Bunkamura『プルートゥ(再演)』01/06-28 Bunkamuraシアターコクーン

 今月のメルマガでご紹介した公演です。原作未読で初演も観ておらず、前情報もほとんど頭に入れずに拝見しました。上演時間は約3時間、途中休憩15分を含む。面白かった~~~!!昨日の情報ですが大阪公演はまだ残席あるようです!ライブで体験してくださいませー!

≪あらすじ≫ 公式サイトより
ロボットと人間の物語ではない… これは、全人類に叩きつけられる【愛】と【憎しみ】の黙示録!!

 人間とロボットが共存する時代。世界最強といわれるロボットが次々と破壊される事件が起こる。高性能刑事ロボット、ゲジヒトは犯人の標的が、自身を含めた7体の大量破壊兵器となり得るロボット達だと確信。日本に渡り、限りなく人間に近い存在であるロボット、アトムと共に謎を追うことに。内戦で家族を失った世界最高峰の頭脳を持つ科学者アブラー、人間を殺害した唯一のロボット、ブラウ1589との接触により核心に迫っていく。
ゲジヒトは日々、忌まわしい悪夢に苛まれ、妻ヘレナも彼の不調を感じ不安を隠せない。アトムもまた、お茶の水博士に愛情豊かに育てられながらも、自身の生みの親である天馬博士との複雑な関係がその心に影を落としている。葛藤を抱えながらも事件の解決に向けて尽力するアトムとゲジヒトであった。
 時を同じくして、アトムの妹で悲しみを察知する能力を持つウランが廃墟の壁に花畑の絵を描く不思議な男と出会う。そこにアトムが駆け付けると、男に異変が起こり…
≪ここまで≫

 漫画の舞台化なのでいわゆる“2.5次元舞台”というジャンルに入ると思うのですが(詳しい枠組みは存じ上げません)、もしかすると原作と舞台との理想的なコラボレーションなのではないでしょうか。浦沢直樹さんの漫画は『マスター・キートン』を少々、そして『MONSTER』を読んだだけで(『YAWARA!』はアニメのみ)熱心な読者ではないのですが、浦沢作品の核の部分がストレートに伝わる舞台だったように思います。

 ツイートしましたとおり、主役を特に目立たせるとか、演技がおぼつかない人気者を周囲の達者な人材が支えるとか、そういう作品自体とは関係ない配慮のようなものが、なかったです。素晴らしい! こういう舞台を観たいと常々思っています。 

 演劇ジャーナリストの徳永京子さんのツイート↓によると、初演があったからこその成果だそうです。やっぱり演劇賞に「再演賞」があって欲しいな~と思いますね。
 東京公演後のヨーロッパツアーで日本語話者ではない多くの方にもご覧いただきたいです。大阪公演もあります!

 ここからネタバレします。

 白い箱を人力で移動させて場面転換し、組み立てたり、横に並べたりした箱たちに映像が映されます。原作の絵がそのまま使わるという贅沢!『デジモンアドベンチャーtri.』もそうだったんです。がっつりと協力し合った上での創作は本当にありがたいですね。

 アブラ―が隠れて開発を進めていた“大量破壊兵器”が最後に登場するのですが、それが、大きな布なんです!このページの「過去の公演」の右下の舞台写真です。球体に膨れ上がった白い布に映像が映され、その上にアトムらが乗っかったり、沈み込んだりするんです。球体の内側に人(おそらくダンサー)がいて、アトムの体を布越しに抱き上げ、移動させるんですね。めちゃくちゃカッコイーーーーー!!! こういうアナログな方法で、人間の技が光るイリュージョンが観たい!!

 アトム役の森山未來さんの少年のような身軽さ、可愛らしさは緻密なダンスと演技の賜物かと。後半で2人の黒子に抱えられて飛ぶ姿が素敵!!「アトム飛んだー!」と胸躍りました。
 土屋太鳳さんは初舞台とは思えない手堅さですね。踊りをもっと観たかった気はしました。今後も舞台に出ていただきたい!
 噂通りゲジヒト役の大東駿介さんが良かった~~~。ストイックに役人物としてそこに在ってくださったように思います。鍛えられた体で、集団での身体表現もサラリとこなし、余裕が感じられました。
 お茶の水博士役の吉見一豊さんはクマのぬいぐるみ“ルーズベルト”役の声も担当されています。イヤミでイイ! 岩松了作品にもよく出演されている吉見さんは、昨年の『同郷同年』でも迫力の演技を見せてくださってまして、あらためて発語の技術に酔わせていただいた次第。

■原作漫画

鉄腕アトム(13) (手塚治虫漫画全集)
手塚 治虫
講談社
売り上げランキング: 174,946
PLUTO (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 14,659
PLUTO (2) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 37,258
PLUTO (3) (ビッグコミック)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 22,471
PLUTO 4 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 43,082
PLUTO 5 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 42,378
PLUTO 6 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 (2008-07-30)
売り上げランキング: 42,211
PLUTO 7 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館
売り上げランキング: 32,862
PLUTO 8 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹
小学館 (2009-06-30)
売り上げランキング: 29,005

シアターコクーン・オンレパートリー2018
手塚治虫生誕90周年記念 鉄腕アトム「地上最大のロボット」より
≪東京、イギリス、オランダ、ベルギー、大阪≫
出演:
森山未來<アトム>
土屋太鳳<ウラン/ヘレナ> ヘレナ:ゲジヒトの妻でロボット
大東駿介<ゲジヒト>
吉見一豊<お茶の水博士、クマのぬいぐるみ“ルーズベルト”の声> お茶の水博士:ウランの生みの親、アトムの育ての親
吹越満<アブラ―>
柄本明<天馬博士、人殺しロボットの声> 天馬博士:アトムの親
ダンサー:上月一臣、大植真太郎、池島優、大宮大奨、渋谷亘宏、AYUMI、湯浅永麻、森井淳、笹本龍史
原作:浦沢直樹×手塚治虫 長崎尚志プロデュース 監修/手塚眞 協力/手塚プロダクション
演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
上演台本:谷賢一
映像・装置:上田大樹
照明:ウィリー・セッサ
音楽:吉井盛悟、オルガ・ヴォイチェホヴスカ
音響:井上正弘
キャラクタービジュアル・コスチュームデザイン・ヘアメイクデザイン:柘植伊佐夫
振付助手:ジェイソン・キッテルバーガー
演出助手:長町多寿子
舞台監督:足立充章
欧州プロダクションマネージャー:川口眞人
宣伝広報:ディップス・プラネット
協力:小学館
企画協力:伊藤事務所
[企画]Bunkamura[製作]Bunkamura/TBS
一般発売2017/10/22(日)
S席11000円 A席8500円 コクーンシート6000円
http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/18_pluto/

森山未來「プルートゥ」再演で土屋太鳳、大東駿介らが参戦/2018年1月渋谷、2月欧州ツアーも


http://stage.corich.jp/stage/88762

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