【メルマガ 2018年09月のお薦め舞台】

2014年度の4位入賞!
2014年度の4位入賞!

 2018年9月のお薦め舞台9本+αをご紹介します。
 まぐまぐ大賞2014・無料部門・エンターテイメント・ジャンルで4位入賞したメルマガです♪

 ★メルマガへのご登録はこちら
 ★バックナンバーはこちらです。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 “しのぶの演劇レビュー” Vol. 167    2018.09.01  2,542部 発行

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ http://shinobutakano.com/

   今、面白い演劇はコレ! 年200本観劇人のお薦め舞台♪
                   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎今月はメルマガ号外を発行したお芝居が、2本も再演されます!
  グループる・ばる『蜜柑とユウウツ』とこまつ座『マンザナ、わが町』!

   舞台には、あなたの心を揺さぶり、
   人生の輝きを増してくれる奇跡があります。

  “今から観られる面白い演劇”をご紹介します。
  お友達、ご家族、恋人と一緒に、どうぞ劇場を訪れてください!

 ◎facebookページ↓でブログ更新を報告しています。
   http://www.facebook.com/shinobureview
   よかったら「いいね!」をクリックしてくださいね♪


○○ 今回のもくじ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ◆1【今月のお薦め9本+α(4000円台、3000円台、他)】
   
   ◎No.1→こまつ座『マンザナ、わが町』
       09/07-15紀伊國屋ホール
    http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#311
   
 ◆2【先月のベスト3】

   ◎No.1→KAAT神奈川芸術劇場
       『キャサリン・ウィールズ劇団「ホワイト WHITE」』
       08/07-09神奈川芸術劇場・大スタジオ
       ≪福岡、神奈川≫
       http://shinobutakano.com/2018/08/09/10404/

 ◆3【高齢者による舞台芸術祭「世界ゴールド祭2018」が開催!】

   ◎無料の街なか公演やワークショップもありますよ♪

 ◆4【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveの新上映など~】

   ◎ロルカ作「イェルマ」が新上映!

 ◆5【編集後記】

   ◎「東京芸術祭2018」の公式サイトが公開されました。
    http://tokyo-festival.jp/2018/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆1 【今月のお薦め9本+α(4000円台、3000円台&以下、他)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▽★印がいちおし公演です。
 ▽初日の早い順に並べています。
 ▽掲載内容:主催/企画製作・『題名』・日程・会場・税込価格・URL
 ▽氏名は敬称略で並びは順不同。座種の記述がない公演は全席指定。
 ※間違いがあるかもしれません。最新情報や詳細は公式サイトでご確認を。
 ※高額公演を9本に減らし、4000円台、3000円台の欄を設けました。

 ◎8月中に開幕している公演は、メルマガ前月号↓でチェック推奨♪
  http://shinobutakano.com/2018/08/01/10328/

1.関西テレビ放送『サメと泳ぐ』
  09/01-09世田谷パブリックシアター
  ≪東京、宮城、兵庫、福岡、愛媛、広島≫
  出演:田中哲司、田中圭、野波麻帆、千葉哲也、石田佳央 
   伊藤公一 小山あずさ
  原作:ジョージ・ホアン 脚本:マイケル・レスリー
  翻訳:徐賀世子 演出:千葉哲也
  8,800円 U-25シート:4,800円
   https://www.ktv.jp/event/sharks/
  1994年のケヴィン・スペイシー主演のハリウッド映画↓をもとに、
   http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=51836
  2007年に英国で舞台化された戯曲の本邦初演。演出は千葉哲也さんです。
  田中圭さん主演のテレビドラマ「おっさんずラブ」↓は大ヒットでしたね。
   http://www.tv-asahi.co.jp/ossanslove/
  「ハリウッドでの実体験に着想を得て書き下ろされた衝撃作!(略)」↓
   https://theatertainment.jp/translated-drama/6560/

2.NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』
  09/01-12東京芸術劇場プレイハウス
  ≪東京、フランス・パリ、大阪、福岡、東京≫
  出演:妻夫木聡、深津絵里、天海祐希、古田新太、秋山菜津子、大倉孝二、
   藤井隆、村岡希美、門脇麦、池田成志、銀粉蝶、野田秀樹、他
  脚本・演出:野田秀樹
  S席:10,000円 A席:8,000円 
  サイドシート:5,500円 25歳以下はサイドシート3,000円
  高校生割引:1,000円 (事前申込制) 
  ※未就学児はご入場いただけません。
   https://www.nodamap.com/sakuranomori/
  野田秀樹さんの代表作を豪華キャストで上演。パリ公演もあります。
  私は1991年の日本青年館での再演と、2000年の新国立劇場公演を拝見。
  配役表(例):https://twitter.com/lgm_/status/981752624776015872
  オーディション選抜のアンサンブルも多数出演します。演出も楽しみ!
  ※当日券は全公演で発売されます。入手方法↓
   https://www.nodamap.com/news/sakuranomori/509/

