CATプロデュース『Defiled -ディファイルド-』04/05-05/07 DDD AOYAMA CROSS THEATER

 『Defiled -ディファイルド-』は2000年米国初演の男性二人芝居です。日本では2001年、2004年に上演され、私は2001年初演版(出演:長塚京三、大沢たかお)を観ています。演出は今回も鈴木勝秀さん。

 主催者であるシーエイティプロデュースは、約200席のDDD青山クロスシアターで今年4月から200日間、演劇とミュージカルのロングラン上演をするそうです。『Defiled』はその第一弾で、第二弾は5月公演『ミュージカル I LOVE A PIANO』、第三弾は8月公演『Glorious!』です。4/2に終演した『スーツの男たち』も80席弱の小劇場での上演でした。

劇団青年座『わが兄の弟‐贋作アントン・チェーホフ傳』04/07-16紀伊國屋ホール

 マキノノゾミさんの新作を宮田慶子さんが演出する劇団青年座の公演は、『MOTHER』『フユヒコ』『赤シャツ』『横濱短篇ホテル』に続いて5作目。私は『MOTHER』(青年座ではない)と『赤シャツ』を拝見したことがあります。上演時間は約2時間30分(休憩15分を含む)。

 若き日のチェーホフの評伝劇ということで、四大戯曲『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』や、短編集などから引用されていることがわかります。「若い頃のチェーホフの実体験が、あの名作を生み出したのだろうな~」と想像させる、愛情のこもったフィクションでした。題名の『わが兄の弟』はチェーホフのペンネームのひとつとのこと。

ナショナル・シアター・ライヴ2017「ハングメン Hangmen」04/14-20 TOHOシネマズ日本橋

 マーティン・マクドナー作、マシュー・ダンスター演出の「ハングメン Hangmen」を拝見。ナショナル・シアター・ライヴは2017年も嬉しいラインナップです。開演前にNTLiveの宣伝とウィンズダム劇場の紹介映像がありました。休憩後の特典映像なし。上映時間は2時間45分、休憩こみ。

 全国の上映スケジュールはこちらでご確認ください。東京のTOHOシネマズでは本日4/20(木)まで。吉祥寺オデオンで4/22(土)~4/28(金)に上映があり、上映開始時刻は19:20。

新国立劇場演劇『城塞』04/13-30新国立劇場小劇場

 新国立劇場演劇部門のシリーズ「かさなる視点―日本戯曲の力―」の第1弾『白蟻の巣』(演出:谷賢一)に続く第2弾は、安部公房作『城塞』(演出:上村聡史)です。上演時間は約2時間25分(休憩15分を含む。1幕55分・休憩15分・2幕75分)。第3弾は5月の『マリアの首』(演出:小川絵梨子)です。

 いや~…すごく刺激的でした。昨年、俳優座の『城塞』(演出:眞鍋卓嗣)を観たので比較する楽しみもありました。全然違う!!

 終演後のシアタートークで司会の中井美穂さんがおっしゃっていた通り、「禁治産者(きんちさんしゃ)」の意味は事前に知っておいた方がいいと思います。
*禁治産者:自分の財産を管理することや処分することを禁じられている人のこと。現在の成年被後見人。

 シアタートークのメモがレビュー下方にあります。よかったらお読みください。

りゅーとぴあプロデュース『エレクトラ』04/14-23世田谷パブリックシアター

 ギリシャ悲劇(原作:アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス)をもとに構成した笹部博司さんの上演台本を、鵜山仁さんが演出されます。初日の上演時間はカーテンコールを含めて約2時間55分(途中休憩15分込み)。

 昨年、劇団昴『グリークス』を観たので、登場人物だけでなく言及される人物(神)のこともうっすら覚えていて、ストーリーの理解の助けになりました。

兵庫県立ピッコロ劇団オフシアター『長い墓標の列』04/13-16ピッコロシアター中ホール

 新国立劇場で上演された『長い墓標の列』がとても良かったので、母を連れて兵庫県立ピッコロシアターまで観に行きました。上演時間は約2時間10分。

 チケット一般2000円、全席自由。これは安すぎるでしょう。土曜日の夜18時の回は終演後に著者の福田善之さん(劇作家、演出家、桐朋学園芸術短期大学・特別招聘教授、紫綬褒章受賞者)のトークがあり、さらに贅沢! 親孝行できました。

20170415_piccolo1

20170415_piccolo2

東京芸術劇場『ハムレット』04/07-28東京芸術劇場プレイハウス

 ジョン・ケアードさんが『ハムレット』を演出されます。上演時間は約3時間25分(休憩15分とカーテンコールを含む)。

 松岡和子さんの翻訳をもとに、ケアードさんと今井麻緒子さんが上演台本を作成されたんですね。そのまま上演したら約5時間になることもある古典なので、カットの仕方、言葉の選び方によって印象がガラリと変わるのだと思います。カジュアルな言葉遣いが増えているように感じました。

 東京公演の後、兵庫、高知、福岡、長野松本、長野上田、愛知でツアーあり。かなり自由度が高そうな作品でした。回を重ねるごとに変わっていくのだろうと思います。


 

パソナグループ『フェードル』04/08-30 Bunkamuraシアターコクーン

 『フェードル』はフランスの劇作家ラシーヌの1677年の戯曲で、エウリピデスのギリシャ悲劇『ヒッポリュトス』から想を得た作品とのこと。主演は大竹しのぶさん、演出は栗山民也さんです。上演時間は約2時間10分、休憩なし。東京公演の後、新潟、愛知、兵庫公演あり。

 ゴゴ、ゴゴゴゴゴ…ドッカーーーーーン……という感じでした…。ギラギラ、ごつごつした、重たいものが、次々に、これでもか、これでもかと飛んでくるみたいっ!
 今の私の周囲では見かけないタイプの人間(神々)がいました。激しい恋に身を焦がし、嫉妬に悶え、王座を巡って策略をめぐらし、プライドを守るために命を懸ける…。自分勝手にジタバタする姿はみっともないはずなのですが、潔さが徹底されていて、むしろかっこいい!

【写真レポート】SPAC「「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」「ふじのくに野外芸術フェスタ2017」」東京プレス発表会」03/28アンスティチュ・フランセ東京

 演出家の宮城聰さんが芸術総監督をつとめる、SPAC-静岡県舞台芸術センターの東京プレス発表会に伺いました(過去エントリー⇒2009年2010年2011年2012年2013年、2014年[]、2015年、2016年[])。

 第一部は「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」と「ふじのくに野外芸術フェスタ2017」の紹介、第二部は「アヴィニョン演劇祭2017」のオープニングに公式招待されたSPAC『アンティゴネ ~時を超える送り火~』についての報告です。

ⒸSPAC Photo by NAKAO Eiji
ⒸSPAC Photo by NAKAO Eiji

●「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」公式サイト
 日程:2017年4月28日(金)~5月7日(日)
 会場:静岡芸術劇場/舞台芸術公園/駿府城公園/ほか
 ⇒残席状況はINFORMATIONページで更新されます。
 ⇒タイムテーブル(PDF)

 司会はSPAC所属俳優の横山央さんと木内琴子さんでした。プレス発表会全体の長文レポートです。気になる演目を選んでお読みいただければと思います。第二部は後日公開予定です。