【宣伝】「CoRich舞台芸術まつり!2018春」スポンサード公演・オパンポン創造社『さようなら(大阪・東京再演)』特別インタビューを担当しました

 「CoRich舞台芸術まつり!2018春」でグランプリを受賞したオパンポン創造社『さようなら』が、こりっちスポンサード公演として再演されます。特別インタビューを担当させていただきました。

 日程:
 4/11(木)~14(日)@HEP HALL(大阪・梅田)
  予約⇒ https://stage.corich.jp/stage/97985 ※初日の4/11夜は前売り完売!
 4/18(木)~21(日)@シアターKASSAI(東京・池袋)
  予約⇒ https://stage.corich.jp/stage/97986

 ⇒ 特別インタビューページ:https://stage.corich.jp/contents/sayounara
 ⇒ スポンサード公演特設ページ:https://stage.corich.jp/festival2018/sponsored 
 ⇒ グランプリ受賞ページ:https://stage.corich.jp/festival2018/grand_prix#b 
 ⇒ 審査員クチコミ評:https://stage.corich.jp/festival2018/grand_prix07

 オパンポン創造社は作・演出・出演される野村有志さんの一人ユニットです。野村さんを含む出演者の皆様(一瀬尚代さん、川添公二さん、美香本響さん、伊藤駿九郎さん、殿村ゆたかさん)に、大阪の稽古場でお話を伺いました。

【観光記録】愛媛県松山市の坊っちゃん劇場に行ってきました

 自他ともに認める方向音痴&旅行苦手な私が、初めて一人で愛媛県松山市の坊っちゃん劇場に行ってきました。一泊二日の弾丸観劇旅行です。観劇以外にほぼ何もしない色気のない旅程ですが、どなたかのご参考になれば幸いです。

 私が購入したのは成田空港発の安い航空券(JAL、ANAの約3分の1)で、便数も少なかったため、朝早い便に乗って目的の『ミュージカル「誓いのコイン」』14時の回を観劇し、翌日15時以降の便で東京に戻る…はずが(後述)。
 ⇒『誓いのコイン』レビュー

【お知らせ】神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019「Aグループ」5団体の上演終了後のトークセッションに出演します(3/22(金)18:30開演)

 神奈川かもめ「短編演劇」フェスティバル2019(通称:かもフェス19)が3/21(木)~24(日)にKAAT神奈川芸術劇場・大スタジオにて開催されます。
 公式サイト:http://kamofes.jp/
 公式ツイッター:https://twitter.com/kamofes19

 3月22日(金)18:30【Aグループ】上演の後の、トークセッションに出演させていただくことになりました。
 登壇:中屋敷法仁、谷賢一、高野しのぶ(予定) 司会:丸尾聡
 全席指定 一般1,000円 高校生以下500円

 中屋敷法仁さんと谷賢一さんのトークバトルはいつも鉄板の面白さです(笑)。本編の上演と合わせてお楽しみくださいませ!

【意見】「辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票」の結果とその反応まとめ(備忘録)

 2月24日の沖縄県民投票の結果を受けた、ネット上の反応をまとめました。私個人の備忘録です。⇒昨年末にまとめた備忘録

 ・辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否を問う県民投票
 (https://www.pref.okinawa.jp/site/chijiko/kentohyo/index.html

■「辺野古埋め立て」を問う沖縄県民投票の結果

【稽古場レポート】新国立劇場演劇研修所12期生修了公演『るつぼ』01/29新国立劇場地下リハーサル室

チラシと上演台本
チラシと上演台本

 新国立劇場演劇研修所(⇒公式facebookページ、⇒公式ツイッター)の12期生修了公演『るつぼ』の稽古場に伺いました。12期生の現場に伺うのは『朗読劇「少年口伝隊一九四五」』、『トミイのスカートからミシンがとびだした話』以来、3度目です。

 『るつぼ』は米国劇作家アーサー・ミラーの代表作の1つで、1953年ニューヨーク初演のトニー賞受賞戯曲。演出は同研修所長の宮田慶子さんです(過去の稽古場レポート⇒)。宮田さんは2009年の同研修所3期生試演会と、2012年の新国立劇場演劇部門の本公演でも『るつぼ』を演出されています。

●新国立劇場演劇研修所12期生修了公演『るつぼ』⇒公式サイト
 02/08-13新国立劇場小劇場 THE PIT
 作:アーサー・ミラー 翻訳:水谷八也 演出:宮田慶子
 A席3240円 B席2700円 Z席(当日券)1,620円 学生券1000円(予約なくても1000円)。
 ※2/9(土)14時、2/10(日)14時は前売り完売。当日券あり。
 ※上演時間は3時間20分(1幕95分・休憩15分・2幕90分)。

写真左から:河合隆汰、坂川慶成、西原やすあき、福本鴻介 右下:川飛舞花
写真左から:河合隆汰、坂川慶成、西原やすあき、福本鴻介 右下:川飛舞花

 流れや結末を知っていてもハラハラドキドキさせられる、さすがの名作です。若者らしい弱さと焦燥感、躍動する身体が鮮烈で、同じ構造の演出でも全く違うお芝居になっていました。特にラストシーンの印象の変わり具合ときたら!俳優が違うとこんなに変わるのかと、改めて驚かされました。