アクターズワークスユニット『“男”と“女”の短編集』04/11-15高円寺K’sスタジオ

 俳優指導者で俳優でもある柚木佑美さんが企画・総合演出を手掛けるアクターズワークスユニットの旗揚げ公演は、短編二人芝居の4本立てで、上演時間は約1時間25分。

 レビューは記録のみです。

新国立劇場演劇『1984』04/12-05/13新国立劇場小劇場

 ジョージ・オーウェルのSF小説「1984」を2013年に舞台化した米国戯曲の本邦初演です。演出は小川絵梨子さん、主演は井上芳雄さん。メルマガで今月のお薦めベスト3としてご紹介していました。初日の上演時間は約2時間弱。

 安倍政権下での公文書改ざんと破棄、国会での虚偽答弁などの悪事が毎日明らかになっている今、この時にぴったりの作品でした。1948年執筆、1949年発行の原作に忠実でありながら、現前性のある上演になっています。終盤は体験型と言っていいぐらいの臨場感!いや~…ドキドキでヒリヒリでした……。

 戯曲掲載の「悲劇喜劇」↓がロビーで購入できます。

悲劇喜劇 2018年 05 月号
悲劇喜劇 2018年 05 月号
posted with amazlet at 18.04.12
早川書房 (2018-04-07)

 
 私には珍しく、原作小説↓を読んでから伺いました。すごく面白いですよ!

一九八四年[新訳版] (ハヤカワepi文庫)
ジョージ・オーウェル
早川書房
売り上げランキング: 438