【提案/ハラスメント19】映画監督有志が日本映画製作者連盟に提言/「映像業界における性加害・性暴力をなくす会」発足

 【ハラスメント】カテゴリーの19番目です(⇒前回の投稿)。2021年末のまとめ投稿の下の方に、【ハラスメント】投稿の過去リンクを羅列してあります。

 映画業界の性暴力報道に関する情報の3つ目です(⇒12)。映画監督有志6名(是枝裕和、諏訪敦彦、岨手由貴子、西川美和、深田晃司、舩橋淳)が日本映画製作者連盟に対し、ハラスメント防止に関する「提言書」を提出したり、俳優や映画監督ら有志で作る「映像業界における性加害・性暴力をなくす会」が声明を発表するなど、有志による運動は活発化しています。

■あさ日氏「私が映画業界で受けた性被害について、そして被害の記憶に苦しんでいるあなたへ」

【ワークショップ】西村壮悟「マイズナーワークショップ2日間イントロクラス」05/07-05/08実施※〆切なし、先着順

 西村壮悟さんがマイズナーテクニックの未経験者向けクラス(土日の2日間)を開講します(⇒前回投稿)。詳細は公式サイトでご確認ください。

●西村壮悟「マイズナーワークショップ5月weekendイントロクラス」
日時:5月7日(土)、8日(日)13:00~17:00(2日間)
参加費:¥8000
対象:俳優。
 マイズナーの未経験者・初心者向け(経験がある方、ブランクある方も歓迎)。
会場:東高円寺駅近くのスタジオ
定員:10名 先着順

【ワークショップ】鍬田かおる「演じるための読解講座✖️スタジオ演技クラス~アーサー・ミラーの戯曲をつかって」05/15、05/18、05/26、05/29実施※(先着順、定員に達し次第〆切)

 鍬田かおるさんが戯曲読解と演技の実技を組み合わせたワークショップを実施されます(⇒前回の告知)。詳細は公式サイトでご確認ください。
 ⇒facebookのイベントページ

 オンライン3夜間、スタジオ1日間の実施で、オンラインのみの参加も可能。テーマは「台本の読解のポイント」「オーディションのコツ」「役作り」など。スタジオではアーサー・ミラー作『橋からのながめ』『みんな我が子』の短いシーンに取り組むとのこと。『みんな我が子』は5月に上演がありますね。

【ワークショップ・オーディション】演劇引力廣島「2023年2月公演『目頭を押さえた』(作・演出:横山拓也)広島版のキャスト・スタッフ募集」09/02-09/04実施※07/31必着(郵送、持参、FAX、メール)

 (財)広島市文化財団の演劇ワークショップ事業「演劇引力廣島」の第19回プロデュース公演は2023年2月、演目は『目頭を押さえた』(作・演出:横山拓也)です。その全キャストとスタッフを高校生からシニア世代まで幅広く募集します。詳細は公式サイトでご確認ください。広島での創作、上演にあたり、せりふを広島弁に変更するそうです。
 ⇒CoRich舞台芸術!内の『目頭を押さえた』の公演情報
 ⇒CoRich舞台芸術!内の演劇引力廣島の公演情報

●演劇引力廣島『目頭を押さえた』
作・演出:横山拓也
稽古:1/14(土)~2/21(月)
リハーサル・本番:2/22(水)~26(日)
会場:アステールプラザ(広島市中区加古町)

●ワークショップ・オーディション
【スケジュール】
 2022年9月2日(金)18:30~21:00、3日(土)10:00~20:00、4日(日)10:00~17:00
 ※上記の時間内で調整し、詳細は受験者にご連絡いたします。

【ワークショップ】池内美奈子「俳優のための基礎を振り返るワーク」05/07実施※〆切不明(メールのみ)

 池内美奈子さんによるプロの俳優向けの1日ワークショップです(⇒前回の投稿)。基礎的な技術を振り返る内容で、モノローグを持参して参加とのこと。詳細は公式facebookページでご確認ください。

●池内美奈子「俳優のための基礎を振り返るワーク」
日時:5月7日(土) 12:00~18:00
 短い休憩を2回入れます。
会場:セゾン文化財団の森下スタジオ
対象:プロの俳優
参加費:¥12,000-
 (GNCメンバー、俳優指導者ゼミ参加者、3月のワークショップを受けた方は割引あり¥11,000-)
定員:10名