【コロナ禍69/資料募集】早稲田大学坪内博士記念演劇博物館「新型コロナウイルス対応にともなう中止・延期公演の資料提供のお願い」

 早稲田大学にある演劇博物館が、新型コロナウイルスの感染拡大のために中止、延期となった公演の資料提供を呼び掛けています。「日本演劇史の貴重な資料として当館で保管し、次代へと継承してまいりたく存じます」とのこと。詳細は公式サイトでご確認ください。⇒コロナ禍68

【ご提供をお願いしたいもの】 ※可能な範囲でご検討ください
1.チラシ(複数部〈2~5部程度〉お願いできますと幸いです)
※すでに紙媒体がお手元にない場合、また印刷前に中止・延期等が決まった場合などデータでのご提供が可能でしたら、ご検討いただけますと幸甚に存じます。
2.ポスター
3.プログラム、パンフレット
4.台本
5.公演中止を知らせるDM等の文面
6.その他(ご寄贈いただけるものがございましたらご教示ください)

【コロナ禍68/勉強会】緊急事態舞台芸術ネットワーク「小劇場のための(小劇場でなくても受けられる)、J-LODlive補助金と主な支援制度」勉強会(ZOOM開催)」07/05(日)11:00~13:00実施※〆切なし(専用フォームあり)

 J-LODlive補助金の勉強会第二弾です(⇒第一弾の告知)。参考⇒【コロナ禍65】【コロナ禍67
 公演主催者ならだれでも参加可能です。詳細は公式サイトでご確認ください。

 ★演劇業界の動きを伝える配信「文化庁緊急総合支援パッケージ徹底攻略!」(7/3(金)20時~)もご確認ください。

 野田秀樹さんが聴き手になって、骨董通り法律事務所の福井健策さんが初歩的な解説をしてくださるとのこと。

日時:2020年7月5日(日)11:00~13:00
実施方法:ZOOMにて実施
内容:
 J-LODlive補助金Q&A
 文化庁支援制度(特に1~3)の入門編
 支援策自己診断フローチャート、法人化ガイドの紹介

【コロナ禍67】緊急事態舞台芸術ネットワーク「舞台芸術関係者(個人・団体)向け自己診断チャート」

 緊急事態舞台芸術ネットワークが「舞台芸術関係者(個人・団体)のための自己診断チャート」を公開しました。参考⇒【コロナ禍65】【コロナ禍66

 1問ずつワンクリックで答えていけば、支援策をアドバイスしてくれます。

KAAT神奈川芸術劇場「『未練の幽霊と怪物』の上演の幽霊」06/27-06/28(YouTube無料配信)

 KAAT神奈川芸術劇場で上演予定だった岡田利規さんの新作舞台『未練の幽霊と怪物』の一部が、YouTubeで配信されました。題名は「『未練の幽霊と怪物』の上演の幽霊」。

 戯曲「未練の幽霊と怪物 挫波/敦賀」は白水社より発売されます。『NŌ THEATER』を併録。

【書籍】石原燃著「赤い砂を蹴る」(文學界6月号)

 劇作家の石原燃さんの小説が芥川賞候補になったと知り、早速、掲載誌を買って読みました。こちらで冒頭部分が読めます。

 最近拝見できた石原さんの作品(戯曲)はPカンパニー『白い花を隠す』です。他だと、非戦を選ぶ演劇人の会などで触れていたかもしれません。