【ワークショップ・オーディション】東京芸術祭2018「2018年10月公演『野外劇 三文オペラ』出演者募集」12/23-29実施※12/10〆切(郵送のみ)

 宮城聰さんが総合ディレクターをつとめる「東京芸術祭2018」において、2018年10月(予定)に『野外劇 三文オペラ』が上演されます。演出はイタリア人演出家のジョルジオ・バルベリオ・コルセッティさん。2014年のアヴィニョン演劇祭の開幕演目として法王庁中庭で『ホンブルクの公子』を演出されています。

 全ての出演者がワークショップ・オーディションから選ばれます。詳細は公式サイトでご確認ください。
 二次選考の実技審査(ワークショップ形式)の期間が12月23日~29日(7日間)と長いです。お気を付け下さい。

●東京芸術祭2018『野外劇 三文オペラ』
 作:ベルトルト・ブレヒト 音楽:クルト・ヴァイル 訳:大岡淳
 演出:ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ
 総合ディレクター:宮城聰(演出家、SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督)
 稽古開始:2018年8月初旬~
 日程:2018年10月(予定)[東京芸術祭2018会期中]
 会場:池袋西口公園(予定)

●オーディション
・エントリー受付期間 2017年11月30日(木)~12月10日(日)【必着】
・応募条件(抜粋)
 2018年4月1日時点で18歳以上の男女。
 国籍不問(ただし、相応の日本語能力を必要とする)。
 『三文オペラ』中の楽曲が歌えるレベルの歌唱能力(日本語)があること。
・待遇:謝礼あり(出演料)
・選考方法
 1.一次選考【書類審査】
  12月10日(日)〆切 ※郵送必着・メール不可
 2.二次選考【実技審査(ワークショップ形式)】
  日程:2017年12月23日(土)~12月29日(金)
  会場:東京芸術劇場

 宮城:出演者は全員、ネームバリューや人脈を顧慮しない、実力本位のオーディションでコルセッティ氏本人が選びます。稽古期間もじゅうにぶんに確保して、熟達の演出家が思うさま腕をふるった芝居がいかに楽しいものかを存分に味わっていただけるようにと考えております。

 このエントリ―に続きはありません。

【ワークショップ】鍬田かおる「12月:ラバン入門/モノローグ/シーンをつかって」12/26-31レインボーコート参宮橋スタジオ※12/25〆切・満員になり次第〆切(メールのみ)

 俳優指導者の鍬田かおるさんのワークショップ情報です(⇒前回の紹介文)。12月は3種類のクラスが開講します。11月のクラスが早めに定員に達したこともあり、2ヵ月連続になったようです。申込〆切は3クラスとも12/25です。ただし満員になり次第〆切られ、その後はキャンセル待ちになります。

 ↓鍬田さんは新国立劇場オペラ研修所で講師をされています。

●クラスの種類(計3種類)
【1】ラバンのエフォート入門(⇒公式、⇒facebook
  対象:初心者可/定員:16名以下/14,040円(3回)
【2】モノローグ(⇒公式、⇒facebook
  対象:【1】の経験者/定員:10名以下/16,500円(3回)
【3】シーンをつかって(⇒公式、⇒facebook
  対象:【2】の経験者/定員:8名以下/38,880円(6回)

 “「ナショナル・シアター・ライヴ」レベルのクオリティーを目指すベテランも歓迎”というクラスもあります(【3】)。“鬼軍曹”の名を欲しいままにする(笑)、鍬田さんの公式ブログ「Kaoruの演劇スタジオ」は読みごたえあり!(毎月ツイッターでご紹介しています) 【1】は初心者歓迎ですので、本気で取り組みたい方は飛び込んでみてください。

●タイムテーブル
12月26日(火)【2】10:00~12:45/【3】13:00~18:00/【1】19:00~21:45
12月27日(水)【2】10:00~12:45/【3】13:00~18:00/【1】19:00~21:45
12月28日(木)【2】10:00~12:45/【3】13:00~18:00/【1】19:00~21:45
12月29日(金)10:00~18:00【3】
12月30日(土)10:00~18:00【3】
12月31日(日)10:00~18:00 (+フィードバック等あり)【3】
※会場:3クラスともレインボーコート参宮橋スタジオ(渋谷区代々木4-11-3 B1F)

 ↓英国アレクサンダー・テクニーク教師協会(STAT)認定教師である鍬田さんが、日本で初翻訳して出版したF.Mアレクサンダー自身の著作はこちら。

自分のつかい方
自分のつかい方
posted with amazlet at 15.11.05
フレデリック・マティアス・アレクサンダー 鍬田かおる
晩成書房
売り上げランキング: 412,807

 
以下、主催者よりいただいた情報です。

【ワークショップ】ENBUゼミナール「俳優ワークショップ(講師:辻村優子)初心者向け(モチーフ:短冊又は手紙)」12/7(木)、1/17(水)実施※毎月開催・〆切明記なし(専用フォーム、メール、電話)

 毎月開催されている、辻村優子さんによる俳優向けワークショップ。私自身が参加して以来、ご紹介しています(⇒前回の紹介記事)。過去のレポートなどを参考にして、参加をご検討くださいませ♪

 詳細は公式サイトでご確認ください。手ぶらで参加可能。上履きも不要。お気軽にどうぞ!

 ⇒短冊の回のレポート
 ⇒手紙の回のレポート

 12/7(木)19:00-22:00※短冊
 1/17(水)19:00-22:00※手紙

 料金4,000円
 割引特典:初心者向けワークショップを受けた方はリピーター割引料金3000円となります
 定員:12名

【ワークショップ】横浜アーツフェスティバル実行委員会「森山未來、エラ・ホチルドによるダンスワークショップ」11/23実施※11/14〆切(メールのみ)

 横浜赤レンガ倉庫にて、森山未來さんとエラ・ホチルドさんによるダンスワークショップが開催されます。受講対象は中学生から大学生、ダンスに携わっているもしくは教える機会のある教師・講師。詳細は公式サイトでご確認ください。

●横浜アーツフェスティバル実行委員会「森山未來、エラ・ホチルドによるダンスワークショップ」
【開催日】平成29年11月23日(木・祝)
【場所】横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール
【時間】
 [中・高生クラス]13:00~15:30(12:30受付開始)
 [大学生以上クラス]16:30~19:00(16:00受付開始)
【募集人数】各回30名程度
【参加費】無料
【持ち物】ダンスのできる服装、うわ履き、飲み物

 以下、公式サイトより

【ワークショップ】ゴーチ・ブラザーズ「英国演出家サイモン・ゴドウィン氏による俳優ワークショップ(3日間)」12/13-15都内スタジオ※11/27〆切(郵送またはメール)

 ゴーチ・ブラザーズが「英国演出家による俳優ワークショップ」を開催します(⇒前回の告知エントリー)。今回の講師は演出家のサイモン・ゴドウィンさん。NTLive「人と超人 Man and Superman」を演出された方です…!!!

<Simon Godwin Actors’ Workshop >
期間:12月13日(水)~15日(金)
時間:全日程共通 13時~18時 ※全日程共通 
於:都内スタジオ
参加費:28,000円+税(30,240円)
定員:20名(応募多数の場合、書類選考あり)
募集締め切り: 11月27日(月)正午必着

 以下、主催者よりいただいた情報です。