【ワークショップ・オーディション】ワンツーワークス「2020年10月・シアターX公演の出演者募集」04/18-19、04/25-26実施※04/13(月)18:00〆切(専用フォームあり)

 古城十忍さんが作・演出される劇団ワンツーワークスが2020年10月にシアターXで公演を実施するにあたり、出演者募集のワークショップ・オーディションを開催します。
 詳細は公式サイトでご確認ください。⇒前回の告知エントリー 過去レビュー⇒

●ワンツーワークス秋公演
〈演出〉 古城十忍
〈公演日程〉2020年10月31日(木)~11月8日(日)
〈劇場〉 シアターX

・オーディション
【日程】 2020年4月18日(土)・19日(日)、または4月25日(土)・26日(日)
 *18・19日、または25・26日、どちらか2日間連続の参加となります。
【時間】 PM1:30~8:30 
[応募締切] 2020年4月13日(月)PM6:00
[参加費] 2,000円(テキスト代含む)

 今、赤坂レッドシアターで上演中の『グロリア』がものすごく面白いです。

 終演後のトークで古城十忍さんが、『グロリア』の作家ブランデン・ジェイコブズ-ジェンキンスさんの『Appropriate』を上演したいとおっしゃってました。もしかしたら…♪ ※『グロリア』も出演者オーディションが実施されました。

 以下、主催者よりいただいたオーディション情報です。

【オーディション】NPO法人いわてアートサポートセンター「2021年2月~3月岩手・東京公演『岬のマヨイガ』出演者募集(原作:柏葉幸子、脚本・演出:詩森ろば)」東京04/14、岩手04/19実施※03/31〆切(メール又は郵送)

 NPO法人いわてアートサポートセンターが脚本・演出に詩森ろばさんを迎えた新作舞台の出演者を募集します。詳細は公式サイトでご確認ください。

 原作は岩手在住の児童文学作家である柏葉幸子さんのファンタジー。震災からの再生がテーマだそうです。

岬のマヨイガ (文学の扉)
柏葉 幸子 さいとう ゆきこ
講談社
売り上げランキング: 58,420

 
●NPO法人いわてアートサポートセンター『岬のマヨイガ』
公演期間:2021年2月~3月
原作:柏葉幸子 (講談社「岬のマヨイガ」)
脚本・演出:詩森ろば(serial number)
人形デザイン・操演指導:沢則行
キャスト:竹下景子、栗田桃子(文学座) ほか

【公演日程・会場】
宮古2021年2月 6日 宮古市民文化会館 大ホール 
盛岡2021年2月 9日 盛岡劇場 メインホール
二戸2021年2月11日 二戸市民文化会館 大ホール 
久慈2021年2月13日 久慈市民文化会館 大ホール
東京2021年3月17日~2日 東京芸術劇場シアターウエスト

・オーディション
<東京会場>
日程:2020 年4 月14 日(火)
会場:東京都世田谷区内のスタジオ
<岩手会場>
日程:2020 年4 月19 日(日)
会場:盛岡市内のスタジオ

 NPO法人いわてアートサポートセンターと詩森さんとの創作は『残花-1945 さくら隊 園井恵子-』を拝見しています。広島で被爆した移動演劇隊「さくら隊」のお話でした。。

※このエントリーに続きはありません。

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

【ワークショップ(出演者募集を兼ねる)】青年団リンク やしゃご「2020年10月こまばアゴラ劇場公演『ののじにさすってごらん』出演者募集を兼ねたワークショップ」04/11-12、18実施※03/20〆切(メールのみ)

 伊藤毅さんが作・演出される青年団リンク やしゃごが、2020年10月こまばアゴラ劇場公演『ののじにさすってごらん』について、出演者募集を兼ねたワークショップを実施します。年齢、性別、経験不問。詳細は公式サイトをご確認ください。
 ⇒2019年の再演公演のレビュー

・青年団リンク やしゃご『ののじにさすってごらん』
 会場:こまばアゴラ劇場
 公演日程:10月22日(木)~11月1日(日)
 作・演出 伊藤 毅

・オーディション
日時:2020年4月
 A:11日(土) 13:00~17:00
 B:12日(日) 18:00~22:00
 C:18日(土) 13:00~17:00
 D:18日(土) 18:00~22:00
場所:東京23区内
定員:各回10名程度
締め切り:2020年3月20日(金祝)※メールのみ
 ※テキストは事前にお渡ししますので、できるだけ覚えて来てください。

 このエントリーに続きはありません。

【ワークショップ・オーディション】「2021年1月・本多劇場公演『東京原子核クラブ』(マキノノゾミ作・演出)出演者募集」04/16-19実施※03/28(土) 23時59分〆切(メールのみ、PDF添付必須)

 マキノノゾミさんが2021年1月に、ご自身の戯曲『東京原子核クラブ』を演出されます。出演者募集情報です。詳細は公式ツイッターをご確認ください。

 『東京原子核クラブ』は1997年に初演され、読売文学賞の戯曲・シナリオ賞を受賞しています。⇒2006年にメルマガ号外を発行 ⇒2008年のレビュー

マキノノゾミ (1) 東京原子核クラブ (ハヤカワ演劇文庫 16)
マキノ ノゾミ
早川書房
売り上げランキング: 76,242

 
●舞台『東京原子核クラブ』
 公演期間:2021年1月9日(土)~17日(日) 予定
 劇場:本多劇場
 作・演出:マキノノゾミ

・オーディション
【応募資格】
・年齢不問。
・稽古・公演期間に参加できる方
・心身ともに健康で俳優経験のある方
【日程】
2020年4月16日(木) 16時~21時
2020年4月17日(金) 16時~21時
2020年4月18日(土) 13時~18時
2020年4月19日(日) 13時~18時
【参加費】税込3,300円 (『東京原子核クラブ』台本送付費含む)
【〆切】2020年3月28日(土) 23時59分必着(メールのみ、PDF添付必須)

【オーディション】マームとジプシー「2020年7月~8月公演『cocoon』(再々演)出演者募集(主に女学生役)」第一次~最終まで3月11日、12日、15日、17日、24~27日に実施※3月8日23:59〆切(専用フォームあり)

 マームとジプシーが代表作『cocoon』を2020年7月~8月に再々演するにあたり、出演者を募集します(主に女学生役)。詳細は公式サイトでご確認ください。

●マームとジプシー『cocoon』再々演
 公演期間:2020年7月4日~8月31日
 開催地(予定):東京、埼玉、上田、北九州、伊丹、京都、沖縄
 原作:今日マチ子(秋田書店)
 作・演出:藤田貴大
 音楽:原田郁子
 出演:青柳いづみ 菊池明明 小泉まき 他

●オーディション
・スケジュール
 一次審査|2020年3月11日・12日・15日
(1)11:30~12:30
(2)13:00~14:00
(3)14:30~15:30
(4)16:00~17:00
(5)17:30~18:30
 二次審査|2020年3月17日
 三次審査|2020年3月24日・25日
 最終審査|2020年3月26日・27日

・参加費500円(保険料)

cocoon(秋田文庫74-1)
今日マチ子
秋田書店 (2015-04-17)
売り上げランキング: 45,267