★3.こまつ座『マンザナ、わが町(再演)』
  09/07-15紀伊國屋ホール
  出演:土居裕子、熊谷真実、伊勢佳世、北川理恵、吉沢梨絵
  脚本:井上ひさし 演出:鵜山仁
  一般:7,000円
  学生:4,000円(中、高、大学、各種専門学校&演劇養成所の学生対象)
   https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20180626113000.html
   http://www.komatsuza.co.jp/program/index.html#311

 ●お薦めコメント●

  井上ひさしさんの戯曲を鵜山仁さんが演出した舞台の再演です。初演は
  読売演劇大賞の優秀作品賞、最優秀演出家賞(鵜山仁)を受賞。
  出演者の熊谷真実さんも、同賞優秀女優賞と紀伊國屋演劇賞個人賞を
  受賞されました。私はメルマガ号外↓を発行しました。
   http://shinobutakano.com/2015/10/05/427/
  ※2015年の公演は18年ぶりの再演で、今回は再々演です。お詫びして訂正します(2018/09/12)。

  米国のマンザナ強制収容所に収容された日系米国人女性のお話です。
  戦時中が舞台でテーマは深刻そうですが、堅苦しさはゼロ!初演は
  驚くほど明るくポジティブなオーラが、劇場を満たしていました。

  現代口語を使った自然な演技で淡々と見せるタイプではなく、
  全身全霊でフィクションの力を召喚するようなお芝居です。
  歌って踊る音楽劇でありながら、上質の歴史劇にもなっています。
  
  出演者は笹本玲奈さんから北川理恵さんに変わった以外、初演と同じ。
  3年ぶりの再演でクオリティーは保証されていると言っていいと思います。
  ご家族、お友達、恋人を誘って、どうぞご覧ください!

  「5人の日系米国人女性描く、こまつ座「マンザナ、わが町」
   新キャストに北川理恵」↓
   https://natalie.mu/stage/news/267721

★4.パルコ・プロデュース『チルドレン』
  09/08-09彩の国さいたま芸術劇場・大ホール
  09/12-26世田谷パブリックシアター
  ≪埼玉、東京、愛知、大阪、高知、福岡、富山、宮城≫
  出演:高畑淳子、鶴見辰吾、若村麻由美
  脚本:ルーシー・カークウッド 翻訳:小田島恒志 演出:栗山民也
  未就学児入場不可
  ※埼玉公演 6,800円
   U‐25チケット:5,000円(観劇時25歳以下対象)
   O-60チケット:6,000円(観劇時60歳以上対象)
   ペアチケット:12,600円(2名対象)
  ※東京公演 7,500円
   U‐25チケット:5,000円(観劇時25歳以下対象)
   O-60チケット:6,000円(観劇時60歳以上対象)
   ペアチケット:[土日祝]14,000円/[平日]13,000円(2名対象)
   http://www.parco-play.com/web/play/children/
  英国で注目の女性劇作家ルーシー・カークウッドさんの2016年初演作を、
  栗山民也さんが演出。英国、米国でも上演された舞台の本邦初演です。
  カークウッドさんはなんと、1984年生まれの34歳。『チルドレン』は
  2018年のトニー賞演劇部門にもノミネート↓されているそうです。
   https://spice.eplus.jp/articles/191261
  英国公演の舞台写真:https://goo.gl/6JrsTQ
  大地震、大津波、そして原発事故が起こった後、3人の元物理学者が
  数十年ぶりに再会して語り合います。大人の俳優による三人芝居ですね。
  カークウッドさんの戯曲は2013年初演の『チャイメリカ』↓も来年2月に
   https://setagaya-pt.jp/news/20180808-56889.html
  栗山演出で上演。ローレンス・オリヴィエ賞最優秀プレイ賞受賞作↓です。
   http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/04/15_06.php
  ※「高校生や学生のための「観劇カフェ」」が開催されます。
   9月22日(土)13時の回 於:世田谷パブリックシアター
   講師:小田島恒志(本作の翻訳者)。参加無料。
   https://twitter.com/itijapan/status/1034725437182697472
   http://www.st-review.com/kangekicafe.html

5.TBS/ヴィレッヂ/劇団☆新感線『メタルマクベス disc2』
  09/12-10/25 IHIステージアラウンド東京
  出演:尾上松也 大原櫻子 原嘉孝 浅利陽介 高田聖子 河野まさと
   村木よし子 岡本健一 木場勝己 逆木圭一郎 インディ高橋 保坂エマ
   市川しんぺー 徳永ゆうき 伊藤玻羅馬 常川藍里 蝦名孝一 大久保芽依
   落合悠介 狩野新之介 岸波紗世子 嶌村緒里江 鈴木悠華 武市悠資
   西田健二 本多陽葉 本多玲菜 渡部又吁 武田浩二 加藤学 川島弘之
   南誉士広 藤田修平 森大 渋谷亘宏 下島一成
  MUSICIANS:高井寿(高ははしご高) 滝和祥 大桃俊樹 雨宮直人
   松崎雄一(崎は立つ崎)
  作:宮藤官九郎 演出:いのうえひでのり
  原作:シェイクスピア作「マクベス」松岡和子翻訳版より
  13,500円 ※未就学児のご入場はお断りいたします。
   http://www.tbs.co.jp/stagearound/metalmacbeth_disc2/
  IHIステージアラウンド東京での、劇団☆新感線の新シリーズ第2弾。
  シェイクスピア作『マクベス』を宮藤官九郎さんが翻案した
  『メタルマクベス』は、2218年と1980年代を行き来する物語です。
  生バンドのロック演奏とシャウトされる名ゼリフに興奮♪「disc2」の
  主演は尾上松也さんと大原櫻子さん。浅利陽介さんも気になります。
  「disc1」を見逃したので(涙)、なんとか観に行きたいものです…。

