【2021年5月の気になる舞台まとめはお休み/舞台芸術関係者向け情報】

 2020年5月に【メルマガ メルマガ発行休止のお知らせ】を発行してからちょうど1年です。6月、7月、8月はお休みして、2020年9月から【○年○月の気になる舞台】と題して、毎月1日に気になる舞台のまとめを公開してきました(⇒先月)。私事で恐縮ですが4月に孫が誕生いたしまして(祝♪)、5月分のまとめを作る時間がありませんでした…。もしかしたら6月分も難しいかもしれません。申し訳ございません!
 【更新報告】
 ・ハラスメント関連(5)←随時更新中
 ・劇団地点が「三浦基からのご挨拶」等を公開
 ・ワークショップ・オーディション情報

ご近所のたんぽぽが綿毛に

 2021年4月23日に緊急事態宣言が発出されました(⇒宣言PDF)。期間は4月25日から5月11日までで、催物(イベント等)は「原則として無観客等で開催」するよう要請されたため、公演中止、延期が激増しています
 以下、舞台芸術関係者の皆様にとって有益かも…と思う情報を転載します。

■ウェブサイト「世界ステージ・カレンダーwithコロナ」公開!

【2021年4月の気になる舞台】

 2021年4月の気になる舞台などをまとめてみました(⇒先月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

【HOT NEWS!】
3月19日の報道】NHK「稽古場でのクラスター発生(昨年10月)の主な原因は「狭い部屋での密集」と「マウスシールド」」⇒ミュージカル座の情報公開
提案/ハラスメント5】「表現の現場ハラスメント白書2021」公開
コロナ禍96】「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」オンライン・シンポジウム(無料アーカイブあり)
ご報告/コロナ禍97】岸田國士戯曲賞についてのコメントが新聞掲載されました

 コロナの感染リスクが高い同居家族がいるため、自主的にロックダウン生活を続けています。散歩中に花を見かけて「あぁ、もう1年経つんだ…」と実感し、出口が見えない日本の現状を顧みて、暗い気持ちになってしまいました…。2月から3月上旬にかけて少し仕事が忙しかったせいもあるんですけどね。日本も島国なので、台湾とニュージーランドのコロナ対策を真似してくれないかしら…(涙)。先月から代り映えしない、個人的なボヤキです、すみません。

 3月は舞台の配信を4作品、鑑賞しました(ライブ配信⇒12 アーカイブ配信⇒12)。劇場での観劇は1作品です。配信を見ていると、なぜ私はこれを劇場で観られないのか…という不満が吹き出すため(涙)、なかなか気が進みません…。

 さて、4月も特に気になる数作品を初日順にご紹介して、その後はテキストで羅列します。俳優、劇作家、演出家、劇場などの名称でテキスト検索してみてくださいませ♪ 

 新国立劇場演劇部門のフルオーディション企画第3弾は三好十郎作『斬られの仙太』(⇒青空文庫)。演出は上村聡史さんです。かなり昔に戯曲を読んだ時から、上演を観てみたいと思っていました。上演時間は約4時間25分(休憩2回を含む)を予定。そのまま上演すると7時間を超える、上演機会がめったにない大作です。80人もの登場人物を16人で演じます。
 タイトルロールに選ばれたのは伊達暁さん。伊達さんを初めて拝見したのは2000年、阿佐ヶ谷スパイダース『イヌの日』初演でした。主役に選ばれたことを勝手ながら嬉しく思っています。

【2021年03月の気になる舞台】

 2021年3月の気になる舞台などをまとめてみました(⇒先月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

【HOT NEWS!】
支援乞う】文学座がクラウドファンディング実施中!/応援メッセージを寄せ支援しました【3月31日(水)23時〆切】
意見/地点8】ロームシアター京都が「ハラスメント防止ガイドライン(案)」を公開/パブコメ受付中※03/07(日)〆切
・EPAD(緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業)特設サイト公開
 ⇒福井健策さんの解説
 ⇒1/31時点の収集映像作品一覧

日本酒のジャケ買いならぬボトル買い/インスタやってます
日本酒のジャケ買いならぬボトル買い/インスタやってます

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大が日本でも始まってから、先月末で1年ですね(⇒川上浩一教授、⇒森崎めぐみさん)。私が【コロナ禍】と題した投稿を始めたのは2020年2月25日でした。このまま夏に東京五輪を開催すると、秋まで東京のコロナ収束は望めないのかも…(涙)。

