【2019年11月の観劇予定】

 2019年11月の個人的な観劇予定です。
 11月のお薦め舞台をご紹介するメルマガは10/31深夜に発行予定。
 ★作業が間に合わず、発行を11/1中に延期する可能性があります。2か月連続で申し訳ございません。
 ★本日夜に発行できそうです!(2019/10/31 15時ごろ加筆)

 無料登録⇒https://www.mag2.com/m/0000134861.html
 CoRich舞台芸術!で全国検索して選んでいます。作り手の皆さん、どうぞ公演登録してください!

serial number『コンドーム0.01』10/25-10/31ザ・スズナリ

 レビューは記録のみ。

【稽古場レポート】アヴァンギャルド×コンプレックス『COUPLES 冬のサボテン』10/24都内某所

 新国立劇場演劇研修所10期修了生が旗揚げしたアヴァンギャルド×コンプレックスの稽古場に伺いました。『COUPLES 冬のサボテン』(以下、『冬のサボテン』)は鄭義信(ちょん・うぃしん)さんの1995年初演の戯曲で、ゲイの若い男性たちの物語です。書籍も販売されています。

冬のサボテン
冬のサボテン
posted with amazlet at 19.10.25
鄭 義信
新水社 (1997-02-15)
売り上げランキング: 1,496,069

 
 鄭さんの代表作といえば、『焼肉ドラゴン』が有名ですね。ご自身が脚本・監督を担当された映画もあります。⇒2007年の鄭義信さんインタビュー

焼肉ドラゴン [DVD]
焼肉ドラゴン [DVD]
posted with amazlet at 19.10.25
KADOKAWA / 角川書店 (2018-12-07)
売り上げランキング: 38,842

 
 『冬のサボテン』は上演頻度が高く、私も今までに2種類、拝見したことがあります。韓国でも人気で、俳優、演出家を替えてロングラン上演されてきたとのこと。なんと今回は、初演で出演をされていた鄭さんが、「作・監修」という立場で、初めて演出にかかわっていらっしゃいます!

写真左から:永田涼、中西良介
写真左から:永田涼、中西良介

●アヴァンギャルド×コンプレックス『COUPLES 冬のサボテン
 出演:岩男海史 高倉直人 永田涼 中西良介 大江晋平
 作・監修:鄭義信 作曲:中村中
 会場:小劇場 楽園(下北沢)
 10/31(木) 19:30
 11/01(金) 14:30/19:30
 11/02(土) 13:00/18:00
 11/03(日) 13:00/18:00
 11/04(月・祝) 13:00
 一般前売:3,500円
 カップル割:6000円(2人1組)
 演劇はじめて割:2000円
 当日券は各チケット料金にプラス500円
 ⇒一般前売チケット予約
 ⇒当日精算チケット予約

人形劇団望ノ社『グリーンマン(GREEN MAN)』10/25-10/27プーク人形劇場

 『宇宙カバ』が面白かったので、再び望ノ社(もちのしゃ)の公演に伺いました。

ベルリン・シャウビューネ劇場『暴力の歴史』10/24-10/26東京芸術劇場プレイハウス

 ドイツ人演出家のトーマス・オスターマイアーさんが、2016年に書かれたフランスの小説を舞台化。ドイツ語上演、日本語・英語字幕付きで上演時間は約2時間15分(休憩なし)。東京芸術祭の演目です。

 メルマガ2019年10月号で今月のお薦め3本としてご紹介していました。