日本も島国なので、台湾とニュージーランドのコロナ対策を真似してくれないかしら…(涙)。先月から代り映えしない、個人的なボヤキです、すみません。

 3月は舞台の配信を4作品、鑑賞しました(ライブ配信⇒12 アーカイブ配信⇒12)。劇場での観劇は1作品です。配信を見ていると、なぜ私はこれを劇場で観られないのか…という不満が吹き出すため(涙)、なかなか気が進みません…。

 さて、4月も特に気になる数作品を初日順にご紹介して、その後はテキストで羅列します。俳優、劇作家、演出家、劇場などの名称でテキスト検索してみてくださいませ♪ 

 新国立劇場演劇部門のフルオーディション企画第3弾は三好十郎作『斬られの仙太』(⇒青空文庫)。演出は上村聡史さんです。かなり昔に戯曲を読んだ時から、上演を観てみたいと思っていました。上演時間は約4時間25分(休憩2回を含む)を予定。そのまま上演すると7時間を超える、上演機会がめったにない大作です。80人もの登場人物を16人で演じます。
 タイトルロールに選ばれたのは伊達暁さん。伊達さんを初めて拝見したのは2000年、阿佐ヶ谷スパイダース『イヌの日』初演でした。主役に選ばれたことを勝手ながら嬉しく思っています。

公益財団法人宮崎県立芸術劇場『神舞の庭』10/23-10/25メディキット県民文化センター・イベントホール(アーカイブ配信)

 長田育恵さんが書き下ろした戯曲を宮崎県立芸術劇場演劇ディレクターの立山ひろみさんが演出する、宮崎県立芸術劇場のプロデュース公演です(⇒初演)。長田さんご自身による朗読を東京で拝聴してまして、上演を観たいと思っていました。

 2021年3月のアーカイブ配信を拝見しました。上演時間は約2時間15分、休憩なし。

【ご報告/コロナ禍97】岸田國士戯曲賞についてのコメントが新聞掲載されました

 岸田國士戯曲賞についての新聞記事にコメントをさせていただきました。⇒前回のコロナ禍投稿

 私が把握している限りでは岩手日報(3月3日)、山陰新聞(3月4日)、徳島新聞(3月5日)、愛媛新聞(3月8日)、北海道新聞夕刊(3月9日)、北日本新聞(3月12日)に掲載されました。

愛媛新聞(3月8日)
愛媛新聞(3月8日)