6.劇団東京ヴォードヴィルショー『終われない男たち』
  09/14-23本多劇場
  出演:佐藤B作、佐渡稔、石井愃一、市川勇、山口良一、たかはし等、
   あめくみちこ、山本ふじこ、大森ヒロシ、瀬戸陽一朗、中田浄、まいど豊、
   市瀬理都子、京極圭、玉垣光彦、村田一晃、大迫右典、石川琴絵、
   喜多村千尋、平田美穂子 石倉三郎 斉藤清六 綾田俊樹 桜一花 
   福本伸一(ラッパ屋)、木村靖司(ラッパ屋)、弘中麻紀(ラッパ屋)
  脚本:鈴木聡(ラッパ屋) 演出:鵜山仁(文学座)
  前売¥7,000/当日¥7,500 初日割…前売¥6,500/当日¥7,000
   http://www.vaudeville-show.com/72/
  佐藤B作さん率いる劇団が鈴木聡さんの戯曲を上演。演出は鵜山仁さん。
  東京ヴォードヴィルショーとラッパ屋の合同公演のようなキャストですね!

7.加藤健一事務所『Out of Order イカれてるぜ!』
  09/26-10/10本多劇場
  ≪東京、京都、兵庫≫
  出演:加藤健一、浅野雅博、さとうこうじ、坂本岳大、阪本篤、加藤忍、
   日下由美、頼経明子、はざまみゆき、新井康弘
  脚本:レイ・クーニー 訳:小田島恒志 演出:堤泰之
  前売:5,400円 当日:5,940円 高校生以下:2,700円(当日のみ)
   http://katoken.la.coocan.jp/103-index.html
  海外戯曲をコンスタントに上演しくださっている加藤健一事務所。
  好きな俳優さんがキャスティングされていて、気になっています。
  「舞台はホテルの密会現場、加藤健一事務所が
   レイ・クーニー作品を新たに上演」↓
   https://natalie.mu/stage/news/283402

8.まつもと市民芸術館『兵士の物語2018』
  09/27-10/01スパイラルホール
  ≪長野、東京、岐阜、兵庫≫
  出演:石丸幹二、首藤康之、渡辺理恵、串田和美、武居卓、下地尚子、
   ミュージシャン7名
  脚本:シャルル・フェルディナン・ラミューズ 
  作曲:イーゴリー・ストラヴィンスキー 演出:串田和美
  一般:8,500円 U18:5,000円 ※未就学児は入場不可。
   https://www.mpac.jp/event/drama/25851.html
  2013、2014年と連続して松本で上演された舞台が、4年ぶりの再々演で
  東京へ。石丸幹二さんと首藤康之さんの共演は魅力ですよね。

9.KAAT神奈川芸術劇場『華氏451度』
  09/28-10/14神奈川芸術劇場・ホール
  ≪神奈川、愛知≫
  出演:吉沢悠 美波 堀部圭亮 粟野史浩 土井ケイト 草村礼子 吹越満
  原作:レイ・ブラッドベリ 上演台本:長塚圭史 演出:白井晃
  S席:7,000円 A席:5,000円 U24チケット:3,500円(24歳以下)
  高校生以下割引:1,000円 シルバー割引:6,500円(満65歳以上)
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。
   http://www.kaat.jp/d/kashi451
  レイ・ブラッドベリのSF小説を白井晃さんの演出で舞台化。上演台本を
  長塚圭史さんが担当されます。KAAT神奈川芸術劇場が打ち出すカラーが
  定まってきた印象がありますね。

 ★★★────────────────────────────── 
  前売4000円台の気になる作品を5本ご紹介します。
 ──────────────────────────────★★★

