KAAT神奈川芸術劇場『春のめざめ』05/05-23神奈川芸術劇場・大スタジオ

 ドイツの劇作家ヴェデキント作、1891年初演の『春のめざめ』をKAAT芸術監督の白井晃さんが演出されます。上演時間は約2時間10分、休憩なし。東京公演は追加公演も一瞬で完売してました。

 私はとっても好きな戯曲で、2012年にSPACで拝見。ブロードウェイ・ミュージカル版(2006年)が劇団四季でも上演されていました(関連リンク⇒)。2015年には、耳の不自由な俳優が多数出演するバージョンが話題になりました。

 性に目覚める思春期の少年少女とその親たちの残酷な物語で、発表当時は上演禁止の処分を受けていたそうです。↓劇場ロビーで購入しました。
 

春のめざめ (岩波文庫)
春のめざめ (岩波文庫)
posted with amazlet at 17.05.21
岩波書店
売り上げランキング: 11,177