【ワークショップ】西村壮悟「マイズナーワークショップ(テーマ:Living Truthfuly)」03/25実施※メールのみ(先着順、〆切なし)

 西村壮悟さんのサンフォード・マイズナーのテクニックを使ったワークショップの情報です(⇒前回エントリー:http://shinobutakano.com/2019/02/21/11754/) 詳細はFacebookイベントページでご確認ください。

【日時】3月25日 10~16時(昼休憩あり)
【場所】東高円寺駅近辺のスタジオ
【参加料金】¥3500
【定員】8~10名くらい(先着順)
 Facebookイベントページ:https://www.facebook.com/events/2152836928103112/

 以下に概要などを転載します。

●西村 壮悟「マイズナーワークショップ」

3月のマイズナーワークショップのテーマは「Living truthfully」
訳すると「ありのままで、生きている」「(嘘がなく)真実の状態でいる」

リピテションエクササイズを通して、瞬間瞬間相手から受けて生まれた衝動で動き、関わる技術を鍛えましょう。
感情にこだわるのではなく、相手にフォーカスし、相手から受けた衝動に忠実に反応する練習をします。
経験の浅い方にも、ある程度経験を積まれた方にも、よりこのテクニックが理解でき、しっくりと体に馴染むよう、
マイズナーテクニックにつながる要素がある身体的なゲームも取り入れながら、なるべく多くリピテションができるようにしたいと考えています。

このワークショップで得られること:
リピテションの技術が高められる。
演技中につい頭で考えてしまったり、自意識(自分のなかの批評家の声)にとらわれてしまうことから脱却できる。
自分でやろうとするのではなく、相手に動かされるという感覚を得ることができる。
直感的に、大胆に反応できるようになる。
自分で作った制限を外すことができる。
観察力が鍛えられる。
常に「今」にいることができる。
ーこれらによって、観客から観て「生きている、信じられる」演技ができるようになる。

【対象】
俳優、演出家等、演技に携わる人 。ダンサーも可。
マイズナーの未経験者も大歓迎です!

【日時】
3月25日 10~16時(昼休憩あり)
遅刻早退可。事前にご相談ください 。

【会場】
東高円寺駅近くのスタジオ

【参加費】
3500円

【参加お申し込み方法】
①お名前
②連絡先メールアドレス
③マイズナーの経験の有無

を明記のうえ、
so5246ra(アットマーク)gmail.com
までお申し込みください。
(またはメッセンジャーでも可)
参加人数把握のため「参加する」をクリックしていただけると大変ありがたいです。「参加する」クリックだけでは申し込み受付はできませんのでご注意ください

【定員】
8~10名くらい。先着順。

【講師プロフィール】
新国立劇場演劇研修所2期生修了。
マイズナーテクニックを柚木祐美氏、スコット・ウィリアムズ氏から学ぶ。
主な出演作品に『アルトナの幽閉者』『うれしい悲鳴』『従軍中のウィトゲンシュタインが(略)』『サロメ』『雨』『真田風雲録』など、蜷川幸雄氏、栗山民也氏、宮田慶子氏、宮本亜門氏、上村聡史氏、谷賢一氏、吉田小夏氏、広田淳一氏らの演出作品に出演。
文化庁新進芸術家海外研修制度で2017年から約一年間ロンドンに留学。

~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