戯れの会+学習院『HUIS CLOS(ユイ=クロ) -出口なし-』02/22-26学習院大学南1号館特設劇場

 目白にある学習院大学内の、築90年以上の建物(文化財)での公演です。2015年からの3年連続企画の最終回とのこと。上演時間は約1時間55分(演出家による前説込み)。

 新訳だったおかげか、意味が分かりやすかったです。原題は裁判用語で「傍聴禁止」。「出口なし」よりも広い解釈が出来て面白いですね。

 以下は記録程度です。

高円寺K’sスタジオ『リーディング公演「ピンクミスト」』02/23-26高円寺K’sスタジオ本館

 俳優の日下諭さんが運営する高円寺K’sスタジオの第一回目のプロデュース公演です。スタジオ開設時からよく伺っているので、とうとう公演が始まったのだなと、個人的に感慨深いです。5月の第二弾も発表されました(5/11-14に『宮城野』、他を上演)。

 題名は直訳だと「ピンク色の霧」。軍隊に志願して中東の戦場に向かった、3人の若者とその家族、恋人のお話です。実話を基にした2015年初演のラジオドラマで、ただいま舞台版が全英ツアー中。上演時間は約1時間40分(休憩なし)。

 公演終了後はその場がバーになり、飲み物を注文して出演者とおしゃべりができます。稽古⇒本番⇒交流が1つの稽古場で完結するスタイルです。贅沢な照明機材はないですが、スピーカーはあります。最大客席数は約50席。

【ご報告】「CoRich舞台芸術まつり!」を高く評価していただきました

 去る2/21(火)に「CoRich舞台芸術まつり!2017春」第一次審査の結果が発表されました(⇒応募メリットとコツ)。大変嬉しい記事を見つけましたので、ここにご紹介し、書いて下さった方々に心から御礼申し上げます。

 高崎大志さん:いま日本の舞台芸術シーンで、もっとも大きな課題の一つは、地域間格差の緩和です。(略)この問題に、CoRich舞台芸術まつり!は有効な回答を提示しています。

 メグミさん:ここまで、応募から選考までオープンにされ、全団体の提出文章も読め、選考ポイントも開示され、ジャンル、地域に関わらずチャンスのある演劇の賞ってあるのでしょうか?少なくとも私は他に知りません。

東京芸術劇場『コドモ発射プロジェクト「なむはむだはむ」』02/18-03/12東京芸術劇場シアターウエスト

 こどもたちが書いた脚本を、岩井秀人さん、森山未來さん、前野健太さんが演劇作品にして舞台で上演してくださいました。今月のメルマガでお薦めNo.1としてご紹介していた舞台です。私が観た回の上演時間は約1時間20分。すっごく幸せな時間でした!

 ■舞台映像

 ■ドキュメンタリー番組がTV放映されます

新国立劇場演劇研修所10期生修了公演『MOTHERー君わらひたまふことなかれ』02/10-15新国立劇場小劇場

 新国立劇場演劇研修所10期生修了公演『MOTHERー君わらひたまふことなかれ』初日を拝見。稽古場レポートを書かせていただいた公演です。

ロシア国立サンクトペテルブルク・マールイ・ドラマ劇場『たくらみと恋』02/18-19世田谷パブリックシアター

たくらみと恋
たくらみと恋

 ロシア国立劇場の28年振りの来日公演ということで、2月のメルマガのお薦めNo.1としてご紹介していた公演です。

 上演時間は約2時間10分というアナウンスでしたが、12分ほど遅れて開演し、カーテンコールもたっぷりあって、全て込みの上演時間は約2時間30分だったと思います。開演前、上演中に拍手が起こったり、カーテンコールでキャストに花を贈るお客様が次々に出てきたり、客席でも異国情緒を味わうことが出来ました。

 私は期待し過ぎのせいもあって(2004年のロシアの舞台が私の観劇人生を変えたので)、大絶賛とまでは行きませんでしたが、俳優の技術と洗練された演出には唸らせられました。日本での公演が2ステージしかないのはもったいないですね。

庭劇団ペニノ『ダークマスター』02/01-12こまばアゴラ劇場

 岸田國士戯曲賞受賞者で海外でも大活躍中のタニノクロウさんが、2003年、2006年と上演を重ねた作品を大阪でリクリエーション。登場人物が大阪の人々になっています。

 前売りは完売。初日は開場時刻が遅れて、上演時間は約2時間20分、休憩なし。やっぱり超面白かったです♪ 

アルメイダ・ライブ「リチャード三世」02/17-23 TOHOシネマズ日本橋

 ナショナル・シアター・ライヴ (NTLive) 、ブラナー・シアター・ライブ (BTLive) に続いて、アルメイダ・ライブ(Almeida Theatre Liveのシアターを省略したようです)が始まりました。ブラナー・シアター・ライブの公式ツイッターと公式facebookは「British Theatre Live」に改められています(以前はBranagh Theatre Liveでした)。

イギリスで見た人の感想:http://musicalandplay.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

ユマクトプロデュース『リリオム』(2度目)02/02-06恵比寿・エコー劇場

リリオム
リリオム

 土曜日の夜に2度目を拝見したところ(⇒1回目のレビュー ⇒稽古場レポート)、全く別のお芝居になっていました。舞台は進化するんですよね。期待どおりの空気、感覚を味わえました。泣いちゃったりも。

 俳優が作品のために、その場で起こる事件のために、舞台上で生きていました。細やかな工夫があちこちで実を結び、緻密で豊かなコミュニケーションによって、戯曲の世界が立ち上がっていました。