【ご報告】第61回岸田國士戯曲賞授賞式に出席いたしました(受賞作:上田誠作『来てけつかるべき新世界』)04/17日本出版クラブ会館・鳳凰の間

 岸田國士戯曲賞授賞式に出席させていただきました(⇒昨年)。受賞作はヨーロッパ企画『来てけつかるべき新世界』(作:上田誠)です。

CATプロデュース『Defiled -ディファイルド-』04/05-05/07 DDD AOYAMA CROSS THEATER

 『Defiled -ディファイルド-』は2000年米国初演の男性二人芝居です。日本では2001年、2004年に上演され、私は2001年初演版(出演:長塚京三、大沢たかお)を観ています。演出は今回も鈴木勝秀さん。

 主催者であるシーエイティプロデュースは、約200席のDDD青山クロスシアターで今年4月から200日間、演劇とミュージカルのロングラン上演をするそうです。『Defiled』はその第一弾で、第二弾は5月公演『ミュージカル I LOVE A PIANO』、第三弾は8月公演『Glorious!』です。4/2に終演した『スーツの男たち』も80席弱の小劇場での上演でした。

劇団青年座『わが兄の弟‐贋作アントン・チェーホフ傳』04/07-16紀伊國屋ホール

 マキノノゾミさんの新作を宮田慶子さんが演出する劇団青年座の公演は、『MOTHER』『フユヒコ』『赤シャツ』『横濱短篇ホテル』に続いて5作目。私は『MOTHER』(青年座ではない)と『赤シャツ』を拝見したことがあります。上演時間は約2時間30分(休憩15分を含む)。

 若き日のチェーホフの評伝劇ということで、四大戯曲『かもめ』『ワーニャ伯父さん』『三人姉妹』『桜の園』や、短編集などから引用されていることがわかります。「若い頃のチェーホフの実体験が、あの名作を生み出したのだろうな~」と想像させる、愛情のこもったフィクションでした。題名の『わが兄の弟』はチェーホフのペンネームのひとつとのこと。

【オーディション】precog「KAAT×Nibroll新作・2017年8~9月公演『イマジネーション・レコード』出演者募集」5/29、6/30-07/03実施※05/22〆切(郵送のみ)

 矢内原美邦さんが振付、演出されるNibrollが、KAATでの8~9月の新作公演の出演者を募集します。「20周年なのでキャラクターや性格を優先します」とのこと。詳細は公式サイトでご確認ください。矢内原さんは岸田國士戯曲賞受賞者でもあります。

●KAAT×Nibroll新作『イマジネーション・レコード』(世界初演)
 公演日程:2017年8月下旬~9月3日
 会場:KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ
・オーディション
 募集対象:ダンサー枠と俳優・パフォーマー枠で合計1~3名。男女問わず。舞台出演経験のある方。
  ダンサー枠:25歳以下
  俳優・パフォーマー枠:30歳以下
 会場:横浜近郊・東京都内
 第一次審査:5月29日(月)
 第二次審査:6月30日(金)、7月1日(土) 、2日(日)
 最終審査:7月3日(月)
 〆切:2017年5月22日(日)必着 ※郵送のみ

前向き!タイモン
前向き!タイモン
posted with amazlet at 17.04.25
矢内原 美邦
白水社
売り上げランキング: 114,895

 以下、公式サイトより。