【オーディション】J-WAVE/ゴーチ・ブラザーズ「J-WAVE開局30周年記念・2019年2月公演の出演者募集(作・演出:松居大悟)」※06/30(土)24:00〆切(メールまたは郵送)

 松居大悟さんが作・演出される舞台の出演者募集情報です。年齢・演技経験は不問。詳細は公式サイトでご確認ください。

●J-WAVE/ゴーチ・ブラザーズ「J-WAVE開局30周年記念舞台」
 2019年2月上~中旬 東京公演@下北沢 本多劇場
 2019年2月下旬~ 地方公演を調整中。(3月3日まで)
 作・演出:松居大悟
 音楽:石崎ひゅーい
 制作:ゴーチ・ブラザーズ

・オーディション
 1次:書類審査
 2次(実技)審査:7月22日(日)・23日(月) ※予定
 〆切:6月30日(土)24:00(メールまたは郵送)

 以下、公式サイトより。

【ワークショップ・オーディション】シベリア少女鉄道「出演者募集(お笑い好きの25歳以下の女性)」07/28-29実施※07/18(水)23:59〆切(メールのみ)

 土屋亮一さんが作・演出されるシベリア少女鉄道(⇒2017年のオーディション情報)が、今年の冬およびそれ以降の公演の出演者(25歳以下の女性のみ)を募集しています。

 私はシベリア少女鉄道の公演をあまり観に行けてないのですが、メルマガではいつもご紹介しています。一度は体験して欲しいくだらなさ!(褒めてます)

 土屋さんは若い女性アイドルの舞台をよく手掛けてらっしゃいます(参照:過去の公演)。「未経験者も大歓迎。自薦他薦も問いません」とのこと。詳細は公式サイトでご確認ください。制作も募集中。

●シベリア少女鉄道「女優さんワークショップオーディション2018」
 日時:2018年7月28日(土)・29日(日)の二日間
 ※参加者多数の場合28日を一次審査とし、29日は通過者のみで審査を行う可能性あり。
 参加資格(抜粋):お笑い好きの25歳以下の女性
 参加費用:1,000円
 応募〆切:2018年7月18日(水) 23:59(メールのみ)

 ※このエントリーに続きはありません。

【ワークショップ】鍬田かおる「6月:ルドルフ・ラバンのエフォート入門(初心者参加可)」06/18、19、21笹塚メソッド※開講日前日〆切・満員になり次第〆切(メールのみ)

 俳優指導者の鍬田かおるさんのワークショップ情報です(⇒前回の紹介文)。6月は初心者参加可能の「ルドルフ・ラバンのエフォート入門」が開講されます。10名程度の少人数クラスです。5月のアレクサンダーテクニークの入門クラスは満員だったそうですので、お申し込みはお早目に。

●鍬田かおるワークショップ「ルドルフ・ラバンのエフォート入門
 日程:
 6月18日(月)19:00~22:00
 6月19日(火)19:00~22:00
 6月20日(水)休講
 6月21日(木)19:00~22:00
 会場:笹塚メソッドC(およびB)スタジオ
 定員:10名程度

 参加費:15000円(計3日分)
 〆切:開講日の前日まで。満員になり次第〆切。その後はキャンセル待ち。
  ※1日前以降の直前キャンセルは受講料の全額をお支払いいただきます。

facebookイベントページより転載
facebookイベントページより転載

 確かな知識と豊かな経験に基づいて書かれている鍬田さんのブログは、俳優に限らず演出家にもお薦めしたいです。直球の辛口にしびれてください。
 ⇒Kaoruの演劇スタジオ「基礎の意味ー「初歩」と『基礎』は違います

 ルドルフ・ラバンとは「うごきを楽譜のように書くという偉業を成し遂げたモダンダンスの父」「うごきと言えば、ラバン!」だそうです。

 以下、主催者よりいただいた情報です。

【劇団員募集】KAKUTA「劇団員募集(俳優、制作、演出部、衣装スタッフなど)」※05/31〆切(郵送のみ)

 桑原裕子さんが作・演出・出演される劇団KAKUTA(カクタ)が、2019年からの本格始動に向けて、新劇団員を募集中です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 「一度きりのオーディションではなく、書類選考、面談、ワークショップなどを通じ、時間をかけて向き合う」とのこと。
 
 桑原裕子さんが作・演出し、第5回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞した『荒れ野』の稽古場レポートはこちらです。

●KAKUTA「劇団員募集」
応募資格:18歳以上の男女
募集:俳優、制作、演出部、衣装スタッフなど
人数:未定
〆切:5月31日(郵送のみ)

※このエントリーに続きはありません。

【オーディション】アジア舞台芸術祭人材育成部門・APAF2018「APAFアートキャンプ参加者募集(期間:11/06-12)」※06/20(水)23:59〆切(専用フォームあり)

 東京芸術祭・APAF(アジア舞台芸術祭人材育成部門2018)が「APAFアートキャンプ」の参加者を募集しています。APAFディレクターは多田淳之介さん。詳細は公式サイトをご確認ください。

●APAFアジア舞台芸術祭人材育成部門「APAFアートキャンプ」
 実施期間:2018年11月6日~12日
 参加費:無料(ただし、滞在期間中の食費、観劇・フィールドワーク等に伴う都内移動費[2,000円/日 程度]は自己負担)
 募集人数:3名程度(書類による選考あり)
 (※東南アジアをはじめ海外からの参加者を含め計5名程度を予定)
 応募資格(抜粋):原則として40歳以下、英語で他の参加者ともコミュニケーションをとることができること。
 〆切:2018年6月20日(水)23:59(専用フォームあり)

 このエントリーに続きはありません。