《1》Kawai Project『お気に召すまま』
  09/06-09シアタートラム
  09/13-17彩の国さいたま芸術劇場・小ホール
  ≪東京、埼玉≫ 
  出演:太田緑ロランス 玉置玲央 山崎薫(崎は立つ崎) 玲央バルトナー
   岸田茜 釆澤靖起 荒巻まりの 遠山悠介 鳥山昌克 小田豊
   峰崎亮介(崎は立つ崎) 三原玄也 Lutherヒロシ市村
  楽士:後藤浩明 川上由美
  作:ウィリアム・シェイクスピア 翻訳・演出:河合祥一郎
  一般:4,000円 U25:2,500円 高校生以下:1,000円
   https://www.kawaiproject.com/vol-5
  『お気に召すまま』は上演頻度が高い、シェイクスピアの恋愛喜劇。
  シェイクスピア研究者の河合祥一郎さんが、ご自身の新訳を演出されます。
  河合さんは精力的に公演を行われていて、7月↓にも新作上演がありました。
   http://shinobutakano.com/2018/07/11/10149/
  『お気に召すまま』と、新橋演舞場で上演される『オセロー』↓は、
   https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/2018_othello/
  戯曲本↓も出版されます。…凄い!いつも超人的だと思います!!
   https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000030/
   https://www.kadokawa.co.jp/product/321801000139/
  新国立劇場演劇研修所の修了生が7名出演しているのも、個人的注目点。 
  シアタートラム公演の席は6割以上売れているとか。ご予約はお早目に。 

《2》文学座9月アトリエの会『かのような私-或いは斎藤平の一生-』
  09/07-21文学座アトリエ
  出演:関輝雄、大滝寛、川辺邦弘、亀田佳明、萩原亮介、池田倫太朗、
   江頭一馬、河合耀祐、塩田朋子、梅村綾子、大野香織、田村真央
  脚本:古川健 演出:高橋正徳
  前売・電話予約:4,300円 当日:4,600円
  ユースチケット(25歳以下対象):2,500円
   http://www.bungakuza.com/kanoyouna/index.html
  劇団チョコレートケーキの座付劇作家である古川健さんが、文学座に
  新作を書き下ろし、高橋正徳さんが演出されます。水戸芸術館の
  プロデュース公演『斜交』↓でもコンビを組まれていました。
   http://shinobutakano.com/2017/12/09/7996/
  終戦以降の昭和、平成、そして未来が舞台というと、老若男女の
  俳優がそろう老舗劇団ならではの魅力も活かされそうですね。
  古川さんは今月末の劇団公演でも新作を発表。合わせてどうぞ!

★《3》グループる・ばる『蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~』
  09/13-23東京芸術劇場シアターイースト
  ≪東京、演劇鑑賞会ツアー多数≫
  出演:松金よね子、岡本麗、田岡美也子、木野花、小林隆、
   小嶋尚樹、古屋隆太
  脚本:長田育恵(てがみ座) 演出:マキノノゾミ
  一般:前売4,500円 当日4,700円 
  25歳以下:前売3,000円 当日3,200円
   http://www.lebal.jp/stage/241809/
   http://www.geigeki.jp/performance/theater181/
  長田育恵さんが鶴屋南北戯曲賞を受賞した2015年初演戯曲の再演です。
  初演ではメルマガ号外↓を発行しました。そのご縁で、
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0613105749.html
  同賞贈呈式に出席↓させていただきました。
   http://shinobutakano.com/2016/03/29/1431/
  グループる・ばるは女優3人(松金よね子、岡本麗、田岡美也子)の
  劇団で、今回が「さよなら身終い公演」。これで解散なんですね…。
  詩人の茨木のり子の半生を回想し、戦後日本史をたどります。初演は
  彼女の詩とともに、血の通った歴史の証言を浴びるような時間でした。
  目には見えない存在が登場する、愉快なファンタジーでもあります。
  完売の回も出ています。ご予約はこちら↓からお早目にどうぞ!
   http://priere.jp/reserve/1809/

《4》オフィスコットーネ
  『US/THEM わたしたちと彼ら』『踊るよ鳥ト少し短く』
  09/20-27小劇場B1
  『踊るよ鳥ト少し短く』
   出演:占部房子、政岡泰志(動物電気)
   作:ノゾエ征爾(はえぎわ) 演出:山田佳奈(ロ字ック)
  『US/THEM わたしたちと彼ら』
   出演:尾身美詞(青年座/On7) 野坂弘(地平線)
   作:カーリー・ウィジュ 翻訳:小田島恒志・小田島則子
   演出:スズキ拓朗
  一般:前売・当日4500円
  お得チケット:前売・当日4000円(9/21と9/25の14時)
  シードチケット(25歳以下):前売・当日3000円(枚数限定)
  未就学児童のご入場はご遠慮ください。
   http://www5d.biglobe.ne.jp/~cottone/us_them/
  綿貫凛さんがプロデュースされるオフィスコットーネの短編2本立て公演。
  1度に2作品を鑑賞できます。『US/THEM わたしたちと彼ら』は2017年に
  英国ナショナルシアターで上演された作品で、今回が本邦初演。
  2004年に、ある国で実際に起こった学校占拠事件を描いた戯曲とのこと。
  尾身美詞さんと野坂弘さんの二人芝居を、スズキ拓朗さんが演出される
  というだけでも、個人的には必見の公演です♪ 

