【メルマガ 2019年09月のお薦め舞台】

2014年度の4位入賞!
2014年度の4位入賞!

 2019年9月のお薦め舞台10本+αをご紹介します。
 まぐまぐ大賞2014・無料部門・エンターテイメント・ジャンルで4位入賞したメルマガです♪

 ★メルマガへのご登録はこちら
 ★バックナンバーはこちらです。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 “しのぶの演劇レビュー” Vol. 179   2019.09.01  2,638部 発行

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ http://shinobutakano.com/

   今、面白い演劇はコレ! 年200本観劇人のお薦め舞台♪
                   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎毎秋恒例のご挨拶。9月は“芸術の秋”の始まりでございますよ!
  各地で芸術祭も開幕するんですよね。まずはお近くの劇場をチェック!

   舞台には、あなたの心を揺さぶり、
   人生の輝きを増してくれる奇跡があります。

  “今から観られる面白い演劇”をご紹介します。
  お友達、ご家族、恋人と一緒に、どうぞ劇場を訪れてください!

 ◎facebookページ↓でブログ更新を報告しています。
   http://www.facebook.com/shinobureview
   よかったら「いいね!」をクリックしてくださいね♪


○○ 今回のもくじ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ◆1【今月のお薦め10本+α(4000円台、3000円台&以下、他)】

   ◎No.1→庭劇団ペニノ『「笑顔の砦」RE-CREATION』
       09/19-09/23神奈川芸術劇場・大スタジオ
       ≪東京都、愛知県≫
       http://niwagekidan.org/performance_jp/804

 ◆2【先月のベスト3】

   ◎No.1→DULL-COLORED POP「福島3部作」
       08/08-08/28東京芸術劇場シアターイースト
       ≪福島県、東京都、大阪府、福島県≫
       http://www.dcpop.org/vol20/

 ◆3【おすすめ前売り情報 SPAC『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』】

   ◎世界中の生命を寿ぐ祝祭劇が、東京の野外劇場に初登場!

 ◆4【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveの新上映、他~】

   ◎「リチャード二世」が新上映。アンコール上映はあと3本あり♪

 ◆5【編集後記】

   ◎8月末に体調を崩しました…今は快復。夏バテにご注意!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆1 【今月のお薦め10本+α(4000円台、3000円台&以下、他)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▽★印がいちおし公演です。
 ▽初日の早い順に並べています。
 ▽掲載内容:主催/企画製作・『題名』・日程・会場・税込価格・URL
 ▽氏名は敬称略で並びは順不同。座種の記述がない公演は全席指定。
 ※間違いがあるかもしれません。最新情報や詳細は公式サイトでご確認を。

 ◎8月中に開幕している公演は、メルマガ前月号↓でチェック推奨♪
  http://shinobutakano.com/2019/08/01/13022/

1.地人会新社『リハーサルのあとで』
  09/01-09/10新国立劇場 小劇場 THE PIT
  出演:一路真輝、森川由樹、榎木孝明
  脚本:イングマール・ベルイマン 翻訳:岩切正一郎 演出:栗山民也
  A席:7,000円 B席:5,500円 25歳以下4,000円
  9/1のみ全席:6,000円 25歳以下:3,000円
   http://www.chijinkaishinsya.com/newproduction.html
  20世紀を代表するスウェーデンの映画監督イングマール・ベルイマンが
  演劇的手法を取り入れて製作した1984年のテレビ映画↓の舞台化。
   https://movies.yahoo.co.jp/movie/24937/
  栗山民也さんが演出を手掛ける三人芝居です。ベルイマンは
  劇作家、演出家でもあり、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞↓しています。
   https://www.praemiumimperiale.org/ja/laureate/laureates/bergman
  私が観た舞台は『秋のソナタ』と『ある結婚の風景』↓でした。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/1028235700.html
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2008/0316214922.html
  英語版Wikipedia↓によると、イプセン作『夢の劇』から多くの引用あり。 ←★イプセンではなくストリンドベリです。訂正してお詫び申し上げます(2019/09/03)。
   https://en.wikipedia.org/wiki/After_the_Rehearsal 稽古風景↓
   https://www.facebook.com/chijinkaishinsya/posts/1740621396082785

2.ホリプロ『愛と哀しみのシャーロック・ホームズ』
  09/01-09/29世田谷パブリックシアター
  ≪東京都、大阪府、福岡県≫
  出演:柿澤勇人、佐藤二朗、広瀬アリス、八木亜希子、横田栄司、
   はいだしょうこ、迫田孝也
  脚本・演出:三谷幸喜 音楽・演奏:荻野清子
  S席:9,800円 A席:7,800円 Yシート:2,000円(※20歳以下対象)
  ※未就学児入場不可
   https://horipro-stage.jp/stage/sherlockholmes2019/
  三谷幸喜さんの新作です。「名探偵ホームズ」の誕生秘話になるよう。
  

