【提案/ハラスメント5】「表現の現場ハラスメント白書2021」公開/間違いを共有して別の選択肢を探す

 「舞台の稽古場でパワハラ、セクハラなどのハラスメントについての講習を行ってはどうか」という題名で、2019年からハラスメントに関連するツイートを転載してきました(⇒1234)。その5番目です。タイトルは変更しました。
 その他の関連投稿(2019年以降)⇒123456789101112

 表現の現場調査団による「表現の現場ハラスメント白書2021」が公開されました(⇒私もアンケートに答えました)。演劇分野のハラスメント被害の実例を少し読んだら、胸が苦しくなりました。「自由記述抜粋」と「調査結果報告書」は閲覧注意です。「調査結果概要​」から見るのがいいのではないかと、個人的には思います。

【このページの内容の箇条書き】
・表現の現場調査団が「表現の現場ハラスメント白書2021」を公開/間違いを共有して別の選択肢を探す
・オードリー・タン氏「環境を自ら変えにいくことで、未来に同じことが発生しないように」/攻撃することはなく尊重し合うことが大事
・大御所の俳優が演出家に提案「怒鳴られると稽古の質が下がる」
・東京芸術祭トーク・アーカイブ「今日から役立つ国際共同の現場コミュニケーション術」無期限公開中
・呉座勇一氏が北村紗衣氏に謝罪(3)「呉座界隈問題と私のTwitter夜逃げ(その1)」
・オープンレター「女性差別的な文化を脱するために
・佐倉統教授「権力の非対称構造が常態化しているので加害者は気づかない」
・オードリー・タン「一部の人たちを犠牲にしてしまうのは社会全体の損失」
・マリエさんが「枕営業」を強要されたと自身のインスタライブで告白
・セクハラは「解雇の正当理由」 法律に明記へ―豪州(2021年04月08日)
・演出家・小林香インタビュー「女性演出家ではない、ただの“私”という演出家でありたい」
・「女優と呼ばないで 秋元才加、肩書へのジェンダーバイアスに疑問『フラットに考えたい』」
・「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」
・「身内の(足元の)問題も語ってください。」(映画秘宝、キネマ旬報、映画芸術、アフター6ジャンクション)
・朝日新聞「芸術ハラスメント(上)・(中)・(下)」
・山田孝之氏:芸能界はブラックだってみんな言ってるけど、ギャグにしている場合じゃない
・東京新聞「DHC会長再び「ヘイト声明」」
・長田育恵氏:ハラスメントの判断基準は「リスペクトがあったかどうか」という考え方
・稽古中に人格否定され続け気が狂ってしまった劇団員がいた
・「セクハラ認定の警視が署長に 滋賀県警「適切なポスト」」
・ハラスメント加害者として告発され、その告発者を提訴していた講師を、美学校が退職させた
・山田由梨さんが劇団公式noteでハラスメントに断固反対の意思表明/理由や対応方法も
・「セクハラは確定していないし係争中なので中立を…」に従うのは、セクハラを撤回した側の言うがまま
・映画の制作現場からハラスメントについて考える | 大九明子×深田晃司 対談

 ↓表現の現場調査団のひとりであるアーティストの笠原恵実子氏のご発言に共感します。

■オードリー・タン氏「環境を自ら変えにいくことで、未来に同じことが発生しないように」/攻撃することはなく尊重し合うことが大事

■大御所の俳優が演出家に提案「怒鳴られると稽古の質が下がる」

■東京芸術祭トーク・アーカイブ「今日から役立つ国際共同の現場コミュニケーション術」無期限公開中

 集団創作の現場で最初に集合した時に何をした/すべきか等。ここにヒントがたくさんあると思いました。ともに学び、更新していきたいです。

 ↓2021/03/25加筆

 ↓2021/04/04加筆

■呉座勇一氏が北村紗衣氏に謝罪(3)「呉座界隈問題と私のTwitter夜逃げ(その1)」※(2)の続きです。

■オープンレター「女性差別的な文化を脱するために

■東京大学の佐倉統教授による新入生ガイダンス/権力の非対称構造が常態化しているので加害者は気づかない

■オードリー・タン「全ての人たちの声に耳を傾け、可能性を広げ、人々の健やかさを大切にしていくことが重要」「一部の人たちを犠牲にしてしまうのは社会全体の損失」

 ↓2021/04/09加筆

■マリエさんが「枕営業」を強要されたと自身のインスタライブで告白
 概要:http://hiro2pblog.blog.jp/archives/9339641.html

■出川哲朗にも飛び火中!マリエの「島田紳助から枕強要」告白で繋がった“3つの暴露”

・「島田紳助に枕営業を迫られた」マリエの暴露で再び露呈した芸能プロ・レプロの“ブラック体質”
https://www.cyzo.com/2021/04/post_273946_entry.html

・マリエ“強要告白”と様変わりする芸能界の枕営業の実態
https://www.cyzo.com/2021/04/post_273988_entry.html

■#マリエさんに連帯します

■セクハラは「解雇の正当理由」 法律に明記へ―豪州(2021年04月08日)

■演出家・小林香インタビュー「女性演出家ではない、ただの“私”という演出家でありたい」

■「女優と呼ばないで 秋元才加、肩書へのジェンダーバイアスに疑問『フラットに考えたい』」

↓2021/04/11加筆

●「フリーランスとして安心して働ける環境を整備するためのガイドライン」

●「身内の(足元の)問題も語ってください。」(2021/03/07 18:31)
・映画秘宝、キネマ旬報、映画芸術、アフター6ジャンクション
・「国内の映画界の問題は扱わない」という傾向が顕著
・「海外や社会の問題には言及するが、身内の問題には‥」という態度が、よく見受けられます。

 ↓2021/04/12加筆

■朝日新聞「芸術ハラスメント」

 ↓2021/04/13加筆

■「シンプルに“生きる”ために行動する―俳優・山田孝之が目指す「原点回帰」なライフスタイル」
・山田孝之氏:芸能界はブラックだってみんな言ってるけど、ギャグにしている場合じゃない

■東京新聞「DHC会長再び「ヘイト声明」」

 ↓2021/04/16加筆

■長田育恵氏:ハラスメントの判断基準は「リスペクトがあったかどうか」という考え方

■稽古中に人格否定され続け気が狂ってしまった劇団員がいた

 ↓2021/04/17加筆

■「セクハラ認定の警視が署長に 滋賀県警「適切なポスト」」

■ハラスメント加害者として告発され、その告発者を提訴していた講師を、美学校が退職させた
 美学校「今後は、ハラスメントへの意識を新たにするとともに、美学校に集うすべての受講生、講師、来校者、スタッフが一人の人間として尊重される場であるよう、絶えず努力を続けてまいります」

■山田由梨さんが劇団公式noteでハラスメントに断固反対の意思表明/理由や対応方法も

■「セクハラは確定していないし係争中なので中立を…」に従うのは、セクハラを撤回した側の言うがまま

↓2021/04/18加筆

■映画の制作現場からハラスメントについて考える | 大九明子×深田晃司 対談

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