【意見】映演労連フリーユニオンの記事「劇団“地点”解雇事件」について、地点に見解を発表してもらいたい

 映演労連フリーユニオンが公式サイトで「劇団“地点”解雇事件ニュース No.1」を公開しました。日付は2019年8月です。
 ⇒リンクが切れていました。現在はこちらです(2019/11/15加筆)。

 11/3(日)に「地点出演者オーディション」↓が予定されています。締切は10/26(土)です。

 現時点(10月16日)の地点のウェブサイトと、公式ツイッターでは、この件についての言及はありません。映演労連フリーユニオンの記事によると、既に劇団と舞台俳優Aさん(女性)との間で、弁護士を介したやりとりが成されているようです。オーディションを受けたい俳優にとっても重要なことですので、私個人としましては、地点から何らかの見解を発表していただきたいと思いました。

 夏に実施された「フリーランス・芸能関係者へのハラスメント実態アンケート」では、「回答者の61.6%がパワハラ、36.6%がセクハラの被害経験があると答えていた」そうです。強者から弱者への暴力を想像すると、胸がキューっと締め付けられて、苦しいです。40代の私が「そういうものだ」と無批判に受け入れ、諦め、放置してきたことが、理不尽な上下関係を持続させてきたのだとも思います。その反省もあり、【意見】という形でこのような意思表明をいたしました。

 Aさんの訴えしかわからないので、部外者(の私)がどちらが正しい、悪いなどの判断をすることは不可能です。また、地点にとって不公平な状態であるとも思います。偏った情報だけが広まらないためにも、双方の見解が公開されることを望みます。

 ★1/24に地点から見解が発表されました(2020/01/24加筆)。

■地点は京都で劇場「アンダースロー」を運営し、レパートリー上演をしている稀有な劇団です。

■関東地域ではここ数年、KAAT神奈川芸術劇場で公演を行っています。

■地点代表の三浦基さん(⇒2010年のインタビュー)は「あいちトリエンナーレ2019」参加者で、劇団は海外ツアーも行っています。

■三浦基さんは第15回からAAF戯曲賞の審査員です(今年度は第19回)。

■私はこの件を、映画監督、映画プロデューサーの古澤健さんのツイート↓で10月9日に知りました。

■ツイッター上の意見など

 2019/10/30加筆↓

 2019/10/31加筆↓

 2019/11/15加筆↓

(2019/11/20加筆)

 ↓2019/11/22加筆

 ↓2019/11/30加筆

 ↓2019/12/09加筆

 ↓2019/12/20加筆

 ↓2019/12/28加筆

 ↓2019/12/30加筆

 ↓2020/01/17加筆

 ↓2020/01/19加筆

 ↓2020/01/24加筆

 ↓ロームシアター京都公式サイトより転載します。
「【追記】(2020年1月24日)
本件に関連して、劇団地点が団体交渉中であることに関し、ご意見・お問合せをいただいております。本件について、以下のとおり見解をお知らせします。
ロームシアター京都では、芸術、文化の分野においても、すべての人の人権を大切にし、共生社会の実現を目指しております。
劇団地点の劇団員の退職に係る事案については、現在交渉中であり、近々、劇団からコメントを出されると聞いております。双方の話し合いにより事案が適切に解決されることを期待しております。」

 ↓2020/01/29加筆

⇒【意見】京都の劇団地点が「団体交渉 経過のご報告」を公式サイトに掲載しました(1月29日~)

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