3.こまつ座『日の浦姫物語』
  09/06-09/23紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
  出演:朝海ひかる、平埜生成、石川武、沢田冬樹、櫻井章喜、粟野史浩、
   木津誠之、川辺邦弘、宮澤和之、越塚学、赤司まり子、名越志保、
   岡本温子、たかお鷹、毬谷友子、辻萬長
  脚本:井上ひさし 演出:鵜山仁
  一般:8,500円 U-30(30歳以下):5,000円
   http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#330
   https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20190605114500.html
  『日の浦姫物語』は故・井上ひさしが1978年に、女優・杉村春子のために
  書き下ろした戯曲。2012年には蜷川幸雄演出版↓の上演がありました。
   https://stage.corich.jp/stage_main/29756
  近親相姦から生まれた息子とその母の数十年にわたる大河絵巻…という
  概要ですが、ノリのいい歌と踊り↓もあるそうです。
   https://twitter.com/komatsuza/status/1166314198688653312
  朝海ひかるさんと平埜生成さんはこまつ座『わたしは誰でしょう』↓で
   http://shinobutakano.com/2017/03/25/5006/
  共演。平埜さんは同作で読売演劇大賞中間発表の男優賞にノミネート。

4.ホリプロ『アジアの女』
  09/06-09/29 Bunkamuraシアターコクーン
  出演:石原さとみ、山内圭哉、矢本悠馬、水口早香、吉田鋼太郎
  脚本:長塚圭史 演出:吉田鋼太郎
  S席:9,800円 A席:7,800円 コクーンシート:6,500円
  Yシート:2,000円(※20歳以下対象)
  ※コクーンシートは、特にご覧になりにくいお席です。
  ※未就学児入場不可
   https://horipro-stage.jp/stage/asia2019/
  2006年に、当時31歳だった長塚圭史さんが新国立劇場に書き下ろし、
   https://www.nntt.jac.go.jp/season/updata/10000146.html
  演出もされたお芝居を、吉田鋼太郎さんの演出で上演。初演レビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2006/0928230441.html
  関東大震災が起こった近未来の東京を描く、今となっては予言のような
  戯曲。非常時下の排外主義、警察権力の横暴なども、現代を映しています。
  私は初演時、阪神淡路大震災を思い出して震えたようです。
  長塚さんのインタビュー↓によると、少し加筆・修正されたとのこと。
   http://www.astage-ent.com/stage-musical/i123220.html
  

5.東京グローブ座/シーエイティプロデュース『HAMLET―ハムレット―』
  09/08-10/06東京グローブ座
  ≪東京都、大阪府≫
  出演:菊池風磨、南沢奈央、大鷹明良、大谷亮介、安蘭けい、他
  脚本:W・シェイクスピア 翻訳:松岡和子 演出:森新太郎
  S席¥9,000 A席¥8,000 B席¥6,000 未就学児童入場不可
   https://www.hamlet2019.jp/
  シェイクスピア作『ハムレット』を森新太郎さんが演出。
  主演は菊池風磨さん。Bunkamuraで岡田将生さん主演版↓が上演された
   https://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/19_hamlet.html
  ばかりですよね。上演頻度がとても高い大人気戯曲です。
  上演時間は4時間10分(休憩2回含む)を予定とのこと。

★6.シス・カンパニー『死と乙女』
  09/13-10/14シアタートラム
  ≪東京都、大阪府≫
  出演:宮沢りえ、堤真一、段田安則
  脚本:アリエル・ドーフマン 翻訳:浦辺千鶴 演出:小川絵梨子
  8,000円
   http://www.siscompany.com/sisotome/
  小川絵梨子さんがドーフマン作『死と乙女』を演出。谷賢一演出版↓が
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0325210056.html
  記憶に新しいです。出演の3人は小川さんと仕事をされた方々ですね。
  質の高い会話劇が観られるのでは…と期待しちゃいます♪
  「シューベルトの響きが記憶を呼び覚ます(略)」↓
   https://bit.ly/30IpNkA

