【ワークショップ・オーディション】StoneCrabs&BUSU Theatre「2020年夏の英国公演の出演者募集(ワイト島、ロンドン、エジンバラを予定)」09/09、11、13、14、16、18実施(参加日時は応募後に連絡)※先着順、09/17〆切(メールのみ)

 2017年に英国公演を行った日本のユニットBUSU Theatreが、英国の劇団StoneCrabsと2020年に英国で公演を行います。その出演者募集のためのワークショップ・オーディション情報です。ワークショップは無料で、何日参加してもOK。

 (公財)日本劇団協議会「<英国発>演劇人のためのワークショップ」と合わせて、白坂恵都子さんよりいただいた情報です。白坂さんは2016年に文化庁の海外研修制度でイギリスに滞在し、現在は日本とイギリスで活動をされています。

〈公演概要〉
演目:(『ゴドーを待ちながら』をモチーフにした作品の予定)
演出:フランコ・フィギュレド
稽古:2020年6月中旬~(東京にて)、7月中旬~(英国にて)
本番:2020年7月下旬~8月中旬
参加資格(抜粋):
・ある程度、英語でコミュニケーションが取れる人
参加条件(抜粋):
・英国での宿泊費、英国内の交通費は現物支給

〈ワークショップ・オーディション概要〉
日時:2019年9月
9日(月)18時~22時
11日(水)13時半~17時半
13日(金)13時半~17時半
14日(土)13時半~17時半
16日(月)18時~22時
18日(水)13時半~17時半
※お送りいただいたプロフィールを元に書類選考を行い、来ていただきたい日程をご連絡します。
※何日参加しても可

会場:Studio Lab (東京都杉並区阿佐谷南1-9-6-B1)
内容: 『ゴドーを待ちながら』を題材にしたエチュードなど
料金:無料
定員:各日10名
※オーディション合格者の目安は0~3名

 以下は主催者からいただいた情報です。

 英国の劇団StoneCrabsとBUSU Theatre(2017年に英国公演を行った日本のユニット)が協同で、2020年に英国(ワイト島、ロンドン、エジンバラを予定)で公演を行います。出演者募集につき、ワークショップ・オーディションを開催します。

〈公演概要〉
演目:(未定ですが、『ゴドーを待ちながら』をモチーフにした作品の予定)
演出:フランコ・フィギュレド
稽古:2020年6月中旬~(東京にて)、7月中旬~(英国にて)
本番:2020年7月下旬~8月中旬

参加資格(以下のすべてを満たす人)
・ある程度、英語でコミュニケーションが取れる人
・ある程度、コメディのセンスがある人
・ある程度、身体能力のある人
・上記稽古・本番期間にNGのない人
・宣伝(SNSや街頭でのチラシ撒き等)やスタッフワーク(衣裳、小道具、搬入出)にも協力できる人

参加条件
・英国での宿泊費、英国内の交通費は現物支給
・日本と英国の往復渡航費、生活費等は各自でご負担いただく予定ですが、チケット収入が予想を上回った場合は、些少ですがギャラをお支払いします

〈ワークショップ・オーディション概要〉
日時:2019年9月
9日(月)18時~22時
11日(水)13時半~17時半
13日(金)13時半~17時半
14日(土)13時半~17時半
16日(月)18時~22時
18日(水)13時半~17時半
※何日参加しても可

会場:Studio Lab (東京都杉並区阿佐谷南1-9-6-B1)
内容: 『ゴドーを待ちながら』を題材にしたエチュードなど
料金:無料
定員:各日10名
※オーディション合格者の目安は0~3名

応募方法:件名を「StoneCrabs英国公演オーディション」として、下記をe.shirasaka88(アットマーク)gmail.comまでメールにてお送りください。
・氏名(ふりがな)
・連絡先(メールアドレス・電話番号・住所)
・希望日(何日参加しても可)
・プロフィール(形式自由)※英語力、身体能力について資格や経験を明記してください。

選考について:
お送りいただいたプロフィールを元に書類選考を行い、来ていただきたい日程をご連絡します。
ワークショップ・オーディション最終日の前日まで募集を行いますが、応募者多数の場合は早めに締め切ります。

お問い合わせ:e.shirasaka88(アットマーク)gmail.com

英国側プロデューサー・演出:フランコ・フィギュレド
劇団ストーン・クラブズの創立者・芸術監督。ブラジルとイギリスで演出家として活動。2015年から毎年ワークショップ講師として渡日。2017年に狂言『附子』『綾の鼓』(再演)の英国公演を演出。2018年1月に東京で『アスファルト・キス』を演出。2019年は『The Trial』を演出し、現在英国ツアー中。

日本側プロデューサー:白坂恵都子
演劇集団キャラメルボックス演出部所属。英国のローズ・ブラフォード大学にて演劇と演技指導について学ぶ。2016年に文化庁新進芸術家海外研修制度にて英国で研修。2017年にBUSU Theatreのメンバーとして英国公演に参加。2016年と2018年にロンドンにて日本の現代戯曲を紹介するリーディング公演をプロデュース。

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