【講座】アーツカウンシル東京「アーツアカデミー受講生募集~芸術文化創造活動の担い手のためのキャパシティビルディング講座~」11/12、12/05、12/12、12/26、01/23、02/21実施※10/26〆切(郵送のみ)

 アーツカウンシル東京が、次代の芸術文化の担い手の育成を目的とした「アーツアカデミー」の受講生を募集しています。テーマは「芸術文化創造活動の担い手のためのキャパシティビルディング」。全6回、無料です。応募時に志望動機とレポートの提出必要。詳細は公式サイトをご確認ください。

 ※応募説明会あり
 日時:10月16日(火)17:00~18:00 

●アーツカウンシル東京「芸術文化創造活動の担い手のためのキャパシティビルディング講座」
 対象:芸術文化領域において3年以上の活動経験のある制作者、研究者、セルフマネージメントのアーティスト・表現者、及び芸術団体・アートNPOのコーディネーター、アートマネージャー、芸術文化支援団体のプログラムオフィサー等。(分野は問いません)

 スケジュール(全6回):11/22、12/05、12/12、12/26、01/23、02/21(いずれの日も17:00~20:00)
 講師:山元圭太、若林朋子、伊藤美歩、落合千華、大澤寅雄
 募集人数:20名程度
 受講料:無料
 場所:アーツカウンシル東京 会議室

 このエントリーに続きはありません。

ホリプロ/TBS/東宝/WOWOW『ミュージカル「生きる」』10/08-10/28赤坂ACTシアター

 黒澤明監督の映画「生きる」が新作ミュージカルに。演出は宮本亜門さん、脚本・作詞は高橋知伽江さん、作曲&編曲はジェイソン・ハウランドさんです。上演時間は約2時間15分、途中休憩20分を含む。

生きる[東宝DVD名作セレクション]
東宝 (2015-02-18)
売り上げランキング: 803

 
 「いったい、どんなミュージカルに…??」と恐る恐る観に行きましたところ、気楽に鑑賞できて、シンプルに感動させられました!ストンと終わるラストが特に素晴らしい♪ 私が拝見したのは鹿賀丈史さん主演版です。

 カーテンコールでは宮本亜門さん、高橋知伽江さん、ジェイソン・ハウランドさんが舞台上で挨拶されました。今日の指揮はジェイソンさんでした。

富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ『BEAUTIFUL WATER』10/05-07富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ・マルチホール

劇団スポーツ『はしらない』10/04-10/08花まる学習会王子小劇場

 DULL-COLORED POP「福島三部作・第1部先行上演『1961・夜に昇る太陽』」に主演されていた、内田倭史さんの劇団の公演を拝見しました。制作の石本秀一さんは第1回高校生劇評グランプリ獲得経験があります。

 「表現」っていったい何なんだろう…と立ち止まり、常に袋小路に入る日々です。以下、ご参考になればと思います
 ⇒朝日新聞「文芸時評「芸術と日常」」(小説家・磯﨑憲一郎)08/29掲載
 ※島貫泰介さんのツイート(2018/10/04)も加筆しています。

 ↓こりっちでカンタン予約!

こまつ座『母と暮せば』10/05-21紀伊國屋ホール

 稽古場レポートを書かせていただいた、こまつ座の新作二人芝居『母と暮せば』の初日に伺いました。上演時間は約1時間20分。10分ほど押して開演したように記憶しています。

 私が稽古場に伺ったのは9/18で、約2週間は経っていますね。比べようがないほど変わって、進化していました!東京公演の後、茨城、岩手、滋賀、千葉、愛知、埼玉、兵庫公演あり。どうぞお見逃しなく!

 レビューは記録のみ。