ホリプロ『娼年』08/26-09/04東京芸術劇場プレイハウス

娼年
娼年

 三浦大輔さんが石田衣良さんの小説(「娼年」・「逝年」)を演出される新作です。脚本も三浦さんが手掛けられています。松坂桃李さんと高岡早紀さんの意味ありげなチラシで、なんとなく内容は想像できると思いますが、現代の「男娼」を描いた作品です。約3時間10分弱(途中15分の休憩を含む)。

 「R-15指定」ですが…。もうよくわからないですね、ここまで大っぴらな「セックス・ショー」だと…。何歳までNGで何歳からOKかなんて…。共に疑似体験してうっとり(しっぽり)するのか、面白がる(笑っちゃう)のか、「勉強になるな~」と感心して凝視するのか、人間の生態として冷静に観察するのか、「松坂桃李かっこいい♪」とミーハー気分を徹底するのか…。心構えをしておいた方がいいのではないかと、個人的には思います。

 私はもう、最初のアノ場面で、辛くて劇場を出ようかと思ったんですが、ストーリーも知りたいし変化も見届けたいし…という欲を燃料にエンジンを吹かせて、途中休憩も乗り越え、最後まで拝見。体がガチガチに固まってしまった…。フラフラになって帰宅しました。

 ある意味、一般9800円は安すぎるのかもしれません。「1万円以下は不合格」ですしね(笑)。

 ⇒「松坂桃李が娼夫を演じる舞台『娼年』。脚本・演出の三浦大輔の挑戦について、佐津川愛美、猪塚健太も交え話を訊く。

娼年 (集英社文庫)
娼年 (集英社文庫)
posted with amazlet at 16.08.26
石田 衣良
集英社
売り上げランキング: 883
逝年 (集英社文庫)
逝年 (集英社文庫)
posted with amazlet at 16.08.26
石田 衣良
集英社 (2011-05-20)
売り上げランキング: 4,479

 ⇒CoRich舞台芸術!『娼年