【オーディション】アジア舞台芸術祭人材育成部門・APAF2018「国際共同ワークショップ参加者(演出家・出演者)募集(期間:10/29-11/12)」07/03実施※06/20(水)23:59〆切(専用フォームあり)

 東京芸術祭・APAF(アジア舞台芸術祭人材育成部門2018)が「国際共同ワークショップ」の参加者を募集しています。詳細は公式サイトをご確認ください。

 2002年から継続開催されている「アジア舞台芸術祭」の記録はこちらで公開されています。総合プロデューサー(現APAFディレクター)は宮城聰さんから多田淳之介さんへとバトンタッチ!

●アジア舞台芸術祭人材育成部門・APAF2018「国際共同ワークショップ」
 期間:2018年10月29日(月)~11月12日(月)
 上演会:2018年11月9日(金)、10日(土)
 上演会会場:東京芸術劇場 シアターウエスト

・面接・オーディション
 日時:2018年7月3日(火)
 募集人数:[演出家]1名 [出演者]6名程度
 (※東南アジアをはじめ海外からの参加者を含め計十数名で実施する予定)
 応募資格(抜粋):原則18歳から40歳 ※《U22枠》あり

 今年のテーマは「Violent」。これまでは「米と稲~食文化の共通性と差異」、「雨」、「化粧」でした。

 このエントリーに続きはありません。

【ワークショップ・オーディション】革命アイドル暴走ちゃん「2018年10月公演WSオーディション(18歳以上の男女対象、WSのみなら中高生可)」06/09-10実施※06/06(水)23:59〆切(メールのみ)

 二階堂瞳子さん率いる「革命アイドル暴走ちゃん」がワークショップ・オーディションを開催します。ワークショップのみなら中高生も参加可能。無料です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 「革命アイドル暴走ちゃん」はこれまでに海外ツアーを6度成功させているパフォーマンス集団です。⇒しらべぇ「人智を超えた「革命アイドル暴走ちゃん」ステージの超カオス

●革命アイドル暴走ちゃん『暴走桜』
 構成・音楽・演出 二階堂瞳子
 日程:10月10日~10月14日 ※変動の可能性あり
 会場:しもきた空間リバティ

・ワークショップ・オーディション
【内容】
 国内外で活躍する演出家・二階堂瞳子によるオリジナルメソッドを体験(※サイリウム付き)
【日時】
 6月9日(土)18:30~21:30
 6月10日(日)18:30~21:30
 参加費無料
【対象】
 心身ともに健康な18歳以上の男女。経験・国籍不問
 WSのみの参加希望の場合、年齢の制限なし。中高生可。
 演出部やサポート、お手伝いスタッフ見学も可。

【ワークショップ】ゴーチ・ブラザーズ「英国演出家リチャード・トワイマン氏による俳優ワークショップ(3日間)」06/22-24実施※06/08〆切(メールまたは郵送)

 ゴーチ・ブラザーズが「英国演出家による俳優ワークショップ」を開催します。今回の講師は2017年にBunkamuraシアターコクーンで『危険な関係』を演出されたリチャード・トワイマンさん。俳優ワークショップの開催は2度目ですね(⇒1度目の告知)。

 昨年12月のサイモン・ゴドウィンさんのワークショップもすごく面白かったです(最終日を見学させていただきました)。ゴーチ・ブラザーズで継続開催されているジョナサン・マンビィさんのワークショップ参加者が『るつぼ』に出演したこともあります。

<Richard Twyman Actors’ Workshop vol.2 >
期間:6月22日(金)~24日(日)
時間:13時~18時 ※全日程共通 
於:都内近郊スタジオ
参加費:40,000円+税(43,200円)
定員:20名(応募多数の場合、書類選考を行います。)
募集締め切り:6月8日(金)必着

 以下、主催者よりいただいた情報です。

【オーディション】ハーベストフィルム「大森立嗣監督オリジナル新作映画の出演者募集(主人公の少年役・12~16歳の男性)」※05/31〆切(専用フォームまたは郵送)

 大森立嗣(おおもりたつし)監督の新作映画の出演者募集です。対象は12歳(中学生)~16歳の男性。詳細は公式サイトでご確認ください。大森監督の父は麿赤児さん、弟は大森南朋さんです。

●大森立嗣監督 最新オリジナル作品
 主人公の少年タロウ役一般公募オーディション
 募集期間 2018年5月14日(土)~5月31日(木)
 撮影予定期間:9月~10月(内1ヶ月間)
 年齢:12歳(中学生)~16歳の男性
 ※プロダクション所属、演技の経験の有無は問いません。
 ※本作は過激な内容が含まれるため、映倫審査による年齢制限の区分が付く可能性が高いです。

 応募方法:WEBまたは郵便
 応募締切日:2018年5月31日(木) ※必着

 大森監督作は映画「まほろ駅前」シリーズという娯楽作もありますが、新作は「過激な内容が含まれる」そうなので、以下が参考になるかと思います。皆とてもいい映画です。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国 [DVD]
ポニーキャニオン (2011-01-19)
売り上げランキング: 115,871

 

ぼっちゃん [DVD]
ぼっちゃん [DVD]
posted with amazlet at 18.05.19
SDP (2014-10-17)
売り上げランキング: 154,772

 

さよなら渓谷(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [DVD]
キングレコード (2016-08-03)
売り上げランキング: 35,559

 

光 [DVD]
光 [DVD]
posted with amazlet at 18.05.21
Happinet (2018-05-02)
売り上げランキング: 5,866

 
 このエントリーに続きはありません。

【オーディション】流山児★事務所「2019年2月公演『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』(作:清水邦夫、演出:西沢栄治)出演者募集(女性)」※応募期間06/01-07/21(郵送またはメール)

 流山児★事務所が2019年2月に、清水邦夫作『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』を西沢栄治さんの演出で上演します。芸術監督は流山児祥さん。

 「彼女たち」役の出演者募集情報です。対象は40歳以上(に見える)の女性。詳細はこちらでご確認ください。

 『雨の夏~』は2009年に蜷川幸雄さんの演出で拝見し、私のその年のベストテン入り(⇒レビュー、⇒wonderlandへの寄稿)。「悲劇喜劇」2016年9月号の特集「追悼 蜷川幸雄」の「わたしの蜷川幸雄作品ベスト3」に選んだ舞台です。

 西沢さんは新国立劇場の「こつこつプロジェクト」に選ばれている演出家です。

●流山児★事務所『雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた』
 作/清水邦夫 演出/西沢栄治 芸術監督/流山児祥
 公演日程:2019年2月1日(金)~10日(日) 
 公演会場:座・高円寺1
・オーディション
 開催日程:2018年7月30日(月)、31日(火) Space早稲田
 応募資格:40歳以上(に見える)の女性で稽古・本番に参加可能な方
 募集する役は「彼女たち」です。本作を読んでおいてください(ハヤカワ演劇文庫)。
 応募期間:2018年6月1日(金)~7月21日(土) ※郵送、メール共に、当日必着

 
 以下、流山児祥さんのfacebookより