《5》箱庭円舞曲『父が燃えない』
  09/26-30浅草九劇
  出演:相馬圭祐、林和義、小暮智美、安川まり、片桐はづき、井上裕朗、
   小山貴司、秋本雄基、古川貴義
  脚本・演出:古川貴義
  日時指定・整理番号付き自由席 前売4,000円 当日4,500円
   http://hakoniwa-e.com/26_chichi/
  古川貴義さんが作・演出される箱庭円舞曲の第26回公演は、元劇団員も
  出演する新作上演。古川さんは2011年に『父が燃える日』↓という戯曲を
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2011/0917130159.html
  書かれています。昨年末に実のお父様が死去↓されたばかりで、
   http://blog.livedoor.jp/hakoniwa_enbukyoku/archives/50537344.html
  古川さんご自身も出演されるので、私戯曲の可能性も…?
  ブログによると「自分の父の、じゃなくて、「父」の話」↓だそうです。
   http://blog.livedoor.jp/hakoniwa_enbukyoku/archives/50541934.html

 ☆☆☆────────────────────────────── 
  前売3000円台の気になる作品を2本ご紹介します。
 ──────────────────────────────☆☆☆

[1]座・高円寺『劇場へいこう!2018「ピノッキオ」』
  09/01-17座・高円寺1
  ※一般公演:9/1、3、9、15、16、17
  出演:高田恵篤(高ははしご高)、KONTA、辻田暁、森ようこ、
   高橋優太(高ははしご高)、田中真之、黒須育海
  原作:カルロ・コッローディ 台本監修:佐藤信
  脚本・演出:テレーサ・ルドヴィコ
  全席自由 大人(18歳以上) 3000円 ユース(16歳以上) 2000円
  「なみちけ」ご使用になれます。中学生以下は無料(事前予約必要)
  おしばいの森セット券(『ピノッキオ』と『フランドン農学校の豚』を
   鑑賞可能)=大人4,000円/ユース3,000円
  ※杉並子育て応援券使用可。※障がい者手帳をお持ちの方は1割引。
   http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=1955
  有名童話『ピノキオ』をテレーサ・ルドヴィコさんが舞台化。
  2016年の初演↓から継続上演されている杉並区発信の親子向け作品です。
   http://shinobutakano.com/2016/09/18/3148/
  ちょっと怖くて不思議な空気がいい!辻田暁さんのダンスがかっこいい!
  一般向けの公演が少ないので、早めに日程をチェックしてください。
  『ピノッキオ』の後に、宮沢賢治作「フランドン農学校の豚」と
  「注文の多い料理店」をもとにした新作が上演されます。セット券あり。
  ・『フランドン農学校の豚~注文の多いオマケ付き』
   09/21-10/04座・高円寺1
   ※一般公演:9/22、23、24、29、30
   原作:宮沢賢治 上演台本:佃典彦 演出:西沢栄治
    http://za-koenji.jp/detail/index.php?id=1955

[2]劇団チョコレートケーキ企画公演『ドキュメンタリー』
  09/26-30小劇場 楽園
  出演:浅井伸治、岡本篤、西尾友樹
  脚本:古川健 演出:日澤雄介
  前売¥3,500 当日¥3,800 U25¥3,000
  未就学児入場不可
   http://www.geki-choco.com/next_stage/dcmt/
  ↓こりっちでカンタン予約!
   http://stage.corich.jp/stage/93225
  劇団チョコレートケーキの新作は劇団員だけが出演する男優三人芝居。
  11月の新作本公演『遺産』↓とつながりがあるそうです。
   http://www.geki-choco.com/next_stage/30th/
  9月の題材は薬害エイズ、11月は○○○(伏字)部隊かしら。続けて観たい!

≪ミュージカル、オペラ、首都圏以外≫

 ○わらび座『ミュージカル「松浦武四郎~カイ・大地との約束~」』
  09/06-07渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
  ≪ツアー多数≫
  出演:戎本みろ 渡辺哲 齋藤大輔 森下彰夫 内田勝之 碓井涼子 
   古関梓紀 山田愛子 川井田南 菅愛美 保坂未来
  脚本・演出:栗城宏
  前売り5400円 未就学児童は入場不可。
   https://www.warabi.jp/takeshiro/
  秋田の劇団わらび座のオリジナル・ミュージカルです。
  渋谷で観られるのは貴重な機会だと思います。

 ○オペラシアターこんにゃく座『イヌの仇討あるいは吉良の決断』
  09/14-23吉祥寺シアター
  出演:オペラシアターこんにゃく座(い組、ろ組のダブルキャスト)
   ヴァイオリン(ステージごとに異なります):手島志保 山田百子
   ピアノ(ステージごとに異なります):寺嶋陸也 五味貴秋
  原作:井上ひさし 台本・作曲:林光 演出:上村聡史
  一般6,000円 ペア11,000円 
  バルコニー席 5,000円※場所・枚数限定
  U25 3,500円※平日のみ 学生 2,000円 
  劇場会員割引などあり。当日券は一人500円増し
   http://www.konnyakuza.com/syusai.html
   https://goo.gl/ubQh35
  『イヌの仇討』は「忠臣蔵」を吉良側の視点で描いた井上ひさしさんの
  戯曲です。2002年にオペラシアターこんにゃく座でオペラとして初演され、
  15年ぶりの上演となる今回は、上村聡史さんによる新演出です。
  眞鍋卓嗣さんが2016年に、2007年初演作を演出↓されたこともありました。
   http://shinobutakano.com/2016/02/05/10533/
  過去演目のリニューアル上演は作品の延命につながりますね。

