【宣伝】「CoRich舞台芸術まつり!2018春」応募メリットとコツ

グランプリは賞金100万円!
グランプリは賞金100万円!

 全国の小劇場公演を対象にしたコンテスト形式のフェスティバル「CoRich舞台芸術まつり!」が開催されます。11回目となる今年も審査員を務めさせていただきます。
 ⇒公式サイト
 ⇒現在の応募状況
 ⇒〆切は2月6日(火)14時

■「CoRich舞台芸術まつり!」とは?
 日本各地で精力的に活動する舞台芸術団体の優れた作品を、より多くの観客と分かち合うことを目指しています。将来への期待度が高いインディペンデントの小劇場団体に注目し、再演に値する心血を注いだ舞台との出会いに期待します。

 ・応募できるのは2018年3~5月に上演される客席数300席以下(東京以外は500席以下)の公演。
 ・【参加費は無料!】審査員がネット審査を通過した10公演を日本各地に観に行きます。
 ・グランプリ受賞団体に受賞作の再演資金として100万円を贈呈!
 ・演技賞にも賞金5万円あり!(最大5名まで)
 ・制作賞、最多クチコミ賞にも副賞あり!

 ☆過去のグランプリ受賞者劇団 短距離男道ミサイルカンパニーデラシネラ□字ック木ノ下歌舞伎FUKAIPRODUCE羽衣箱庭円舞曲柿喰う客MCR渡辺源四郎商店風琴工房

 2013年グランプリの木ノ下歌舞伎『黒塚』は全国5か所ツアーの後、パリ公演も実現。同団体は『三人吉三』で2015年読売演劇大賞・上半期の作品賞ベスト5に選出されました。
 2014年グランプリの□字ック『荒川、神キラーチューン』は2016年6~7月に東京、愛知公演を実施。愛知は公立劇場の主催公演でした。2018年1月には本多劇場に初進出
 2016年グランプリのカンパニーデラシネラ『椿姫』は2018年(今年)3月に世田谷パブリックシアターで再演されます。
 2017年は宮城県仙台市の劇団 短距離男道ミサイルがグランプリを受賞。東北の団体のグランプリ受賞は2代目グランプリの渡辺源四郎商店以来、2度目です。

 ※10団体を選ぶ第一次審査には地域別の応募数が多少は関係します。ただ、昨年度↓は東京からの応募が7割でしたが、結果としては7割が東京以外を拠点とする団体が選ばれました。

 以下に応募のメリットとコツをまとめました。全国からのご応募を、祈るようにして、お待ちしております!!