【稽古場レポート】新国立劇場演劇研修所12期生試演会『トミイのスカートからミシンがとびだした話』12/17新国立劇場・合唱リハーサル室

 日本唯一の国立俳優養成所である新国立劇場演劇研修所(⇒公式facebookページ)が、12期生の試演会として三好十郎の1951年初演作『トミイのスカートからミシンがとびだした話』を上演します。67年ぶり、初演以来初めてという、とても貴重な公演です。前回の朗読劇に続いて、12期生の稽古場にお邪魔しました。

 過酷な状況に右往左往する自分自身を笑い飛ばし、時に健気に、時にふてぶてしく乗り越えていく、庶民の群像劇です。台本を一読し、くすりと笑いながら涙ぐんでしまいました…。
 本格的な美術、衣装などが揃う公演で、いつもながらチケット代が安い!

●新国立劇場演劇研修所12期生試演会
 『トミイのスカートからミシンがとびだした話』⇒公式サイト
 会場:新国立劇場小劇場THE PIT
 10月26日(金)19:00
 10月27日(土)14:00 ※残席わずか!終演後に研修所説明会あり♪
 10月28日(日)14:00 ※残席わずか!
 10月29日(月)19:00
 10月30日(火)19:00
 10月31日(水)14:00
 上演時間:約2時間半(休憩15分を含む)を予定。
 A席3,240円 B席2,700円 Z席(当日券)1,620円 学生券1,000円
 ⇒チケット購入サイト ⇒チケット購入用電話:03-5352-9999

写真(敬称略):演出の田中麻衣子(右端)
写真(敬称略):演出の田中麻衣子(右端)

 公演中に無料の説明会↓があります。関心がある方なら誰でも参加可能。観劇とあわせてどうぞ!

 15期生の募集概要↓も公開されています(⇒告知エントリー)。

ナショナル・シアター・ライヴ2018「フォリーズ」10/19-25 TOHOシネマズ日本橋

 欠かさず見るようにしているナショナル・シアター・ライヴ(⇒前回のレビュー)。今回も母と行けました…!がんばった!

 『フォリーズ』は1971年初演のスティーヴン・ソンドハイムさん作詞・作曲のミュージカルで、トニー賞最優秀楽曲賞受賞作です。ナショナル・シアターで2017年にドミニク・クックさんの演出で上演されました(映画冒頭のインタビューより)。同劇場では1987年(だったかな?)以来の上演だったとのこと。

 パンフレット(800円)によると、出演者37人、ミュージシャン21人という大きなプロダクションで、装置も衣装も豪華!2018年のローレンス・オリヴィエ賞で最優秀ミュージカル・リバイバル賞、最優秀衣裳デザイン賞(ヴィッキー・モーティマー)を受賞しています。2019年2/4~3/26までオリヴィエ劇場で再演予定。
 
 2時間35分(休憩なし)はちょっときつかったですが、もともとの上演が休憩なしだったんですね。

東京芸術祭2018『野外劇 三文オペラ』10/18-28池袋西口公園

 「東京芸術祭2018」の「東京芸術祭直轄プログラム」を拝見。イタリア人演出家ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティさんによる『野外劇 三文オペラ』では、フル・キャスト・オーディションが実施されました。選ばれた出演者による約2時間の野外劇です。外側から覗き見できますよ~!

 今回の新訳の書籍↓が発売中(2018/10/22加筆)。

三文オペラ
三文オペラ
posted with amazlet at 18.10.22
ベルトルト ブレヒト
共和国
売り上げランキング: 9,667

 

東京工業大学リベラルアーツ研究教育院主催シンポジウム「AIとヒューマニティ」10/17東京工業大学大岡山キャンパス西9号館2階ディジタル多目的ホール

 東京工業大学のシンポジウム(無料)を拝聴しました。テーマは「AIとヒューマニティ」。池上彰さんが司会で、パネリストは國分功一郎教授、調麻佐志教授、俳人の大塚凱さんです。

 予約不要、全席自由で整理番号配布制。250席のホールは満席で補助席を出し、入れなかった約100人は他の部屋で中継映像をご覧になっていたとのこと。

川崎市アートセンター・しんゆりシアター『三人姉妹』10/13-10/21川崎市アートセンター・アルテリオ小劇場

 文学座の五戸真理枝さんがチェーホフ作『三人姉妹』を演出。翻訳は安達紀子さんのもの(群像社刊)です。上演時間は2時間50分、休憩10分込み。

 抽象美術にほぼ具象衣装の、原作に忠実な『三人姉妹』で、とても良かった!! 軽やかで真実味のある演技の応酬で、全ての登場人物に説得力があります。現実と接続する仕掛けも奏功。セリフ劇がお好きな方にオススメしたい正統派芝居です。豪華出演者でお値打ち価格!