【オーディション】precog「KAAT×Nibroll新作・2017年8~9月公演『イマジネーション・レコード』出演者募集」5/29、6/30-07/03実施※05/22〆切(郵送のみ)

 矢内原美邦さんが振付、演出されるNibrollが、KAATでの8~9月の新作公演の出演者を募集します。「20周年なのでキャラクターや性格を優先します」とのこと。詳細は公式サイトでご確認ください。矢内原さんは岸田國士戯曲賞受賞者でもあります。

●KAAT×Nibroll新作『イマジネーション・レコード』(世界初演)
 公演日程:2017年8月下旬~9月3日
 会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
・オーディション
 募集対象:ダンサー枠と俳優・パフォーマー枠で合計1~3名。男女問わず。舞台出演経験のある方。
  ダンサー枠:25歳以下
  俳優・パフォーマー枠:30歳以下
 会場:横浜近郊・東京都内
 第一次審査:5月29日(月)
 第二次審査:6月30日(金)、7月1日(土) 、2日(日)
 最終審査:7月3日(月)
 〆切:2017年5月22日(日)必着 ※郵送のみ

前向き!タイモン
前向き!タイモン
posted with amazlet at 17.04.25
矢内原 美邦
白水社
売り上げランキング: 114,895

 以下、公式サイトより。

【制作者向け】「Next Producers Camp 2017 in 仙台」05/26-28(2泊3日)せんだい演劇工房10-BOX※5/15(月)18:00〆切(メールのみ)

 「Next Producers Camp(ネクスト・プロデューサーズ・キャンプ)」は継続開催されている、30才以下の制作者(舞台制作、プロデューサー、アートマネージメント)向けのワークショップです(過去の紹介エントリー⇒)。
 ナビゲーターが超豪華(ON-PAM会員の方も大勢)。逃す手はありません。詳細は公式サイトでご確認ください。

●「Next Producers Camp 2017 in 仙台」05/26-28せんだい演劇工房10-BOX
【参加費】15,000 円(宿泊費、会場費、資料費の実費として)
【募集人数】20名 *定員を上回る場合は、書類選考にて決定
【対象】舞台制作、プロデューサー、アートマネージメントのいずれかに興味があり、不安を抱えながらも本気で続けて行きたいと思っている30才以下の方。なお、宮城県在住の方に限り制限年齢に関係なくご参加を受付けます。いずれも経験の有無は問わないが本気の方に限ります。
【〆切】5/15(月)18:00〆切(メールのみ)

【メインナビゲーター】
仲村和生(株式会社ネビュラプロジェクト・キャラメルボックス チーフプロデューサー/株式会社ナッポスユナイテッド代表取締役)
松浦茂之(公益財団法人三重県文化振興事業団文化会館事業課長)
伊藤達哉(有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役)
野村政之(演劇制作者・ドラマトゥルク/公益財団法人沖縄県文化振興会チーフプログラムオフィサー)
【ゲストナビゲーター】鈴木拓(株式会社ボクシーズ代表取締役)

 以下、公式サイトより。

【レポート】ゴーチ・ブラザーズ「英国演出家による俳優ワークショップ(講師:ジョナサン・マンビィ)」04/08-12昼間、04/08-13夜間実施@都内某所

 ゴーチ・ブラザーズが主催するジョナサン・マンビィさんが講師をつとめるワークショップは2017年4月で4回目(過去⇒2013年2014年2015年)。EVENING CLASS(夜間)の最終日(15時から20時)を見学させていただきました。私が見学するのは2014年、2015年に続いて3度目になります。

 夜間クラスの参加者は20名。複数回、参加している俳優も少なくなく、4回全てに参加している俳優もいました。マンビィさんが演出された『るつぼ』の出演者も複数人いらっしゃいましたね。まさに「継続は力なり」「ローマは一日にして成らず」です。地道な積み重ねこそが実を結ぶのだと改めて思います。

 ※写真撮影を失念…。

【ワークショップ】まつもと市民芸術館「“シアターキャンプ2017”参加者募集」08/17-09/05実施予定※05/29〆切(メール又は郵送)

 串田和美さんが芸術監督をつとめる長野県のまつもと市民芸術館が、“シアターキャンプ2017”の参加者を募集しています。詳細は公式サイトでご確認ください。

 まつもと市民芸術館といえば『信州・まつもと大歌舞伎』(2016年)、『空中キャバレー』(2017年)を2年おきに上演している、アグレッシブな公立劇場です。
 ⇒まつもと市民芸術館の広報誌Vol.43「幕があがる。」(2017年1月発行)に寄稿
 ⇒まつもと市民芸術館・TCアルププロジェクト『人間ども集まれ!