 読売演劇大賞の贈賞式は、昨年に続き今年も僅かな関係者のみが参加して開催。初の無料ライブ配信を鑑賞しました。「血のにじむような感染対策(を施した)」という発言もあり、コロナ禍の創作と公演がどれほど過酷だったかが、ひしひしと伝わってきました(今も続いています)。ともに苦境を乗り越えてきた舞台芸術関係者が互いをねぎらい、励ます場にもなっていたと思います。主催者に感謝いたします。
 ※2/27(土)から1週間のアーカイブ配信あり。
 ⇒動画「第26回読売演劇大賞 喜びの贈賞式」(読者会員限定/登録・利用料無料)

【2021年02月の気になる舞台】

 2021年2月の気になる舞台などをまとめてみました(⇒先月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

【HOT NEWS!】
 ⇒【新しい署名活動開始!】WeNeedCulture「アート・カルチャー・エンターテインメントを愛するすべての方への署名とアンケートのお願い」 ⇒これまでの過程 
 ⇒【意見】劇団地点の元劇団員が記者会見/地点は元劇団員に対し2500万円の損害賠償請求訴訟を予告/パワハラ防止法について ⇒続報 ⇒ロームシアター京都で2/14にシンポジウム開催

ご近所の梅が咲いていました
ご近所の梅が咲いていました

 2月…日本で新型コロナウイルスの感染拡大が始まって約1年ですね…(⇒ダイヤモンドプリンセス号)。1月7日の緊急事態宣言の「夜8時までの営業時間短縮の“働きかけ”」のために舞台芸術界は振り回されています。1月18日からようやく始まった国会には憤りと落胆の連続。まだ年明けから1か月しか経っていないなんて…個人的にはとっくに2か月は過ぎただろうという感覚です。あまりにひどい事が起こり過ぎなので…。

 私は家庭の事情で相変わらずのロックダウン生活中です。今年に入ってオンライン配信の舞台は8作品ほど拝見しましたが、劇場や映画館には全く行けていません(涙)。でもスペイン風邪、天然痘、ペストなどの歴史を顧みれば、感染症の蔓延はいつか必ず終わるんですよね。足元ばかりを見て暗くならず、未来を想像して上を向くことを心がけたいです。頭のなかの顕微鏡と望遠鏡の両方を使いこなして!

 2月も特に気になる数作品をご紹介して、その後はテキストで羅列します。俳優、劇作家、演出家、劇場などの名称でテキスト検索してみてくださいませ♪ 

 今月は何と言ってもTPAM2021に招聘されたDULL-COLORED POP『福島三部作』一挙上演でしょう!作・演出の谷賢一さんはこの作品で鶴屋南北戯曲賞と岸田國士戯曲賞をダブル受賞されました。英語字幕つきの配信あり!
 ※オーディエンス向け指定席チケットが追加発売されます。
  2月2日(火)11:00発売開始⇒https://www.tpam.or.jp/2021/news/13714

【2021年01月の気になる舞台】

 あけましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます!!
 昨年末に公開した「2020年しのぶの観劇ベストテン」もよかったらご覧くださいね♪

 2021年1月の気になる舞台などをまとめてみました(⇒先月)。基本的にCoRich舞台芸術!で公演検索しています。舞台芸術関係者の皆様、ぜひ公演情報のご登録を!

娘が撮影した山茶花
娘が撮影した山茶花

 2021年1月は例年の1月より上演本数が減っている気がします。日本政府の対応が後手後手で、コロナの感染が収束する気配が全くないですしね…。このような状況下でも創作・上演してくださる舞台芸術関係者の皆様のご苦労、ご心労ははかり知れません。どうか無事に幕が上がり、千秋楽を迎えてから2週間後まで、観客を含む誰もが健やかでいられますように。
 それでは、特に気になる数作品をご紹介して、その後はテキストの羅列になります。俳優、劇作家、演出家、劇場などの名称でテキスト検索してみてくださいませ♪ 

 永井愛さんが作・演出される「メディアをめぐる空気」シリーズ(⇒12)の完結編『ザ・空気 ver. 3 そして彼は去った…』が東京芸術劇場で開幕します。全国ツアーあり。