劇団うりんこ『わたしとわたし、ぼくとぼく』01/24-01/27こまばアゴラ劇場

 観た方にお薦めされて、日曜日の朝の回に当日券で滑り込みました。観られてよかった!!

 ⇒アレクシ・ケイ・キャンベル作『プライド』のレビュー

≪あらすじ≫ 公式サイトより(http://www.urinko.jp/schedule.html
皆様のご好評をいただき、再演が決定いたしました!
大人のぼくへ 夢は叶ってますか?
保育園に務める30歳の健人は、男性保育士に対する保護者の偏見に落ち込み、ゲイである秘密を打ち明けられず引きこもってしまった。ある日、鏡を見ていると、1人の少女が現れて、言った。『世界を救って欲しい』少女に導かれて1997年の教室へ。そこで10歳の自分と出会い…
≪ここまで≫

 ここからネタバレします。

 保育士の健人は謎の女の子(?)に導かれ、2017年から1997年へとタイムスリップし、10歳の自分(=健人)を助けようとします。同級生の男の子に失恋したばかりの10歳の健人と、その友達で「女性らしくなりたくない」と思っている女の子・みどりは、特異な存在なのでクラスでいじめられています。1997年の学校と家庭の会話は地獄ですね…。偏見と無知、無理解、不寛容、そしてエゴの押し付けと甘え(依存)に辟易しました。

 みどりの母親が彼女にピンク色のワンピースを着るように強要するシーンがあったのですが、母親がイスに掛けて置いて行ったワンピースを、みどりがはけて(舞台袖へと持っていって)、場面転換しました。あれは母親がはけた方が良かったのではないかと思います。でなければ、みどりがワンピースを再びごみ箱に捨てる、または舞台袖に投げ捨てるなどの演技が欲しかったですね。私には場面転換のための作業に見えてしまいました。

 大人の健人役の俳優以外は、複数役を演じます。いじめっこの女子、保育園の女性保育士、保育園に子供を預ける父母などを代わる代わる演じていくので、1人の俳優が健人たちの敵にも味方にもなるのがいいですね。「人間は変わることができる」という希望を示しているようにも感じました。

 10歳の健人とみどりはプライド・パレードを見るために札幌へと向かいます。1997年のパレードは本当にあったことなんですよね…超胸アツ!
 車掌さんがドラァグ・クイーンだったのが面白かったです(同一人物であるとは限りませんが)。なぜ彼には大人の健人の姿が見えたのかが、それでわかりました。私たちは興味のないもの、見たくないものを見ないようにして、それらを軽視したり、無視したりしがちです。見えれば、見るようにすれば、すぐに変われるかもしれない。それも希望だと思います。

 10歳の健人と一緒に、初恋の人(ブラジルに引っ越してしまう日に車から手を振ってくれた)にお別れができた大人の健人は、現実に戻って保育園でカミングアウトします。驚いて逃げるように去る母親も、憮然とする父親もいましたが、ある母親は同性パートナーとともに息子を育てていると、涙ながらに告白しました。なんと、冒頭で健人を過去へと連れ出した謎の女の子(?)は、その息子の子供として生まれる予定の命だった、健人は謎の女の子(?)の世界を救ったのだ…というエンディングでした。

≪東京都、愛知県、愛知県、三重県≫
出演:下出祐子・にいみひでお・宮腰裕貴・鷲見裕美・山内まどか・児玉しし丸・栗本彩・村上綾菜
脚本・演出:関根信一(劇団フライングステージ)
美術:岡田保(演劇組織 KIMYO/かすがい創造庫) 照明:四方あさお 衣裳:さくま晶子 音楽・音響:内田アダチ 宣伝美術:イラスト/伊藤ちづる デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿 写真/清水ジロー
【発売日】2018/09/01
一般 前売2500円 当日3000円
U25 前売2000円 当日2500円 (4歳以上有料)
http://www.komaba-agora.com/play/6529
http://www.urinko.jp/schedule.html
https://stage.corich.jp/stage/96279

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