●まつもと市民芸術館“シアターキャンプ2017”
日程:2017年8月17日~9月5日<予定>
場所:長野県内各所
内容:現在活躍する演出家を講師に招いて行う、演劇人のための合宿型ワークショップ
対象(抜粋):
・18歳以上
・舞台での身体表現を職業とする方、それを目指す方

参加講師:
・串田和美[演出家・俳優]
・加藤直[劇作家・演出家]
・木内宏昌[演出家・翻訳家・劇作家]
・長塚圭史[劇作家・演出家・俳優]
・白神ももこ[振付家・演出家・ダンサー] ほか

参加費:30,000円[交通・宿泊・会場費含む]
 ※自宅から松本の往復交通は自己負担
募集人数:十数名程度
選考:書類選考の後、2次選考[東京都内・6月下旬頃]を予定。
締切(メール):2017年5月29日(月)23:59必着
締切(郵送):2017年5月29日(月)必着

 以下は公式サイトより。

【オーディション】ラッパ屋「2018年1月公演の出演者募集(20代の女性キャスト一名)」6月実施※05/31〆切(郵送のみ)

 鈴木聡さんが作・演出される劇団ラッパ屋が、第44回新作公演の出演者(20代の女性キャスト一名)を募集しています。詳細は公式サイトでご確認ください。

 元気づけてくれて、癒されるので、なるべく欠かさず観たいと思っている劇団です。⇒最近のレビュー ⇒「悲劇喜劇」で合評しました。

■劇団ラッパ屋「第44回新作公演」
 2018年1/20-28@紀伊国屋ホール
 出演:ラッパ屋劇団員、他
 作・演出:鈴木聡

■オーディション
・応募条件(抜粋):稽古開始時期に20歳以上29歳以下の健康な女性
・1次審査:書類選考 2017年5月31日(水)必着
・2次審査:6月中旬、都内にて予定。
 参加費3,000円

 以下、公式サイトより。

【オーディション】□字ック「2018年1月・本多劇場進出作品『滅びの国』出演者募集」05/27、5/28、06/03実施※05/19〆切(申込フォーム又はメール)

 山田佳奈さんが作・演出・出演される劇団□字ック(ろじっく)が2018年1月の本多劇場進出公演の出演者を募集します。詳細はCoRich舞台芸術!の掲示板でご確認ください。

 □字ックはCoRich舞台芸術まつり!2014春・グランプリ受賞団体です。劇団員の小野寺ずるさんが俳優賞(現演技賞)を受賞。同じく劇団員の日高ボブ美さんは、岸田國士戯曲賞受賞作である庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』に出演され、欧州ツアーにも参加されていました。

 最近、新劇団員が増えましたね。山田さんは新ユニットを立ち上げたり、アウトリーチ活動をされたりも。 

●□字ック 第十ニ回本公演『滅びの国』
 作・演出:山田佳奈
 公演期間:2018年1月17日(水)~1月21日(日)※全7ステージ予定
 会場:下北沢・本多劇場
 稽古期間:2017年12月初旬から(年末年始お休み)

・オーディション
 募集条件:18歳以上の男女
 二次審査:実技審査(ワークショップ)
 5/27(土)17時
 5/28(日)13時半/18時
 6/3(土)13時半/18時
 ワークショップ費:2,000円
 〆切:5/19 (申込フォーム又はメール)

 以下、CoRich舞台芸術!の掲示板より

【ワークショップ】鍬田かおる「エクササイズ・クラス(対象:過去に参加経験がある方)」05/04-06の昼間※〆切は開講日の2日前(定員になり次第〆切・メールのみ)

 俳優指導者の鍬田かおるさんのムーヴメントのクラスのご紹介です(⇒前回の紹介記事)。鍬田さんはロンドンで、大学→指導者養成→演劇学校の修士課程卒という、8年間の正規留学を修められているプロです。

 ⇒Kaoruの演劇スタジオ「5月の連休は☆NEW エクササイズ クラス

 “鬼軍曹”こと、鍬田さんのブログは、毎月のメルマガ発行時に「お薦めブログ」としてツイッターに投稿してご紹介しています。
 今までにエクササイズを含むクラスを受講したことがある方を対象に、「新しいエクササイズ」を披露されるとのこと。

●鍬田かおる「エクササイズ・クラス」
 日程:5月4日(木祝)、5日(金祝)、6日(土)の13:00~17:00
  ⇒午前中に「アレクサンダー・テクニーク入門クラス」あり
  ⇒夜間に「ラバン入門クラス」あり
  ⇒3つのワークショップのまとめ「5月GWスペシャルー基礎から応用へ
 会場:笹塚メソッド・スタジオA(東京都渋谷区)
 参加費:16500円(3日分、初日にお持ちください)
 定員:15名前後を予定
 対象:過去に鍬田かおるの「エクササイズ・クラス」参加経験がある方

 ↓英国アレクサンダー・テクニーク教師協会(STAT)認定教師である鍬田さんが、日本で初翻訳して出版したF.Mアレクサンダー自身の著作はこちら。

自分のつかい方
自分のつかい方
posted with amazlet at 15.11.05
フレデリック・マティアス・アレクサンダー 鍬田かおる
晩成書房
売り上げランキング: 412,807

 以下、主催者よりいただいた情報です。

【ワークショップ】シアターコモンズ「ジゼル・ヴィエンヌ特別ワークショップ」05/03実施(前日夜の討論会も参加必須)※04/21〆切(専用フォームあり)

