【稽古場レポート】こまつ座『母と暮せば』09/18すみだパークスタジオ

 2010年に亡くなった劇作家・井上ひさしさんの戯曲を上演するこまつ座が、井上さんの原案を映画化した山田洋次監督作『母と暮せば』を舞台化します。脚本を手掛けたのは青森の劇団・渡辺源四郎商店の畑澤聖悟さん。演出は栗山民也さんです。

母と暮せば [DVD]
母と暮せば [DVD]
posted with amazlet at 18.09.18
松竹 (2016-06-15)
売り上げランキング: 39,124

 
 こまつ座の代表作『父と暮せば』は、原爆投下後の広島に暮らす父と娘の二人芝居。それと対を成す『母と~』は、長崎に住む母と息子の物語です。母を富田靖子さん、息子を松下洸平さんが演じます。

●こまつ座『母と暮せば』
 2018年10月5日(金)~21日(日) 会場:紀伊國屋ホール(新宿)
 ≪東京、茨城、岩手、滋賀、千葉、愛知、埼玉、兵庫≫
 出演:富田靖子、松下洸平
 原案:井上ひさし 作:畑澤聖悟
 演出:栗山民也 協力・監修:山田洋次
 一般:6,000円 U-30:3,500円(観劇時30歳以下)
 ※上演時間は2時間以内のようです。

写真左から:富田靖子、松下洸平 撮影:宮川舞子
写真左から:富田靖子、松下洸平 撮影:宮川舞子

 初日まであと約2週間半という時期に、物語終盤の繰り返し稽古を拝見しました。“地獄”を知った平凡な親子が、夢を見て、理想を語ります。事実を語る血の通ったフィクション(=虚構)に落涙の連続でした…これは…傑作誕生の予感!!