【稽古場レポート】新国立劇場演劇研修所12期生修了公演『るつぼ』01/29新国立劇場地下リハーサル室

チラシと上演台本
チラシと上演台本

 新国立劇場演劇研修所(⇒公式facebookページ、⇒公式ツイッター)の12期生修了公演『るつぼ』の稽古場に伺いました。12期生の現場に伺うのは『朗読劇「少年口伝隊一九四五」』、『トミイのスカートからミシンがとびだした話』以来、3度目です。

 『るつぼ』は米国劇作家アーサー・ミラーの代表作の1つで、1953年ニューヨーク初演のトニー賞受賞戯曲。演出は同研修所長の宮田慶子さんです(過去の稽古場レポート⇒)。宮田さんは2009年の同研修所3期生試演会と、2012年の新国立劇場演劇部門の本公演でも『るつぼ』を演出されています。

●新国立劇場演劇研修所12期生修了公演『るつぼ』⇒公式サイト
 02/08-13新国立劇場小劇場 THE PIT
 作:アーサー・ミラー 翻訳:水谷八也 演出:宮田慶子
 A席3240円 B席2700円 Z席(当日券)1,620円 学生券1000円(予約なくても1000円)。
 ※2/9(土)14時、2/10(日)14時は前売り完売。当日券あり。
 ※上演時間は3時間20分(1幕95分・休憩15分・2幕90分)。

写真左から:河合隆汰、坂川慶成、西原やすあき、福本鴻介 右下:川飛舞花
写真左から:河合隆汰、坂川慶成、西原やすあき、福本鴻介 右下:川飛舞花

 流れや結末を知っていてもハラハラドキドキさせられる、さすがの名作です。若者らしい弱さと焦燥感、躍動する身体が鮮烈で、同じ構造の演出でも全く違うお芝居になっていました。特にラストシーンの印象の変わり具合ときたら!俳優が違うとこんなに変わるのかと、改めて驚かされました。

【写真レポート】東京芸術劇場「野田秀樹を囲む記者懇談会「東京演劇道場」オーディション/ワークショップのご報告」01/25東京芸術劇場地下2階リハーサルルームL

 野田秀樹さんが芸術監督をつとめる東京芸術劇場は昨年、次世代の役者・芝居人のための修行の場「東京演劇道場」への参加者を公募しました(⇒告知エントリー)。

 野田さんがその経過と今後について、記者の質問に答えてくださいました。8歳から70代までの約1700人から応募があり、書類審査と5日間のワークショップを経て60名が選ばれたそうです。

野田秀樹さん
野田秀樹さん

 “道場”という名称に指針がはっきりと示されています。“学校”や“駆け込み寺”ではないわけですね。公立の劇場が基本的に無料で俳優の鍛錬の場を提供する試みであり、継続の方針もあって、喜ばしく思いました。

 以下に、野田さんのご発言をまとめました。

【公募】世田谷パブリックシアター「シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.12参加団体募集」2019年12月公演として実施※01/24-26に応募・ただし面接あり(郵送のみ)

 シアタートラム ネクスト・ジェネレーションvol.12の参加団体募集情報です。
 昨年の公募情報:http://shinobutakano.com/2018/02/23/8648/

 詳細は公式サイト(https://setagaya-pt.jp/news/20181122-61323.html)でご確認ください。
 ⇒vol.11にえらばれた、らまのだ『青いプロペラ』のレビュー(http://shinobutakano.com/2018/11/30/11328/

 公演実施期間:2019年12月3日(火)~12月8日(日)(予定)
  ※新作・再演は不問。

 応募期間:2019年1月24日(木)~1月26日(土) 要事前予約
  ※応募の際に15 分程度のヒアリングをいたしますので、必ず事前に「ネクスト・ジェネレーション」担当までお電話いただき、日時を調整のうえお越しください。

<過去参加団体>
vol.1(2009)サスペンデッズ、toi、エビビモpro./vol.2(2010)快快、演劇ユニット G.com、FUKAIPRODUCE羽衣/vol.3(2011)文月堂、ミナモザ、インパラプレパラート/vol.4(2012)世田谷シルク、演劇ユニット てがみ座/vol.5(2013)カムヰヤッセン、演劇集団 砂地/vol.6(2014)tamagoPLIN/vol.7(2015)趣向/vol.8(2016)開幕ペナントレース/vol.9(2017)泥棒対策ライト/vol.10(2018) to R mansion/vol.11(2018) らまのだ

 ※このエントリーに続きはありません。

【宣伝】「CoRich舞台芸術まつり!2019春」応募のコツ

グランプリ賞金100万円!
グランプリ賞金100万円!

 全国の小劇場公演を対象にしたコンテスト形式のフェスティバル「CoRich舞台芸術まつり!」が開催されます。過去11回まで審査員をつとめさせていただきましたが、12回目となる今回は運営協力という形でかかわらせていただくことになりました。

■「CoRich舞台芸術まつり!」とは?
 日本各地で精力的に活動する舞台芸術団体の優れた作品を、より多くの観客と分かち合うことを目指しています。将来への期待度が高いインディペンデントの小劇場団体に注目し、再演に値する心血を注いだ舞台との出会いに期待します。

 ・応募できるのは2019年3~5月に上演される客席数300席以下(東京以外は500席以下)の公演。
 ・【参加費は無料!】審査員がネット審査を通過した10公演を日本各地に観に行きます。
 ・グランプリ受賞団体に受賞作の再演資金として100万円を贈呈!
 ・演技賞にも賞金5万円あり!(最大5名まで)
 ・制作賞、最多クチコミ賞にも副賞あり!

 ★1月22日(火)正午(お昼12時)より応募開始!応募方法は昨年と同じです!!

 ⇒詳細は公式サイトでご確認ください
 ⇒〆切は2月5日(火)14時
 ⇒2018年度の「応募メリットとコツ」もどうぞ!

 ☆過去のグランプリ受賞者オパンポン創造社劇団 短距離男道ミサイルカンパニーデラシネラ□字ック木ノ下歌舞伎FUKAIPRODUCE羽衣箱庭円舞曲柿喰う客MCR渡辺源四郎商店風琴工房

【写真レポート】新国立劇場「2019/2020シーズン・ラインアップ説明会」01/17新国立劇場地下2階オーケストラリハーサル室

 新国立劇場オペラ部門、舞踊部門、演劇部門の芸術監督3名(大野和士さん、大原永子さん、小川絵梨子さん)による「2019/2020シーズン・ラインアップ説明会」が開催されました。

 オペラ部門と演劇部門は昨シーズンから新芸術監督が就任し、この3人が揃うラインアップ説明会は2度目です。舞踊部門の大原さんにとっては今回が最後のラインアップ説明会になります。

写真左から:小川絵梨子、大野和士、大原永子
写真左から:小川絵梨子、大野和士、大原永子

 東京で開催予定のオリンピック、パラリンピックの時期である2020年夏に上演される、3部門の共同企画となる“子供オペラ”には大いに期待が高まりました。

 以下に、演劇部門の情報をまとめました。一部コメントも書いています。