 ○公益財団法人水戸市芸術振興財団『海辺の鉄道の話』
  09/20-24水戸芸術館ACM劇場
  未来サポートプロジェクトvol.13
  出演:春海四方 杉木隆幸 酒巻誉洋 佐野功 田島亮 高畑こと美
   八幡みゆき 白井風菜 椎名一浩 橋本昭博 篠原立 杉山文乃
   劇団ACM(塩谷亮 大内真智 小林祐介)
  作・演出:詩森ろば(風琴工房 改め serial number)
  S席4,500円/A席4,000円/A席学生2,000円(大学生以下、要学生証)
  ※未就学児はご入場いただけません。
   http://310acm3710railstory.com/
  詩森ろばさんが茨城県の水戸芸術館ACM劇場で新作を発表。出演者は
  元・風琴工房の常連俳優のほか、オーディション選抜俳優も。
  ご当地演劇の滞在制作ですね。私は観に行く予定。初・茨城観劇!

≪ご参考≫

 「しのぶの演劇レビュー」↓に今月のしのぶの観劇予定あり。
  http://shinobutakano.com/2018/08/31/10553/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆2 【先月のベスト3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.KAAT神奈川芸術劇場『キャサリン・ウィールズ劇団「ホワイト WHITE」』
  08/07-09神奈川芸術劇場・大スタジオ
  ≪福岡、神奈川≫
  安全、安心な空間を用意して、子供たちと多様性を共有し、楽しむ構成。
  後に上演された新作『グレーテルとヘンゼル』も、不可解な異物である
  他者とのつながりを描く短編で、KAAT神奈川芸術劇場の気概を感じます。
   http://shinobutakano.com/2018/08/09/10404/

2.Qlouds『蝶のやうな私の郷愁』
  08/17-22 APOCシアター
  自由と制御を両立させる俳優(斉藤直樹&内田亜希子)の演技を堪能。
  東京でお芝居を観て、俳優の演技に落胆することが多かった時期に、
  とても励まされました。私も諦めないぞー!
   http://shinobutakano.com/2018/08/19/10451/

3.ヨーロッパ企画「『サマータイムマシン・ブルース』
  『サマータイムマシン・ワンスモア』交互上演」 ←上演中!★
  08/17-09/09本多劇場
  ≪滋賀、京都、東京、大阪、愛媛、高知、愛知、広島、福岡、
   北海道、神奈川≫
  京都の人気劇団が20周年記念公演で、代表作とその続編を交互上演。
  2005年に駅前劇場で観て、映画版も見ている思い入れのある作品です。
  再演と続編を続けて観られてよかった!期待以上で幸せいっぱい♪
   https://twitter.com/shinorev/status/1033005310963736576
   https://twitter.com/shinorev/status/1035153425623707648

 その他は新国立劇場演劇研修所12期生『朗読劇「少年口伝隊一九四五」』、
 東京芸術劇場『芸劇+トーク「自作自演」永井愛&長田育恵』、
 あうるすぽっと『おどる童話「THE GIANT PEACH」』、
 阿佐ヶ谷スパイダース『MAKOTO』、チーム夜営『上にまいります。』、
 KAAT神奈川芸術劇場『グレーテルとヘンゼル』、ハイバイ『て』、
 劇団青年座『ぼたん雪が舞うとき』、
 東京工業大学リベラルアーツ研究教育院「声に出してシェイクスピア
 『ヴェニスの商人』発表会」、シス・カンパニー『出口なし』、
 アクラム・カーン カンパニー『チョット・デッシュ』、
 NODA・MAP『贋作 桜の森の満開の下』ゲネプロ等、順不同。

 ◎メルマガのバックナンバーはこちら↓で全て公開中!
   http://archives.mag2.com/0000134861/
  メルマガ号外は誰が観ても楽しめそうなものを選んで発行しています。
  2018年8月(観劇数17作品)は残念ながら発行しませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆3 【高齢者による舞台芸術祭「世界ゴールド祭2018」が開催!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎埼京線・与野本町駅にある彩の国さいたま芸術劇場が、
  高齢者による舞台芸術の国際フェスティバルを開催します。
  「世界ゴールド祭2018」
   http://www.saf.or.jp/information/detail/773
  期間:2018年9月22日(土)~10月8日(月・祝)

  英国、オーストラリア、シンガポールから、高齢者による
  ダンス、演劇作品が来日し、ワークショップやシンポジウムも実施。
  同劇場では、故・蜷川幸雄さんの発案で2006年に発足した
  高齢者演劇集団「さいたまゴールド・シアター」が今も活動中です。

