【レポート】セルゲイ・チェルカッスキー講演「スタニスラフスキー・システムの世界的発展と現代の俳優トレーニング」08/16世田谷文化芸術情報センター・セミナールーム(5階)

 2015年に続き来日されたセルゲイ・チェルカッスキーさんの講演を拝聴しました。2006年2007年のレクチャー2015年、2017年と、私がお会いするのは4度目になるのでしょうか。東京での公募のワークショップは3回だけだと思いますが、他にクローズドでも行われており(ジョコ演劇学校などで)、セルゲイさんは親日派のロシア人でもあります。

20170816_sergei

 2015年に未來社から出版されたセルゲイさんの著作「スタニスラフスキーとヨーガ」を読んでから伺ったのですが、セルゲイさんはまた新著“Acting: Stanislavsky – Boleslavsky – Strasberg: History, Theory and Practice” を上梓されており、なんとその書籍は2016年のロシア最優秀図書賞(Theatre部門)を受賞されていました。403枚もの写真を掲載した816ページの大作です。

スタニスラフスキーとヨーガ
セルゲイ チェルカッスキー
未来社
売り上げランキング: 530,549

 以下は私がメモした内容です。2時間半におよぶ講座のごく一部です。通訳は上世博及さん東京ノーヴイ・レパートリー・シアター)。上世さんはこのワークショップの通訳もされています。

【レポート】SPAC「『アンティゴネ』アヴィニョン演劇祭公演報告会in東京[第一部][第二部]」07/27 FabCafe Tokyo

 SPAC(スパック)静岡県舞台芸術センターが2014年に続き、世界三大演劇祭の1つであるフランス・アヴィニョン演劇祭に招聘されました。5月に静岡でプレ上演された『アンティゴネ~時を越える送り火~』は最も権威ある会場の1つである法王庁中庭のオープニングを飾り、全6公演が満席で、毎回スタンディング・オベーションが起こるという大成功を収めました。SPACの「アヴィニョン法王庁日記」で詳細がわかります。

 7/27(月)の渋谷のカフェでは、『アンティゴネ』上演の報告会[第一部]と、文化庁の支援でアヴィニョンに派遣された若手演劇人のトーク[第二部]が開催されました。

20170724_spac_houkokukai1

 以下、私がメモしたことの記録で、非公式のレポートです。だ・である調、ですます調が混ざっています。[第一部]についてはステージナタリーのレポートが簡潔かつ充実しています。

【宣伝】雑誌「悲劇喜劇」にて河合祥一郎さんと「演劇時評」を担当させていただきます(第三回最終回・2017年9月号・8月7日発売)

 5月号7月号に続き早川書房の雑誌「悲劇喜劇」2017年9月号にて、東京大学大学院教授で翻訳家、演出家でもいらっしゃる河合祥一郎さんと「演劇時評」を担当させていただきました(2017年5月号、7月号、9月号の計3回で終了)。

悲劇喜劇 2017年 9 月号
悲劇喜劇 2017年 9 月号
posted with amazlet at 17.08.08
早川書房 (2017-08-07)

【つぶやき】俳優の中嶋しゅうさんがお亡くなりになりました

 去る7月6日に俳優の中嶋しゅうさんがお亡くなりになりました。私は2度、しゅうさんが出演される舞台の稽古場レポート(⇒)を書かせていただき、少しだけですが、顔を見合わせてお話をさせていただいたことがあります。

 しゅうさん出演作の自分の観劇記録を振り返ってみました。主にTPT、新国立劇場演劇、CATプロデュース、風姿花伝プロデュースで、ストレートプレイ(セリフ劇)を拝見していたようです。しゅうさん演出・出演作も2作品、観ることができました。
 チラシのキャスト覧にしゅうさんのお名前があると安心して、わくわくしました。しゅうさんのおかげで、鋭利で、深淵な演劇の世界を味わうことができました。
 以下、調べられる限りですが、私が拝見したしゅうさん出演作のリスト等です。ご逝去を心よりお悔やみ申し上げます。

【稽古場レポート】新国立劇場演劇研修所『朗読劇「ひめゆり」』07/21新国立劇場地下リハーサル室D

 新国立劇場演劇研修所昨年発表した新作『朗読劇「ひめゆり」』に、今年は11期生が挑みます。「ひめゆり学徒隊」の3冊の手記をもとに戯曲化された、1945年の沖縄戦ドキュメンタリー・ドラマです。初日2週間前の稽古場に伺いました。

20170721_himeyuri_jyogakusei

●新国立劇場演劇研修所『朗読劇「ひめゆり」
 08/04-06新国立劇場小劇場 THE PIT
 出演:新国立劇場演劇研修所第11期生&岩澤侑生子(7期生)
 脚本:瀬戸口郁
 『私のひめゆり戦記』(宮良ルリ著) 
 『ひめゆりの塔 学徒隊長の手記』(西平英夫著) 
 『ひめゆりの塔をめぐる人々の手記』(仲宗根政善著)より
 構成:道場禎一 
 構成・演出:西川信廣(新国立劇場演劇研修所副所長)
 A席2,160円 B席1,620円 学生は半額。Z席の販売はなし。

 8月4日~6日の3日間、計4ステージで完売続出中。いま予約できるのは8月5日(土)14:00/19:00のみです。ご予約はお早目に!