【意見】7/21(日)の参議院議員選挙を前にした映像・舞台芸術関係者の発言のまとめ(7月14日時点)

 7/21(日)の参議院議員選挙に向けて、私はツイッターなどで積極的に政治的発言をしております。私の立場はこのウェブサイトの【意見】と題した投稿でお読みいただけます。

 「映像・舞台芸術関係者のツイートまとめ」の3つ目です(⇒7月11日7月13日)。よかったら広めていただきたいです。ご家族、ご友人など、身近な方に選挙の話をしてください。
 テレビでの選挙報道がとても少ないようで、情報が行き届いていません。私は投票率が下がることをとても危惧しています。

 ■猫背椿氏「演劇ってすごく面白いし最高なので(略)選挙に行くんだよ!!!!!!!!」

 ※私が見つけられた限りなので網羅はできません。申し訳ないのですが、今後の更新もお約束はできません。かなりアバウトなものですので、ご了承くださいませ。

■八代進一氏「本当に思い知らせたい。国民(我々)を馬鹿にしている奴らに いい加減思い知らせたい。一票の重さというものを。」

■木内宏昌氏「政治家によって自分が変えられることを拒否するために選挙に行く」

■白井珠希氏「私たちの未来、子どもたちの未来に直接関わること。ひとりひとりが、心地よく生きられるように。絶対に投票へ行きましょうね!」

■石井路子氏「若者の生活も直撃してるから、選挙に行こう」

■詩森ろば氏「参院選のシステムは、選挙に慣れてないひとには難しすぎる」「国も選挙も良くしたければ制度設計がとても大切」

 ※詩森さんは映画「新聞記者」の脚本を担当されました。
  私の映画「新聞記者」レビュー:http://shinobutakano.com/2019/07/05/12682/

 ※↓こちらの動画がわかりやすいです。

■伊達なつめ氏が東京都の候補全20名のうち「「文化芸術マニフェスト」を提示し「本気」が感じられる内容は吉良佳子候補1名のみ」とツイート

■野口卓磨氏「各候補者の文化芸術に対するマニフェスト、知見、本気度が比較できます」

■野口卓磨氏「この国の問題は与党でも野党でもなく、有権者だ」「山本太郎議員は一貫してる」

■野口卓磨氏「映画「主戦場」をまだ観てない方は、是非投票の前に観てください」

■君澤とおる氏がアニメ『戦争のつくり方』の「政府は戦争は出来ると憲法を書き換える」について、「自民党が本気でやろうとしてること」とツイート

■上野紀子氏が「老後は2000万円必要」の報告書をまとめた担当局長が退任したニュースに対し、「映画『新聞記者』観た直後にこのニュース…。あれはフィクションじゃない、確実に」と発言。

■松田弘子氏が「「れいわ新選組」を、テレビに出してください」キャンペーンに賛同

■竹中香子氏「youtubeにたくさん出ているれいわ新撰組の動画をひとつでも見たら、本当に今回の「選挙」にハマるはず」「とうとう「政治って難しくてわからない」って言い訳させてくれないスターたちが現れた」
 全文:https://www.facebook.com/kyoko.takenaka1/posts/10219523692739849

■本吉英人氏「潜在的に公明党が嫌いな人ってたくさんいるんだな」「創価学会と公明党ってそんなにすきま風があるんだったら学会員は離反すべきじゃないか」

■綾門優季氏「ここまでやりたい放題やって自民党が圧勝するのなら、『1984』を喫茶店で読んでいるだけで警察が来る、香港のような事態も時間の問題」

■しのぶの主張:
 自民党と公明党、そして維新は自分勝手をし過ぎました。生活を少しでも良くするために、野党に投票しましょう
 私にとって野党とは、れいわ新選組、日本共産党、社民党、立憲民主党です。国民民主党は信用していないので含みません。野党でも「維新」は与党と同じで、「N党(NHKから国民を守る党)」は極右なので、投票しないでください。

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