【オーディション】Triglav「2020年1月公演・新訳『二十日鼠と人間』出演男優募集」06/26、06/29実施※06/19〆切(専用フォームあり)

 海外戯曲(英語)を座付き翻訳家による新訳で上演するTriglav(トリグラフ)が、2020年1月公演『二十日鼠と人間』の出演男優を募集しています。詳細は公式サイトでご確認ください。
 過去レビュー:
 http://shinobutakano.com/2018/06/06/12338/
 http://shinobutakano.com/2018/12/16/12342/ ←2018年の私的ベストテンに選出

 「2019年度後期マグカルシアター」の公募で選出された団体です。

●Triglav 3rd work・マグカルシアター参加作品​
 『二十日鼠と人間』
 作:ジョン・スタインベック 翻訳:中西良介 ​演出:新井ひかる
 公演期間:2020年1月10日~1月12日
 会場:神奈川県立青少年センター2階・スタジオ「HIKARI」
 主催:神奈川県、Triglav

・オーディション
 日程:6月26日(水)・6月29日(土)どちらか1日
 会場:都内某所
 審査内容:『二十日鼠と人間』(新潮文庫)を事前にお読み頂いた上で、身体表現・演技・台詞を見させていただきます。
 応募フォーム:https://forms.gle/maAJ6Hh8HHo6p6Wq5
 応募締切:6月19日(水)

 Triglavの座付き演出家である新井ひかるさんは、5月25日(土)の無料イベントで演出をされます。
 MSPインディーズ・シェイクスピアキャラバン「読上歌舞伎『何櫻彼櫻銭世中』」
 演出:新井ひかる(Triglav)、西村俊彦

 以下、公式サイトより。

●オーディション開催決定
2020年1月、神奈川県が主催する「マグカルシアター」に参加することが決定致しました。
ジョン・スタインベックの名作『二十日鼠と人間』を中西良介の新訳で上演致します。
それに伴い、団体初のオーディションを開催いたします。

【公演概要】
★上演作品
「二十日鼠と人間」(ジョン・スタインベック作/中西良介翻訳/新井ひかる演出)
★公演期間
1月10日(金)~1月12日(日)
★公演会場
神奈川県青少年センター2階・スタジオ「HIKARI」(神奈川県横浜市西区紅葉丘9-1)
★主催
神奈川県、Triglav

★稽古期間
11月より稽古開始
★稽古場所
神奈川県青少年センター、他

【オーディション概要】
★応募条件
上記稽古及び本番に参加できる方
Triglavと共に文化芸術の発展事業に参加したいと思える方
※今回は男性出演者のみの募集です※

尚、マグカルシアター参加にあたり、高校生以下の入場料を安価に設定いたします。収益を目的とした上演ではない為、報酬としての出演料も少額であることをご了承下さい。

★募集役柄
『新訳 二十日鼠と人間』男性出演者

★オーディション日程
6月26日(水)・6月29日(土)どちらか1日
※希望日を考慮致します。
※万が一、両日とも参加ができない場合もご応募頂くことができますが、ご希望頂いた日程で開催可能だった場合のみの実施となります。
★審査内容
『二十日鼠と人間』(新潮文庫)を事前にお読み頂いた上で、身体表現・演技・台詞を見させていただきます。
★会場
都内某所(ご応募いただいた方に追ってご連絡致します)

★応募方法
下記のURLからご応募下さい。
https://forms.gle/maAJ6Hh8HHo6p6Wq5

または、TriglavのGmailにご連絡頂ければ、履歴書をメールにてお送り致します。    
メールアドレスはこちらのページの下部にございます。

★応募締切
【6月19日(水)】

応募書類を査収したのち、6月23日(日)までに、オーディションのご案内(日時・場所)をさせて頂きます。
尚、選考結果についてのお問い合わせは一切受付いたしかねますので、ご了承ください。

★お問い合わせ
Triglav 制作・菅野
triglav2018hrt(アットマーク)gmail.com

【コメント】
 Triglavは、参加者全員がコラボレーターとして、妥協のない作品作りを目指してきました。そうは言っても、現実は壁だらけで、これまで関わってくださった方々の知恵と経験と発想と愛情があってのこれまでだと実感しています。まだまだ、未熟な団体ではございますが、それでも、良い作品を作りたいという面倒くさいほどの情熱は負けないつもりです。このオーディションが、新たなコラボレーターとの出会いになることを期待しています。(新井)

 今回、「二十日鼠と人間」を上演するにあたり、演劇、そして社会に対して強い求心力を持った人々と、マンパワーで舞台空間を立ち上げたいと思い、オーディションを開催する運びとなりました。現在、絶賛翻訳中ですが、これまで僕が触れてきた「二十日鼠と人間」よりもはるかに面白い作品になる匂いがプンプンしております。僕はこの作品で、本気で神奈川芸術劇場に殴り込みをかける気満々です。そう考えるとこのオーディションでの縁が長い付き合いになるかもしれません。そういう覚悟を持った方と出会えればと思っております。(中西)

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