 NPO法人シアターコモンズが、フランスの振付家、演出家であるジゼル・ヴィエンヌさんが講師をつとめるワークショップを開催します。前日19:00~21:00の同会場での討論会への参加も必須。詳細は公式サイトでご確認ください。

 ヴィエンヌさんはSPAC「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」で『腹話術師たち、口角泡を飛ばす』を上演します。京都公演あり。

【ワークショップ講師】ジゼル・ヴィエンヌ
【ワークショップ企画・進行】相馬千秋(シアターコモンズ・ディレクター/芸術公社)
【日時】 2017年5月3日(水)10時30分~17時
【会場】 東京ドイツ文化センター
【言語】 英語・日本語逐次通訳つき
【定員】 20名程度(事前申込/応募者多数の場合は選考あり)
【参加費】 3,000円(当日現金で支払い)
【応募条件】
・前日5月2日(月)の討論会「演劇についての新たな考察:ジゼル・ヴィエンヌを迎えて」に参加できる方。
・記録用の写真や映像の使用を許諾頂ける方。

 以下、公式サイトより。

【ワークショップ】鍬田かおる「ラバン入門クラス」05/04-06の夜間※〆切は開講日の2日前(定員になり次第〆切・メールのみ)

 俳優指導者の鍬田かおるさんのムーヴメントのクラスのご紹介です(⇒前回の紹介記事)。鍬田さんはロンドンで、大学→指導者養成→演劇学校の修士課程卒という、8年間の正規留学を修められているプロです。

 ⇒Kaoruの演劇スタジオ「5月の連休はラバン入門(おさらい可)で鍛える!

イラスト:間瀬英正 ⇒引用元
イラスト:間瀬英正 ⇒引用元

 “鬼軍曹”こと、鍬田さんのブログは、毎月のメルマガ発行時に「お薦めブログ」としてツイッターに投稿してご紹介しています。たとえばこちら↓など、読むほどに首を縦に振って納得しております。
 「やってはイケない演技のNG集」⇒

 「ラバン入門クラス」は俳優だけでなく、ダンサー、演出家も歓迎。初めての方もご参加いただけます。

●鍬田かおる「ラバン入門クラス」(公式ブログに記録あり⇒2016年6月2016年7月
 日程:5月4日(木祝)、5日(金祝)、6日(土)の3夜間、連日19:00~22:00
  ⇒午前中に「アレクサンダー・テクニーク入門クラス」あり
  ⇒昼間に「エクササイズ・クラス」あり
  ⇒3つのワークショップのまとめ「5月GWスペシャルー基礎から応用へ
 会場:笹塚メソッド・スタジオA(東京都渋谷区)
 参加費:14040円(3日分、初日にお持ちください)
 定員:16名前後を予定

 ↓英国アレクサンダー・テクニーク教師協会(STAT)認定教師である鍬田さんが、日本で初翻訳して出版したF.Mアレクサンダー自身の著作はこちら。

自分のつかい方
自分のつかい方
posted with amazlet at 15.11.05
フレデリック・マティアス・アレクサンダー 鍬田かおる
晩成書房
売り上げランキング: 412,807

 以下、主催者よりいただいた情報です。

【ワークショップ】鍬田かおる「アレクサンダー・テクニーク入門クラス」05/04-06の午前中※〆切は開講日の2日前(定員になり次第〆切・メールのみ)

 俳優指導者の鍬田かおるさんのムーヴメントのクラスのご紹介です(⇒前回の紹介記事)。鍬田さんはロンドンで、大学→指導者養成→演劇学校の修士課程卒という、8年間の正規留学を修められているプロです。

 ⇒Kaoruの演劇スタジオ「速報!5月の連休はアレクサンダー・テクニーク入門クラス♪

 “鬼軍曹”こと、鍬田さんのブログは、毎月のメルマガ発行時に「お薦めブログ」としてツイッターに投稿してご紹介しています。
 アレクサンダー・テクニークは一般人も愛好する有名な方法です。「アレクサンダー・テクニックは宝物。これがないと演技ができない」と言う俳優もいらっしゃいます。

●鍬田かおる「アレクサンダー・テクニーク入門クラス」
 日程:5月4日(木祝)、5日(金祝)、6日(土)の3日間、連日10:30~12:30
  ⇒昼間に「エクササイズ・クラス」あり
  ⇒夜間に「ラバン入門クラス」あり
  ⇒3つのワークショップのまとめ「5月GWスペシャルー基礎から応用へ
 会場:笹塚メソッド・スタジオA(東京都渋谷区)
 参加費:10800円(3日分、初日にお持ちください)
 定員:10名前後を予定
 対象:年齢、経験不問。演劇、音楽、ダンスなどの表現者およびそれを目指す学生

 ↓英国アレクサンダー・テクニーク教師協会(STAT)認定教師である鍬田さんが、日本で初翻訳して出版したF.Mアレクサンダー自身の著作はこちら。

自分のつかい方
自分のつかい方
posted with amazlet at 15.11.05
フレデリック・マティアス・アレクサンダー 鍬田かおる
晩成書房
売り上げランキング: 412,807

 以下、主催者よりいただいた情報です。