【ワークショップ】日本劇団協議会「ロシア演劇の俳優術 役を生き、役を遊ぶ技術ワークショップ(講師:横尾圭亮)」02/24-03/01実施※02/13〆切(専用フォームあり)

 日本劇団協議会が文化庁委託事業として、「ロシア演劇の俳優術」を学ぶワークショップを実施します。詳細は公式サイトでご確認ください。
 講師は横尾圭亮さん。立教大学卒業後、ロシア国立劇場付属の演劇大学および大学院を修了し、今は東京で活動中です。劇団俳優座で教えていらっしゃるんですね。

●公益社団法人日本劇団協議会「ロシア演劇の俳優術 役を生き、役を遊ぶ技術ワークショップ
文化庁委託事業「2020年度次代の文化を創造する新人芸術家育成事業」
日時:2月24日(水)~3月1日(月)の6日間
 午前10:00~午後17:00(途中休憩あり)
会場:青年劇場スタジオ結(YUI)※東京都新宿区
募集人員:16名
応募資格:1年以上の演劇教育課程を修了し、演劇経験1年以上、基本的に全日程参加できる方。
受講料:一般=15,000円、劇団協正会員=12,000円
応募フォーム:https://stanislavski.jp/entry ※2月13日(土)〆切

【ワークショップ】多摩市「NYシアターエデュケーションプログラム×パルテノン多摩(ZOOM)」01/09-01/16実施※01/06〆切(専用フォームあり、定員になり次第〆切)

 「シアターエデュケーション(演劇教育)」が確立されているニューヨークでは2020年3月以降、対面での演劇ワークショップができなくなり、現在はさまざまなワークショップがオンラインで行われているそうです。

 パルテノン多摩で行われる「NYシアターエデュケーションプログラム2020」は、それらのオンライン・ワークショップを「知る」「体験する」「学ぶ」の3段階で体験できるプログラム(A~Dの4種類)です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 講師はアメリカ在住のステファン・ディメンナさんと森永明日夏さん。日本語通訳あり。各プログラムは見学も可能(通し券/一日券あり)。ZOOMを使ったオンライン講座なので、世界中どこからでも参加できますね。「プログラムA」は誰でも参加可能かつ無料ですので、興味のある方は申し込んでおくといいかも!

◆プログラムA・知る「NYのシアターエデュケーションの取り組み」
1月9日(土)10:00~12:30
対象:どなたでも
定員:100名
料金:無料

◆プログラムB・学ぶ「ファシリテーター養成講座」
1月10日(日)10:00~12:30
対象:実演家・教育関係者・ファシリテーターに関心のある方など
定員:20名
料金:一般2,000円 市内在住・在勤・在学=1,600円

◆プログラムC・体験する「演劇ワークショップ」
1月11日(月)10:00~12:30
対象:どなたでも
定員:20名
料金:一般1,000円 市内在住・在勤・在学=800円

◆プログラムD・さらに学ぶ「ファシリテーター育成プログラム」
最終日はフィードバックとディスカッション
D-1 1月13日(水) ※見学のみ可
D-2 1月14日(木) ※見学のみ可
D-3 1月15日(金) ※見学のみ可
D-4 1月16日(土) ※見学のみ可
対象:実演家・教育関係者・ファシリテーターに関心のある方など

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

【ワークショップ】シアター風姿花伝「個人向け演技コーチング ~自分の可能性を広げる~」(講師:山中結莉)」02/05-02/07(対面)、02/09-02/10(オンライン)※01/15昼12時受付開始、先着順、〆切は実施日の3日前まで(専用フォームあり)

 俳優の那須佐代子さんが支配人をつとめるシアター風姿花伝が、2021年も山中結莉さんを講師に迎えたワークショップを実施します。詳細は公式サイトでご確認ください。⇒前回の告知投稿 ⇒2019年1月のワークショップの記録 ※2021/01/14に情報更新しました。

 コロナ禍ということで、グループワークではなくマンツーマンのレッスンです。結莉さんが日本で個人レッスンをするのは初めて。オンラインクラスは全世界どこからでも参加可能です。応募は1月15から開始で、先着順受付です。

●You-Ri Yamanaka「個人向け演技コーチング ~自分の可能性を広げる~」
日程/時間:2021年2月5日(金)~2月10日(水)
応募資格:プロの俳優の方、もしくは演技を真剣に勉強したい方。

【対面クラス】会場:都内のスタジオを予定
 2月5日(金)~2月7日(日)全15コマ
 2時間(10分休憩含む):20,000円
 1時間(5分休憩を含む):10,000円

【オンライン】会場:ZOOM
 2月9日(火)~2月10日(水)全11コマ
 2時間(10分休憩含む):15,000円
 1時間(5分休憩を含む):7,500円

劇場公式サイトより
劇場公式サイトより

下記フォームよりご応募ください。※お申込みは実施日の3日前まで。

・対面クラス: https://https://www.quartet-online.net/ticket/yyws
・オンラインクラス: https://https://www.quartet-online.net/ticket/yyws

【ワークショップ】国際演劇協会日本センター(ITI)「ワールド・シアター・ラボ「海外戯曲の戯曲読解ワークショップ(2講座)」(オンライン)」01/25~01/31実施※01/15〆切(専用フォームあり、選考あり)

 国際演劇協会日本センター(ITI)が2021年1/25~31に、2つの「海外戯曲の戯曲読解ワークショップ」をオンラインで開催します。詳細は公式サイトでご確認ください。

 取り上げるのはITIが2月にリーディング上演する英国の現代戯曲『ウエストブリッジ』と『自殺の解剖』です。ファシリテーターは黒澤世莉さん(『ウエストブリッジ』担当)と瀬戸山美咲さん(『自殺の解剖』担当)。オンライン開催なので世界中どこからでも参加可能ですね。事前に戯曲を入手して臨むタイプです。やる気のある方、どうぞ!

【講座】座・高円寺「身体表現講座≪集中≫カラダと、向きあってみる。(講師:小野寺修二)」01/05-01/13(5日間)※12/21必着(郵送またはメール、書類選考あり)

 座・高円寺 劇場創造アカデミーの公開講座として、カンパニーデラシネラの小野寺修二さんが5日間の身体表現講座を開講されます。詳細は公式サイトでご確認ください。
 「俳優でも演出家でも劇作家でもスタッフでも、カラダの表現に耳を傾ける5日間」とあるように、パフォーマー以外も受講可能です。

■俳優・舞台関係者のための実践実技
第2回 身体表現講座≪集中≫「カラダと、向きあってみる。」
講師|小野寺修二
集中5日間/10時~15時(途中で1時間休憩あり)
1月 5日(火)
1月 6日(水)
1月 8日(金)
1月12日(火)
1月13日(水)
受講料(5日分):一般10,000円 杉並区民8,000円 学生5,000円
会場:座・高円寺 地下2階 阿波おどりホール ほか
定員:12名(書類選考があります)
申込締切:12月21日(月)必着
申し込み方法:申し込み用紙を公式サイトからダウンロードし、必要事項を記入、顔写真貼付の上、郵送またはメール添付で。