  高齢化が急速に進み、寿命も長くなると言われています。普段から気軽に
  舞台芸術に親しみ、かかわることは豊かな日常につながると思います。

 ○サドラーズ・ウェルズ劇場「カンパニー・オブ・エルダーズ
  『新作2018 トリプルビル』」
  09/22-24彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
  出演:カンパニー・オブ・エルダーズ
  振付:エイドリアン・ハート、ディクソン・ンビ、シータ・パテール
  <全席自由>2,500円
   http://www.saf.or.jp/stages/detail/5701
  英国の高齢者ダンス・カンパニーのダンス作品。
  ※各回開演前にダンス体験ワークショップあり!
   日時:9月23日(日・祝)~24日(月・休)14:00~14:30
   会場:彩の国さいたま芸術劇場 情報プラザ
   講師:シモーナ・スコット
   ダンス経験不問、申込不要。開始時間までに直接会場へ。
   https://twitter.com/SAF_GOLD/status/1034301698833956864
  ※「ネオン・ダンス ワークショップ」の成果発表会あり。
   9月28日(金)18:00~18:30(観覧無料・要事前申込)

 ○マチュア・アーティスト・ダンス・エクスペリエンス
  『フロック(ドレス)』
  09/28-30彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
  出演:マチュア・アーティスト・ダンス・エクスペリエンス
  振付:グレアム・マーフィー
  <全席自由>2,500円
   http://www.saf.or.jp/stages/detail/5702
  オーストラリアの高齢者ダンス・グループのパフォーマンス。

 ○さいたまゴールド・シアター×デービッド・スレイター『BED』
  09/29 (土) JR与野本町駅(西口)周辺
  09/30 (日) 大宮銀座通り商店街(JR大宮駅東口)
  出演:さいたまゴールド・シアター
   (小渕光世、高橋清、竹居正武、田村律子、都村敏子、渡邉杏奴)
  脚本・演出:デービッド・スレイター
  料金:無料・申込不要
   http://www.saf.or.jp/stages/detail/5700
  さいたまゴールド・シアターのメンバーが街角で上演するお芝居に
  挑戦。ロンドンで生まれた話題作だそうです。ふらっと遭遇したい!

 ○ゴールド・アーツ・クラブ×ノゾエ征爾『病は気から』
  09/29-10/08彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
  出演:ゴールド・アーツ・クラブ、岡田正、飯田邦博、井内ミワク、
   竹口龍茶、富川一人、市野将理、井上夕貴、銀ゲンタ、
   高橋英希(高ははしご高)
  原作:モリエール(臨川書店刊「モリエール全集」秋山伸子訳より)
  脚本・演出:ノゾエ征爾
  S席2,500円/A席2,000円
   http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/5646
  ノゾエ征爾さんが蜷川幸雄さんの遺志をつぎ作・演出した巨大イベント
  「1万人のゴールド・シアター2016」↓から派生した、60歳以上のための
   http://shinobutakano.com/2016/12/07/3872/
  芸術クラブ活動「ゴールド・アーツ・クラブ」のメンバーは数百名。
  キャスト違いで「太陽」「月」に分かれた2バージョン公演です。
  ノゾエさんが昨年演出されたSPAC『病は気から』↓は面白かった!  
   http://shinobutakano.com/2017/10/08/7049/

 ○グロウワーズ・ドラマ・グループ
  『カンポン・チュンプダ(チュンプダの村)』
  10/04-05彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
  出演:グロウワーズ・ドラマ・グループ
  脚本:ペギー・フェローア 演出:パット・トー
  <全席自由>2,500円
   http://www.saf.or.jp/stages/detail/5703
  高齢者演劇を上演するシンガポールの劇団によるお芝居。

  ※公演の他にシンポジウム、交流会などあり。公式サイト↓でご確認を。
   http://www.saf.or.jp/information/detail/773
   徘徊演劇『よみちにひはくれない』浦和バージョンは、
    http://www.saf.or.jp/stages/detail/5637
   前売り完売なのでご紹介を控えました。9/2にワークショップあり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆4 【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveの再上映など~】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎英国ロイヤル・ナショナル・シアターが選んだ演劇界最高峰の舞台が
  映画館で楽しめるナショナル・シアター・ライヴ(日本では2014年~)。
   http://www.ntlive.jp/

  2018年のラインアップは2017年より1本多い8本!
  「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部&第二部」
  「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
  「アマデウス」「イェルマ」「フォーリーズ」
  「ヤング・マルクス」「ジュリアス・シーザー」

 ○新上映「イェルマ」
  9/28(金)~10/04 TOHOシネマズ日本橋など
  9/29(土)~10/05 福岡中州太陽劇場
  出演:ビリー・パイパー、他
  作:フェデリコ・ガルシア・ロルカ 演出:サイモン・ストーン
   https://www.ntlive.jp/blank-24
  横堀応彦さんが「いま見れる最高水準の演劇のひとつ」↓とツイート。
   https://twitter.com/yokobori/status/977916995395031041

  ありがたいことにNTLiveは次々に再上映され、追いかけるのが大変(笑)。
  公式facebook、公式twitterでこまめにご確認を。
   https://www.facebook.com/ntlivejp/
   https://twitter.com/ntlivejapan

  【料金】一般3,000円、学生2,500円

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆5 【編集後記など】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎8月は“殺人的猛暑”でしたね…涼しくなっても、また暑くなって…。
  6月に私生活に大きな変化がありまして、8月は今までの人生で経験した
  ことがないことを沢山しました。人生はわからないものですね~!

