【ワークショップ】多摩市「NYシアターエデュケーションプログラム×パルテノン多摩(ZOOM)」01/09-01/16実施※01/06〆切(専用フォームあり、定員になり次第〆切)

 「シアターエデュケーション(演劇教育)」が確立されているニューヨークでは2020年3月以降、対面での演劇ワークショップができなくなり、現在はさまざまなワークショップがオンラインで行われているそうです。

 パルテノン多摩で行われる「NYシアターエデュケーションプログラム2020」は、それらのオンライン・ワークショップを「知る」「体験する」「学ぶ」の3段階で体験できるプログラム(A~Dの4種類)です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 講師はアメリカ在住のステファン・ディメンナさんと森永明日夏さん。日本語通訳あり。各プログラムは見学も可能(通し券/一日券あり)。ZOOMを使ったオンライン講座なので、世界中どこからでも参加できますね。「プログラムA」は誰でも参加可能かつ無料ですので、興味のある方は申し込んでおくといいかも!

◆プログラムA・知る「NYのシアターエデュケーションの取り組み」
1月9日(土)10:00~12:30
対象:どなたでも
定員:100名
料金:無料

◆プログラムB・学ぶ「ファシリテーター養成講座」
1月10日(日)10:00~12:30
対象:実演家・教育関係者・ファシリテーターに関心のある方など
定員:20名
料金:一般2,000円 市内在住・在勤・在学=1,600円

◆プログラムC・体験する「演劇ワークショップ」
1月11日(月)10:00~12:30
対象:どなたでも
定員:20名
料金:一般1,000円 市内在住・在勤・在学=800円

◆プログラムD・さらに学ぶ「ファシリテーター育成プログラム」
最終日はフィードバックとディスカッション
D-1 1月13日(水) ※見学のみ可
D-2 1月14日(木) ※見学のみ可
D-3 1月15日(金) ※見学のみ可
D-4 1月16日(土) ※見学のみ可
対象:実演家・教育関係者・ファシリテーターに関心のある方など

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

【2020年しのぶの観劇ベストテン】

 2020年のしのぶの観劇ベストテン(など)を発表します。コロナ禍で3月以降の観劇数が激減し、年間観劇本数は46本でした(4月以降の劇場観劇は4本です)。ライブ配信、アーカイブ配信などは22本拝見しました。舞台作品の映像鑑賞は家のテレビやパソコンでネット上の動画を見るのと同じ体験になるので、私は相変わらず苦手です…。

 無理やり順位をつけたベストテンは「CoRich舞台芸術アワード!2020」に投票済みです。日本劇団協議会の会報紙「join」の「私が選ぶベストワン2020」、シアターアーツ「2020年年間回顧」にも参加予定です。まとまった本数を観ていないのに…と参加を躊躇しましたが、2020年も舞台作品はたくさん生み出されました。私が劇場に行けなかったことも含めて、記録に残そうと気持ちを切り替えました。

 「CoRich舞台芸術アワード!」の第1位賞金は20万円!投票は1月8日(金)13時まで。下記連投ツイートに投稿方法などの説明あり。今からクチコミしてご参加を!

【ようこそ!】しのぶの演劇レビューへ

高野しのぶの観劇感想文(レビュー)などを掲載するサイトです。 ⇒twitter ⇒facebookページ

 ★お薦めお芝居紹介メルマガを発行 ⇒100号 ⇒10周年 ⇒メルマガ発行休止のお知らせ(2020年5月) ⇒2021年1月の気になる舞台
 ★CoRich舞台芸術!で今、面白い舞台を検索♪ ⇒しのぶMyページ

宣伝】小沢道成さんと田中穂先さんへのインタビュー記事公開/EPOCH MAN『夢ぞろぞろ』(2021年2月・下北沢公演)

●【コロナ禍】舞台芸術関係者向けのリンク集
 ⇒創造都市ネットワーク日本「新型コロナウイルス感染症に対する文化芸術活動への自治体支援情報
 ⇒緊急事態舞台芸術ネットワーク舞台芸術関係者(個人・団体)向け自己診断チャート
 ⇒小劇場演劇の制作者を支援するサイト「fringe
 ⇒内閣府「イベント・エンターテインメントに携わる方々への緊急経済支援策
 ⇒文化庁「文化芸術関係者に対する支援情報窓口
 【資料募集】早稲田大学演劇博物館「新型コロナウイルス対応にともなう中止・延期公演の資料提供のお願い」
 【個別相談】緊急事態舞台芸術ネットワーク「JPASN助っ人センター「舞台芸術関係者(個人・団体)のための、支援策に関する個別相談(ZOOM/1回40分間/無料)」」予約フォームあり
 【個別相談】経済産業省「コンテンツグローバル需要創出促進事業費補助金(通称:J-LODlive)オンライン個別相談会」実施中(ZOOM/1回20分間/無料)※先着順予約

●【提案】舞台の稽古場でパワハラ、セクハラなどのハラスメントについての講習を行ってはどうか()()(
●【意見】京都市と京都市音楽芸術文化振興財団が「ロームシアター京都館長問題に係る信頼回復の取組について」を公開
●【アンケート】表現の現場調査団「表現に関わる人々を対象としたハラスメント実態調査」2021/1/17〆切

■厳選!ワークショップ・オーディション情報など■
ワークショップ】国際演劇協会日本センター(ITI)「ワールド・シアター・ラボ「海外戯曲の戯曲読解ワークショップ(2講座)」(オンライン)」01/25~01/31実施※01/15〆切(専用フォームあり、選考あり)
ワークショップ】シアター風姿花伝「個人向け演技コーチング ~自分の可能性を広げる~」(講師:山中結莉)」02/05-02/07(対面)、02/09-02/10(オンライン)※01/15昼12時受付開始、先着順、〆切は実施日の3日前まで(専用フォームあり)
ワークショップ】日本劇団協議会「ロシア演劇の俳優術 役を生き、役を遊ぶ技術ワークショップ(講師:横尾圭亮)」02/24-03/01実施※02/13〆切(専用フォームあり)

【コロナ禍89】厚生労働省が「自費検査を提供する検査機関一覧」を公開/年末年始は睡眠時間を増やします

 12/20(月)の週から東京では1日の新規感染者が激増し(500~900人台へ)、この1週間の東京の感染者合計は約5000人でした。言うまでもなく過去最多です。⇒前回の【コロナ禍】はこちら

「東京コロナカレンダー」より画像を拝借
東京コロナカレンダー」より画像を拝借

 また、非常にショックなのですが、東京は「医療崩壊」したようです…2020年2月から噂されていた「医療崩壊」が数字で明らかになったと思います。

 コロナに罹らないように石鹸手洗い、マスク着用(不織布)、社会的距離を徹底し、病院に行かなくて済むような日常生活を送らなければと思います。お正月あるあるの「お餅をのどに詰まらせる」とか、少し無理をしたせいで「鼻風邪を引く」とか…いつもより気をつけて防げることはありますよね。睡眠時間を多い目に取るのも有効な気がします。寝たもん勝ちや!

 自分の体に異変を感じたり、近しい人のコロナ陽性が判明したりしたら、すぐにPCR検査を受けられるように、年末年始も対応してくれる機関の郵送PCR検査キットを購入しました。こんな心配と出費は、政府が感染対策を徹底していれば避けられたことです。

■厚生労働省「自費検査を提供する検査機関一覧」(本来なら国が無料検査を徹底すべき)
 ※東京は42か所ありました。