新国立劇場演劇『赤道の下のマクベス』03/06-25新国立劇場小劇場

 ↓ロビーで戯曲掲載の雑誌を販売中。

悲劇喜劇 2018年 03 月号
悲劇喜劇 2018年 03 月号
posted with amazlet at 18.03.08
早川書房 (2018-02-07)


≪あらすじ≫ 公式サイトより
1947年夏、シンガポール、チャンギ刑務所。
死刑囚が収容される監獄・Pホールは、演劇にあこがれ、ぼろぼろになるまでシェイクスピアの『マクベス』を読んでいた朴南星(パク・ナムソン)、戦犯となった自分の身を嘆いてはめそめそ泣く李文平(イ・ムンピョン)、一度無罪で釈放されたにも関わらず、再び捕まり二度目の死刑判決を受けるはめになった金春吉(キム・チュンギル)など朝鮮人の元捕虜監視員と、元日本軍人の山形や黒田、小西など、複雑なメンバーで構成されていた。
BC級戦犯である彼らは、わずかばかりの食料に腹をすかし、時には看守からのリンチを受け、肉体的にも精神的にも熾烈極まる日々を送っていた。
ただただ死刑執行を待つ日々……そして、ついにその日が訪れた時……。
≪ここまで≫

 ここからネタバレします。

 パンフレットによると、日本版では小西の役が追加されたそうです。以下、戯曲より。

 南星:捕虜監視員の試験を受けない道、野口部隊の訓練に耐えない道、鉄道隊に病気の捕虜を渡したりしない道、どんなことがあろうと、捕虜を殴ったりしない道……独立運動に身を投じる道だってあったはずだ。
 春吉:(さえぎって)みんな不可能だ!

 ↓2018/03/09加筆

≪東京、兵庫、愛知、福岡≫
【出演】朴南星(朝鮮人・捕虜監視員だった):池内博之 山形武雄大尉(日本人・大本営をまだ信じている):浅野雅博、李文平(朝鮮人・泣き虫で毎晩看守に暴行を受けている。母に手紙を書くが、母は自殺):尾上寛之、金春吉(朝鮮人・一度釈放されたが上海から連れ戻される。懲役20年に減刑され違う部屋に移動):丸山厚人、黒田直次郎(日本人・2人殺したと告白):平田満、小西正蔵(日本人・大尉を尊敬):木津誠之、ナラヤナン(シンガポール人看守リーダー):チョウヨンホ、看守A:岩男海史、看守B:中西良介
脚本・演出:鄭義信
美術:池田ともゆき
照明:笠原俊幸
音楽:久米大作
音響:福澤裕之
衣裳:半田悦子
ヘアメイク:川端富生
擬闘:栗原直樹
振付:吉野記代子
演出助手:城田美樹
舞台監督:北条孝
方言指導:岐部公好 井上祐子
韓国語指導:金世一
英語指導:鈴木なお
擬闘助手:西村悟
プロンプ:岩男海史
制作助手:冨永直子
制作:永田聖子
プロデューサー:井澤雅子
芸術監督:宮田慶子
【発売日】2018/01/20
A席:6,420円 B席:3,240円 Z席1,620円
『1984』2公演セット券(S席):10,000円
※就学前のお子様のご同伴・ご入場はご遠慮ください。お子様も1人1枚チケットをお求めください。
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009660.html
http://stage.corich.jp/stage/89515
https://www.facebook.com/ryosuke.nakanishi.125/posts/1507053512711834?pnref=story

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