7.秋田雨雀・土方与志記念 青年劇場『もう一人のヒト』
  09/14-09/22紀伊國屋ホール
  出演:葛西和雄、藤木久美子、中谷源、広戸聡、吉村直、板倉哲、
   杉本光弘、島本真治、松永亜規子、中山万紀、清原達之 大山秋 
   岡山豊明 矢野貴大 星野勇二 山田秀人 安田遼平 片平貴緑 
   傍島ひとみ 沼田朋樹 池田咲子 松田光寿 津曲海七斗 
   秋谷翔音 渡辺尚彦 小竹伊津子
  脚本:飯沢匡 演出:藤井ごう
  前売 一般:5,150円  U30(30歳以下):3,100円
  当日一般:5,500円  U30(30歳以下):3,400円
  中高生シート:1,000円(枚数限定・劇団のみ受付・前売のみ)
   https://www.seinengekijo.co.jp/s/hito/hito.html
  青年劇場が没後25年記念として飯沢匡戯曲を上演。
  第二次世界大戦中、敗戦が色濃くなってきた時期が舞台の喜劇で、
  皇族、将軍、靴職人らが登場します。
  「日本の現代戯曲データベース」にネタバレあらすじ↓あり
   https://performingarts.jp/j/data_drama/theater/d-00001.html
  チラシのイラストは昭和天皇(裕仁・ヒロヒト)なのかも。
  飯沢戯曲は『9階の42号室』↓がとても面白かったです。
   http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/140124_003738.html

8.博多座『めんたいぴりり 未来永劫編』
  09/22-09/29明治座
  出演:博多華丸、酒井美紀、大空ゆうひ、川原和久、藤吉久美子、
   原西孝幸、ワッキー、斉藤優、ゴリけん、瀬口寛之、福場俊策、
   井上佳子、酒匂美代子、博多大吉(映像出演)、小松政夫
  脚本・演出:東憲司
  S席(1階席・2階前方席)11,000円
  A席(2階後方席・車いすスペース)8,000円
  B席(3階席)6,000円
  ※6歳以上有料/5歳以下のお子様のご入場はご遠慮ください
   https://www.meijiza.co.jp/news/20190505/
  テレビ西日本が製作し、映画化↓もされたドラマの舞台版第2弾。
   https://piriri_movie.official-movie.com/
  脚本・演出は劇団桟敷童子の東憲司さんです。

9.トム・プロジェクト『風間杜夫ひとり芝居 平和三部作 一挙上演!!』
  09/26-10/03本多劇場
  ≪東京都、福岡県、兵庫県、石川県、東京都≫
  出演:風間杜夫
  脚本・演出:水谷龍二
  一般前売¥5,500 当日¥6,000 U-25(25歳以下)¥2,500 
  シニア(60歳以上)¥5,000 ※U-25・シニア券は前売当日とも同料金
   https://www.tomproject.com/peformance/kazama.html
  風間杜夫さんの古希を記念した、ひとり芝居の3作連続上演です。
  演目は『正義の味方』、『ピース』、新作『あの時代』。これまでに
  各地で7本も上演されてきたんですね…俳優の偉業ではないでしょうか。

★10.風姿花伝プロデュース『終夜』
  09/29-10/27シアター風姿花伝
  出演:岡本健一、栗田桃子、斉藤直樹、那須佐代子
  脚本:ラーシュ・ノレーン 翻訳:岩切正一郎 ヘレンハルメ美穂
  演出:上村聡史
  一般(上演の早い順に)=[序]5,900円 [破]6,400円 [急]6,900円
  ※公演内容はすべて同じなので、早い目に観るとお得なシステムです。
  シニア(65歳以上)=5,500円 学生=2,000円
  高校生以下=1,000円 当日料金=各種チケット料金より500円UP
   http://www.fuusikaden.com/nattvarden/
  那須佐代子さんが支配人をつとめるシアター風姿花伝の
  プロデュース公演第6弾。ノレーン作、上村聡史演出の第1弾
  『ボビー・フィッシャーはパサデナに住んでいる』↓は
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0707014729.html
  読売演劇大賞の優秀作品賞、最優秀演出家賞、優秀女優賞を受賞。
  演目発表前からチケットを発売するスタイルが定着しています。
  品質が保証されているから、観客の信用を獲得したんですね。
  上演時間は4時間30分を予定。大作です。心して劇場へ!

 ★★★────────────────────────────── 
  前売4000円台の気になる作品を4本ご紹介します。
 ──────────────────────────────★★★

《1》文学座9月アトリエの会『スリーウインターズ』
  09/03-09/15文学座アトリエ
  出演:寺田路恵、倉野章子、南一恵、山本郁子、増岡裕子、前東美菜子、
   永宝千晶、石田圭祐、斎藤志郎、得丸伸二、神野崇、上川路啓志
  脚本:テーナ・シュティヴィチッチ 訳:常田景子 演出:松本祐子
  前売・電話予約 4300円 当日 4600円
  ユースチケット(25歳以下)2500円
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。
   http://www.bungakuza.com/threewinters/index.html
  文学座が2014年初演のクロアチア戯曲を松本祐子さんの演出で上演。
  1945年以降、4世代にわたる女性たちの100年間が描かれるようです。★←100年間の話ですが、「1945年以降の100年間」ではありません。訂正し、お詫び申し上げます(2019/09/04)。

  上演時間は休憩を含む3時間を予定とのこと。
  「松本祐子の創作ノート」↓
   http://community.pia.jp/stage_pia/2019/08/post-767.html