 ◎拙サイトのワークショップやオーディション情報をチェックして
  くださっている俳優さんが、「オーディションに受かりました!」と
  報告してくださいました。とても嬉しいです♪ 今、一番のお薦めは
  「木村早智サマーワークショップ2018」↓です。9/1〆切の日程あり。
   http://shinobutakano.com/2018/07/26/10249/
  TOPページで↓〆切の早い順に確認できますので、ぜひご覧ください!
   http://shinobutakano.com/

 ◎「東京芸術祭2018」の公式サイトが公開されました。
   http://tokyo-festival.jp/2018/
  期間:2018年9/1~12/9の100日間
  「フェスティバル/トーキョー18」もこの催事の一環として開催されます。
   https://www.festival-tokyo.jp/

 ◎気になるイベントをご紹介します。

 ・世田谷パブリックシアター・劇場ですごす夏休み最後の一日
  「みんなよりちょっと先輩の話 聞いてみない?」
  09/02(日)13:00~17:30 ※出入り自由
  場所:世田谷パブリックシアター稽古場
  対象:(学校に行くのがめんどうくさい)中学生
  無料。締切なし。当日、急に来てもOK!
   https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/natsuyasumi0902.html
  中学生の皆さんへの周知をお願いいたします! ※私の宣伝ツイート↓
   https://twitter.com/shinorev/status/1021943737960648705

 ◎ご報告しておきたい「しのぶの演劇レビュー」内記事

 ・【ご報告】「アヴィニョン演劇祭2018」に行ってきました(07/19-24)
   http://shinobutakano.com/2018/08/01/10330/

 ・【稽古場レポート】新国立劇場演劇研修所12期生
  『朗読劇「少年口伝隊一九四五」』07/26新国立劇場地下・Dリハーサル室
   http://shinobutakano.com/2018/07/28/10267/

 ◎おすすめ舞台中継など on TV(おすすめがある時だけ掲載)
  ※個人的に、テレビの映像で舞台中継を見ることへの興味が薄れています。
   この欄は網羅性の点でも問題があるので、近々やめるかもしれません。

 【BSスカパー!】9/18(火)夜11時~
  ヨーロッパ企画『来てけつかるべき新世界』
  出演:ヨーロッパ企画、他
  作・演出:上田誠 音楽:キセル
   https://www.bs-sptv.com/program/4271/
   https://twitter.com/STAGE__LEGEND/status/1034016514033078273
  第61回岸田國士戯曲賞受賞作です。授賞式↓に出席しました。
   http://shinobutakano.com/2017/04/29/5395/

 ◎注目している役者さんに「しのぶさんのサイトでいつも
  オーディション情報をチェックしています」と言われて嬉しい!
  「受かりました!」と言われるともっと嬉しい♪
  「しのぶの演劇レビュー」に情報掲載をご希望の方は、
  お問い合わせフォーム↓からどうぞ。
   http://shinobutakano.com/contact/
  ※恐れ入りますが、必ず掲載するわけではありません。

 ◎ツイッターやってます!フォロワー約8750人に感謝♪
  ⇒ @shinorev : http://twitter.com/shinorev
  観劇感想の速報もたまにつぶやきます。
  震災・原発事故、政治・選挙関連のリツイートも多いです。

 ◎お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらへ↓お気軽にどうぞ♪
   http://shinobutakano.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆6 【このメルマガについての注意事項(毎月同じ内容です)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、高野しのぶの演劇への情熱で書かれています。
 沢山の人に演劇に触れてもらいたい! ので、クチコミ・転送 大歓迎です♪

 ☆ご友人、お知り合いにどうぞこのメルマガをご紹介ください!
  【面白い演劇を紹介してるメルマガはコレ!】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000134861.html

 ☆もしこのメルマガを観てお芝居に行かれたら、劇場でのアンケート用紙に
  「高野しのぶのメルマガで知った」等、書いていただけると嬉しいです♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎東京および関東近郊の情報に限らせていただいております。
 ◎掲載内容には細心の注意を払っておりますが、
  間違いがあることもあります。情報は主催者URLでご確認ください。
 ◎お薦めを観に行って面白くなかったら・・・ごめんなさいっ。

 ◎簡単なプロフィールはこちらです。
  → http://shinobutakano.com/introduction/

 ◎購読・解除はこちらから簡単にできます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000134861.html

////////////////////////////////////////////////////////////////

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