《2》阿佐ヶ谷スパイダース
  『桜姫~燃焦旋律隊殺於焼跡(もえてこがれてばんどうごろし)~』
  09/10-09/28吉祥寺シアター
  出演:大久保祥太郎、木村美月、坂本慶介、志甫真弓子、伊達暁、
   ちすん、富岡晃一郎、長塚圭史、中山祐一朗、中村まこと、
   藤間爽子、村岡希美、森一生、李千鶴
  原作:四代目鶴屋南北 脚本・演出:長塚圭史
  一般 前売 5,500円/当日 5,800円 
  開幕割(9月10・11日) 4,500円(前売・当日共)
  バルコニー席(前売・当日共) 3,000円 劇場会員割引などあり。
   http://asagayaspiders.com/nextstage.html
  長塚圭史さんが10年前に、鶴屋南北の歌舞伎『桜姫東文章』の舞台を
  戦後の東京に置き換えて創作した戯曲を、自身の劇団で上演。
  実際の上演では、スペインが舞台↓でしたね。懐かしい。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/0616105714.html   
  眠っていたバージョンが初お目見えするんですね。劇団員の元気な
  ものづくりの様子が公式ツイッター↓に投稿されています。
   https://twitter.com/asagayaspiders

《3》雷ストレンジャーズ『リーグ・オブ・ユース~青年同盟~』
  09/15-09/23シアター711
  演劇ジェット紀行 ノルウェー滞在編
  出演:伊東弘美、谷口翔太、石村みか、霜山多加志、松村良太、
   北澤雅章、野々山貴之、平山美穂
  脚本:ヘンリック・イプセン 上演台本・演出:小山ゆうな 弦巻星之介
  前売4500円 プレビュー公演前売4000円
  当日4800円 学生 3000円 中学生以下1000円
  リーグチケット(創作プロセスを共有するチケット)9000円
   http://kamist.main.jp/ ↓こりっちでカンタン予約!
   https://stage.corich.jp/stage/100232
  ※9/11 (水)までチケットプレゼント↓実施中!
   https://stage.corich.jp/present/81751
  小山ゆうなさんの演出作を上演する劇団がイプセン初期の喜劇を初演。
  小山さんはイプセン作『人民の敵』↓も演出されていましたね。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0724235851.html
  2017年初演の『チック』は再演↓も素晴らしかったです。来年夏には
   http://shinobutakano.com/2019/07/13/13019/
  ミヒャエル・エンデの親子向け作品↓を新国立劇場で手掛けられます。
   https://www.nntt.jac.go.jp/play/the_night_of_wishes/

★《4》庭劇団ペニノ『「笑顔の砦」RE-CREATION』
  09/19-09/23神奈川芸術劇場・大スタジオ
  ≪東京都、愛知県≫
  出演:井上和也 FOペレイラ宏一朗 緒方晋 坂井初音 たなべ勝也
   野村眞人 百元夏繪
  作・演出:タニノクロウ
  前売り4,500円 当日券5,000円 学生3,800円(枚数限定)
  ※日時指定/全席自由/入場整理番号付き。未就学児入場不可。
   http://niwagekidan.org/performance_jp/804
  ↓こりっちでカンタン予約!
   https://stage.corich.jp/stage/100847

 ●お薦めコメント●

  2015年度の岸田國士戯曲賞受賞者↓であるタニノクロウさんが、
   http://shinobutakano.com/2016/05/10/1740/
  2007年の岸田國士戯曲賞ノミネート作を新キャスト(7人)とともに
  “再創造”します。初演レビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2007/0223121454.html

  7人中の5人が2017年の『ダークマスター 大阪版』↓の出演者ですね。
   http://shinobutakano.com/2017/02/18/4664/
  『ダークマスター 富山版』↓はどうしても観られず、無念!
   http://shinobutakano.com/2018/06/28/10029/

  私が初めて観たタニノさんの舞台は2004年の『黒いOL』↓でした。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2004/1107234036.html
  それから10年余り、作品を体験する度に衝撃を受けてきました。
  8月に公開されたばかりの「タニノクロウ インタビュー」↓は必読かと。
   https://www.engekisaikyoron.net/egao_tanino/

  2014年のタニノさんの寄稿↓には瞠目させられました。
   http://shinobutakano.com/2016/05/30/2005/
  2015年の「パブリックトーク」↓もよかったらどうぞ。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0606131319.html
  ドイツで創作・上演された『水の檻』の詳細レポート↓も是非。
   http://theatrearts.aict-iatc.jp/201504/2746/

 ☆☆☆────────────────────────────── 
  前売3000円台&以下の気になる作品を4本ご紹介します。
 ──────────────────────────────☆☆☆

[1]俳優座劇場プロデュース『音楽劇 人形の家』
  09/03-09/07俳優座劇場
  出演:土居裕子、大場泰正、畠中洋、進藤忠、長浜奈津子、川口大地、
   本田玲央、納田洸太、樋山雄作、仙崎貴子、竹本瞳子、宮田佳奈
  脚本:ヘンリック・イプセン 翻訳:原千代海 演出:西川信廣
  一般 5800円 ペアチケット(一般2枚) 11000円
  グリーンチケット(学生) 2900円 ハーフチケット(9月3日) 2900円
  ※6日終演後に、無料、予約不要のバックステージガイドあり。
   http://www.haiyuzagekijou.co.jp/produce/?ca=9
  土居裕子さんが主演する俳優座劇場プロデュースの音楽劇といえば、
  私にとっては『わが町』↓。今作も2017年から上演が続いています。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0109225227.html

[2]Pカンパニー「シリーズ罪と罰『√ ルート』」
  09/04-09/08シアターグリーン BOX in BOX THEATER
  出演:林次樹、水野ゆふ、宮川知久、内田龍磨、姉崎公美、原田翔平、
   森源次郎、木村万里、吉岡健二、木村愛子、須藤沙耶、細川美央、秋田遥香
  脚本:山谷典子 演出:小笠原響
  前売・当日共 一般:5000円
  シニア割(65歳以上)・学生割:4000円
  最前列座布団席:2500円 *未就学児入場不可
   http://p-company.la.coocan.jp/performance28.html
  山谷典子さんが公立小学校の道徳教育についての新作を書き下ろし、
  小笠原響さんが演出。すでに前売り完売、当日券あり。
  Pカンパニーの「シリーズ罪と罰」は2017年の『白い花を隠す』↓が
   http://p-company.la.coocan.jp/performance19.html
  高評価を受け、2018年に再演↓されました。
   http://p-company.la.coocan.jp/performance24.html
  9/7(土)18時の回終了後 アフタートークあり。
  ゲスト:杉原里美(筑摩選書「掃除で心は磨けるのか」の著者)など

[3]快快『ルイ・ルイ』
  09/08-09/15神奈川芸術劇場・大スタジオ
  出演:大道寺梨乃、野上絹代、山崎皓司、石倉来輝、白波多カミン、
   初音映莉子、ルイ(ぬいぐるみ)
  脚本:北川陽子 演出:快快
  一般 3,800円 一般早割 3,500円(当日料金はプラス500円)
  U24 3,500円 U24早割 3,300円(観劇時24歳以下対象)
  高校生以下無料(枚数限定、要身分証明書、劇団HPより要予約)
  全席自由席・整理番号付。未就学児童のご入場はご遠慮ください。
   https://www.faifai.tv/news/4126/
  パフォーマンス集団快快(FAIFAI)がKAAT大スタジオで新作を発表。
  私は同スタジオで2012年に上演された『りんご』↓に大いに感動し、
   https://www.faifai.tv/works/ringo/
  記録映像のDVDを購入。同作は岸田國士戯曲賞の最終候補にもなりました。
  「「有無を言わさず圧倒的なものに」、快快の新作「ルイ・ルイ」稽古中」↓
   https://natalie.mu/stage/news/345339

[4]iaku『あつい胸さわぎ』
  09/13-09/23こまばアゴラ劇場
  ≪東京都、大阪府≫
  出演:辻凪子、枝元萌、田中亨、橋爪未萠里、瓜生和成
  脚本・演出:横山拓也
  一般前売 3,300円 一般予約 3,500円 一般当日 3,800円
  U-25(前売・当日共) 2,000円 高校生以下(前売・当日共) 500円
  ※未就学児入場不可
  ハンディキャップのあるお客様に上演台本の貸し出しあり(公演1週間前~)
   http://www.iaku.jp/information ↓こりっちでカンタン予約!
   https://stage.corich.jp/stage/98979
  横山拓也さんの新作は、がっつり関西弁口語の会話劇とのこと。
  題材は母と娘それぞれの恋愛、若い世代の癌。ひりひりしそうですね。

≪ご参考≫

 「しのぶの演劇レビュー」↓に今月のしのぶの観劇予定あり。
  http://shinobutakano.com/2019/08/30/13402/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆2 【先月のベスト3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.DULL-COLORED POP「福島3部作」
  08/08-08/28東京芸術劇場シアターイースト
  ≪福島県、東京都、大阪府、福島県≫
  『2011年:語られたがる言葉たち』と『1986年:夜に昇る太陽』を
  拝見。『1986年:メビウスの輪』は7月に拝見しました。
   https://twitter.com/shinorev/status/1161626930476548098
   https://twitter.com/shinorev/status/1165995228928430081
  谷賢一さんが作・演出する「福島3部作」の約3年がかりの上演企画が
  とうとう終わりを迎えようとしています。クラウドファンディング↓
   https://camp-fire.jp/projects/view/30651
   https://camp-fire.jp/projects/view/110157
  私は昨年の第1部初日、今年の第2部初日を、福島で拝見しました。
  第3部も福島に観に行きます。第2部の稽古場レポート↓
   http://shinobutakano.com/2019/08/03/13036/
  ※私は第1部~第3部の3つをまとめて1作品と受け止めています。

2.イマシバシノアヤウサ『アイランド』
  08/01-08/25 OFF OFFシアター
  ≪東京、北海道、ほか≫
  浅野雅博さんと石橋徹郎さんが監獄島に閉じ込められた囚人2人を
  演じました。人間は想像力があるから生きていけるのだと再確認。
   http://shinobutakano.com/2019/08/06/13084/

3.岡崎藝術座『バルパライソの長い坂をくだる話』(ゲネプロを鑑賞)
  08/21-08/25ゲーテ・インスティトゥート東京ホール
  岸田國士戯曲賞受賞作の東京初上演。長い時間と距離を旅する鎮魂の儀式。
  あらゆる土地を繋ぐ海と、地球を照らす太陽と月。自然を畏れながら
  南米、沖縄、小笠原諸島等を巡り、無言の遺骨と対話する。スペイン語の
  話し言葉に壮大なテーマが内包されているが全体的におどけたムード。
  劇中場面を再現した客席で、太古の昔から現代までの海の旅を反芻。
   http://shinobutakano.com/2019/08/21/13316/

 その他は、ドラ・ガルシア「レクチャーパフォーマンス『ロミオ』」、
 ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ+
  エンクナップグループ『幸福の追求』、
 ミロ・ラウ(IIPM) + CAMPO『5つのやさしい小品』、
 新国立劇場演劇研修所&マンチェスター・メトロポリタン大学演劇学校
 『怪物/The Monster』、東京芸術劇場『お気に召すまま』、
 青年団若手自主企画vol.78川面企画『4 A.M.』、
 新国立劇場演劇研修所『朗読劇「ひめゆり」』、
 EPOCH MAN〈エポックマン〉『夢ぞろぞろ』、
 多摩ニュータウン×演劇プロジェクト『まちまち』、
 パルコ・プロデュース『人形の家 Part2』、
 子供のためのシェイクスピアカンパニー『じゃじゃ馬ならし』、
 東宝『ブラッケン・ムーア~荒地の亡霊~』、
 ヨーロッパ企画『ギョエー!旧校舎の77不思議』、
 東京夜光『ユスリカ』、東京工業大学リベラルアーツ教育研究院
 「声に出してシェイクスピア『テンペスト』発表会」等(鑑賞順)。

 ◎メルマガ号外は誰が観ても楽しめそうなものを選んで発行しています。
  2019年8月(観劇数20作品)は残念ながら発行せず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆3 【おすすめ前売り情報 SPAC『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎宮城聰さんの代表作『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』が、
  池袋西口公園・野外劇場のこけら落とし公演として上演されます。
  国内では静岡、神奈川、奈良を経て、東京初上陸!

 ○SPAC-静岡県舞台芸術センター
  『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』
  東アジア文化都市2019豊島バージョン
  11/23池袋西口公園・野外劇場
  出演:SPAC 演出:宮城聰
  上演時間:90分(予定)
  日本語上演/中国語・韓国語・英語字幕
   https://spac.or.jp/2019/mahabharata_toshima2019

  2003年初演時に朝日舞台芸術賞の舞台芸術賞↓を受賞。
   http://www.asahi.com/shimbun/award/stage/03.html
  2006年にフランスの国立劇場のこけら落とし公演として招聘され、
  2014年にはアヴィニョン演劇祭のブルボン石切り場で上演↓されました。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0817221720.html

  出演者がムーバー(動き)とスピーカー(語り)に分かれて、打楽器の
  生演奏が盛り上げるSPACならではのパフォーマンスです。
  インドの叙事詩が平安時代の日本に伝わっていたら…という空想から
  舞台を立ち上げ、世界中の生命を寿ぎます。今回は池袋の街を借景する
  “東アジア文化都市2019豊島バージョン”です。

  11/23(土)11:30~、15:00~の2ステージのみ。
  上演時間は90分とコンパクトになるようです。11月は寒いですものね!

 ≪チケット情報≫

  11/23(土)11:30/15:00の2ステージ。
  一般発売開始:9月14日(土)10:00~

  一般/当日:3,500円
  豊島区民割引:3,000円
  U25(25歳以下):2,500円

  自由席(整理番号付き)
  ※雨天決行、荒天中止。

  プレイガイド等は公式サイト↓でご確認ください。
   https://culturecity-toshima.com/event/1066/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆4 【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveの新上映、他~】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎英国ロイヤル・ナショナル・シアターが選んだ演劇界最高峰の舞台が
  映画館で楽しめるナショナル・シアター・ライヴ(日本では2014年~)。
   http://www.ntlive.jp/ 鑑賞料金:一般3,000円、学生2,500円

  2019年のラインアップは2018年より1本多い9本!
  「マクベス」「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない」
  「リア王」「英国万歳!」「アントニーとクレオパトラ」
  「アレルヤ!」「リチャード二世」「みんな我が子」「イヴの総て」

 ○新上映「リチャード二世」
  日程:9/6(金)~9/12(木)
  出演:サイモン・ラッセル・ビール、レオ・ビル ほか
  作:W・シェイクスピア 演出:ジョー・ヒル-ギビンズ
   https://www.ntlive.jp/richardii
  サイモン・ラッセル・ビールさんはNTLive「リア王」↓で拝見。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0928111535.html
  「嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~」ではベン・ウィショーさんが
  リチャード二世役↓で、とても面白かったです。
   https://eiga.com/movie/86597/

  シェイクスピアの歴史劇で新国立劇場がまだ上演していないのは
  『リチャード二世』だけ↓なんですよね。この機会に観ておきたい。
    http://shinobutakano.com/2018/05/29/9778/
  上映時間は108分、休憩なし↓とのこと。短めですね。
   https://twitter.com/ntlivejapan/status/1167074506524917760

 ・NTLive語る会vol.7『リチャード二世』
  9/21(土)13:30~東大駒場キャンパス18号館ホール
  ゲスト:松岡和子、柏木しょうこ、兵藤あおみ、中村未知子
  司会進行:河合祥一郎
  入場無料、予約不要
   https://twitter.com/ntlivejapan/status/1154946014215753729

 【「NTLiveアンコール夏祭り in シネ・リーブル池袋」開催中!】

  とうとう最終週となりました。残すはシェイクスピアの3本です。
  上映期間:9/5(木)まで
  会場:https://ttcg.jp/movie/0484900.html
  演目:https://twitter.com/ntlivejapan/status/1151685201031942144
  「ナショナル・シアター・ライブアンコール夏祭り
   豪華14作品がシネ・リーブル池袋で再映決定」↓
   https://spice.eplus.jp/articles/246649

 ○「リア王」
  感想:http://shinobutakano.com/2019/04/26/12185/

 ○「ジュリアス・シーザー」
  感想:http://shinobutakano.com/2018/12/11/11393/

 ○「マクベス」
  感想:http://shinobutakano.com/2019/02/15/12511/

 ※ありがたいことにNTLiveは次々に再上映され、追いかけるのが大変(笑)。
  公式facebook、公式twitterでこまめにご確認を。
   https://www.facebook.com/ntlivejp/
   https://twitter.com/ntlivejapan
  パンフレットのインターネット販売↓もあります!
   https://movieprogram.official.ec/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆5 【編集後記など】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎歴史ある劇団の制作さんから「いつも(メルマガを)有難うございます!
  大切な情報源として、活用しております!」というお言葉をいただきました。
  ありがとうございます!!

 ◎偶然会った俳優さんが、拙サイト↓掲載のオーディションに、2つも
   http://shinobutakano.com/
  合格したとご報告くださいました。嬉しい♪ ありがとうございます!

 ◎このところ、意外に旅行が増えており、9月は奈良と福島に行きます。
  福島では「福島3部作」第1部、第2部に続き、第3部を拝見。

 ・DULL-COLORED POP「福島3部作・一挙上演」
  第3部『2011年:語られたがる言葉たち』
  09/07-09/08いわき芸術文化交流館アリオス
  ≪東京都、大阪府、福島県≫
  脚本・演出:谷賢一
  全席自由:3000 円 高校生以下:1000 円
  第二部&第三部セット券:4,500 円
  高校生以下:1500 円※未就学児入場不可
   http://www.dcpop.org/vol20/

 ◎9月に「あいちトリエンナーレ2019」の舞台を観る予定だったのですが、
  行けなくなってしまいました…これ、面白そうですよね。残席あり。
  
 ・モニラ・アルカディリ『髭の幻』
  09/05-09/08愛知県芸術劇場 小ホール
  出演:モニラ・アルカディリ
  一般 3,000円 U25 2,500円
  ※アラビア語・日本語(日本語・英語字幕)
  ※未就学児はご入場いただけません
   https://aichitriennale.jp/artwork/A65.html
  クンステン・フェスティバルのURL;https://bit.ly/32gLecJ
  ご覧になったSofia D.さんの感想↓
   https://twitter.com/niets983323/status/1128205912932483072
   https://twitter.com/niets983323/status/1137380187736354817

 ◎気になるイベント、講座をご紹介します。

 ・森美術館「塩田千春展:魂がふるえる」
  会期:6月20日~10月27日
  活動20年を網羅する過去最大規模の展覧会とのこと。
   https://bit.ly/2Xg90nh
   https://bijutsutecho.com/magazine/news/exhibition/19223
   https://bijutsutecho.com/exhibitions/3470
  KAAT神奈川芸術劇場の展示↓では、美術の中に入り浸れました。
   http://shinobutakano.com/2016/09/19/3187/
  平原慎太郎さんがまた塩田作品のなかでパフォーマンス↓を。見逃した…!
   https://www.mori.art.museum/jp/learning/3268/

 ・徳永京子「はなすよるvol.3」
  9月18日(水)祖師ヶ谷大蔵カフェムリウイ
  19時開場、19時30分開演。1000円(1ドリンク別)。
   https://note.mu/muriwui/n/n1d31cf1cdb82
   https://twitter.com/k_tokunaga/status/1167406340748144640
  演劇ジャーナリストの徳永京子さんが観劇感想を語る回。続いてます。

 ・九州大学ソーシャルアートラボ&日本文化政策学会
  「公開研究会「文化事業の評価 現場×行政 それぞれの視点をつなぐ」」
  9月25日[水] 15:00~18:00(開場 14:30)
  会場:ワイム貸会議室 お茶の水 Room A
  ゲスト:片山正夫 源由理子 大澤寅雄 中村美亜 村谷つかさ 朝倉由希
  司会:長津結一郎
  参加費:500円(日本文化政策学会 会員:無料)*要事前申し込み
  定員90名(先着順)、9/20[金]申込締切
   https://bit.ly/33KmTxz
  「文化事業の評価」「現場」「行政」…気になるキーワードばかりです。

 ◎ご報告しておきたい「しのぶの演劇レビュー」内記事

 ・【稽古場レポート】新国立劇場演劇研修所『朗読劇「ひめゆり」』
   http://shinobutakano.com/2019/08/08/13115/

 ・【レポート】セルゲイ・チェルカッスキー講演
   「世界におけるスタニスラフスキー・システムの流れと実践」
   http://shinobutakano.com/2019/08/25/13363/

 ・【写真レポート】高円寺K’sスタジオ×ドラマティック・コラボレーション
   「西山水木ヴォイスクラス「声と言葉のワンポイントレッスン」」
   http://shinobutakano.com/2019/08/24/13340/

 ・【意見】あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」を
   中止に至らせた、表現の自由を侵害する発言・行動に反対します
   http://shinobutakano.com/2019/08/05/13067/

 ・【意見】政治家・小泉進次郎氏の結婚発表に際して
   http://shinobutakano.com/2019/08/12/13206/

 ◎おすすめ舞台中継など on TV(おすすめがある時だけ掲載)

  長寿サイト「シアターリーグ」↓が
   http://www.moon-light.ne.jp/
  ニュース↓で舞台中継スケジュールを掲載してくださっています。 
   http://www.moon-light.ne.jp/news/
  公式ツイッター↓もあります。
   https://twitter.com/Theater_League

 ◎注目している役者さんに「しのぶさんのサイトでいつも
  オーディション情報をチェックしています」と言われて嬉しい!
  「受かりました!」と言われるともっと嬉しい♪
  「しのぶの演劇レビュー」に情報掲載をご希望の方は、
  お問い合わせフォーム↓からどうぞ。
   http://shinobutakano.com/contact/
  ※恐れ入りますが、必ず掲載するわけではありません。

 ◎ツイッターやってます!フォロワー約9400人に感謝♪
  ⇒ @shinorev : http://twitter.com/shinorev
  観劇感想の速報もたまにつぶやきます。
  震災・原発事故、政治・選挙関連のリツイートも多いです。

 ◎お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらへ↓お気軽にどうぞ♪
   http://shinobutakano.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆6 【このメルマガについての注意事項(毎月同じ内容です)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、高野しのぶの演劇への情熱で書かれています。
 沢山の人に演劇に触れてもらいたい! ので、クチコミ・転送 大歓迎です♪

 ☆ご友人、お知り合いにどうぞこのメルマガをご紹介ください!
  【面白い演劇を紹介してるメルマガはコレ!】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000134861.html

 ☆もしこのメルマガを観てお芝居に行かれたら、劇場でのアンケート用紙に
  「高野しのぶのメルマガで知った」等、書いていただけると嬉しいです♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎東京および関東近郊の情報に限らせていただいております。
 ◎掲載内容には細心の注意を払っておりますが、
  間違いがあることもあります。情報は主催者URLでご確認ください。
 ◎お薦めを観に行って面白くなかったら・・・ごめんなさいっ。

 ◎簡単なプロフィールはこちらです。
  → http://shinobutakano.com/introduction/

 ◎購読・解除はこちらから簡単にできます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000134861.html

////////////////////////////////////////////////////////////////

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