森崎事務所M&Oplays『市ヶ尾の坂―伝説の虹の三兄弟』05/17-06/03本多劇場

 岩松了さんが1992年に初演された自身のお芝居を26年振りに演出し、出演もされます。上演時間は約2時間10分。

 映画でもよく拝見する俳優が舞台で大暴れ。麻生久美子さんが出演された岩松さんの映画「たみおのしあわせ」↓はとても好きです。

たみおのしあわせ [DVD]
たみおのしあわせ [DVD]
posted with amazlet at 18.05.24
メディアファクトリー (2009-02-06)
売り上げランキング: 75,687


≪あらすじ≫ 公式サイトより
1992年、市ヶ尾の坂――。
何かが消えていこうとしていた
夏の終わり。

1992年、市ヶ尾の坂で暮らす三人兄弟がいた。
田園都市計画の名の下、無くなることを余儀なくされている兄弟の家。
状況に抗うすべとてなく懸命に生きていこうとする母なき兄弟と、三人と触れ合うことになった母になることが出来ぬ美貌の人妻。
さらにその夫、家政婦などが絡み、一見何でもない日常の中に潜む、謎とエロスが交差する危うい関係が浮かび上がる。
三兄弟はそれぞれに若妻を慕い、お互いをけん制する。
若妻は幼い5歳の男の子を育てており育児のことで、悩んでいるらしい。
若妻の家に雇われている家政婦・安藤も頻繁に彼らの家を訪れ、意味ありげな言動で彼らを惑わす。
そしてついにはミステリアスな「家族合わせ」の像が浮かび上がる、絵合わせのような家族劇。
≪ここまで≫

 舞台は和室で下手よりにカウンターと背が高い目の丸イス数脚、上手に長ソファと古くて大きなレコードデッキ。私にとっては懐かしい風景ですが、具象美術でありながら抽象的な匂いがプンプンします。たとえばなぜ畳の上にカウンター!?(笑) 舞台に用意されている不思議要素が常に想像力を刺激してくれます。使用される音楽は選曲も効果もハイセンスだと思いました。

 父母を亡くし思い出の品に囲まれて暮らす三兄弟は、近所の美しい人妻カオル(麻生久美子)に夢中。リアリズム演技かと思いきや熱血コントやナンセンスなやりとりが繰り出されて、観客は翻弄されます。大森南朋さんには登場場面から魅了されました。過剰ともいえる役作りは演劇的虚構性を豊かに支えるものでもあると思います。

 ここからネタバレします。セリフなどは正確ではありません。

 三兄弟は人妻に母の面影を見て恋慕している様子。包丁や殴り合いなどの岩松作品らしい暴力のメタファーは健在で、笑いながら仲良くふざける場面が続いても、人間に根源的に備わっているのであろう野心や殺意、性欲を含む欲望などが隠喩されていてセクシーです。

 次男が「子育てに自信がある人なんてよくない。誰だって自信がないに決まってる。自信がないから(親子で)ともに自信を育てていくんだ」といった主張をしていました。人間関係の核心を突く発言だからこそ、やや不穏当ですっとんきょうな言い方(演技方法)を選んだのではないかと思いました(演出として)。言葉の意味と行動をフィットさせずに、アンバランスにすることでズレを生じさせて、観客に揺さぶりをかけるというか。

 三男がカオルの血のつながらない息子のために、あざみ野(たぶん)のミニーハウスというファンシーグッズ屋さんで、息子が好きなドナルドダックのバッヂを買って来ました。ディズニー・グッズはまだ珍しかった時期かしら。私も見つけると嬉しかったんですよね。でも1992年が舞台なので、東京ディズニーランドは既に開園(1983年)していますね。

 三男が落ちていたカオルのイヤリングを彼女の鞄に入れたところ、鞄の中にドナルドダックのバッヂを見つけてしまいます。息子に渡したと言ったのは嘘だったんだ…と三男は落胆。ホットミルクを作りに行っていたカオルが戻ってくると、彼女の鞄を開けたことを隠そうして長男は右往左往し、ものすごく変なポーズで鞄を抱いたまま静止するはめに。大笑いしました。こういうドタバタ喜劇を成立させられるのも凄いと思います。

 最後の幕でカオルは「ミニーハウスに行った」と言い、駅周辺や店の様子を具体的に語りますが、本当のところはわかりません。小泉今日子さんは岩松作品について「わからないことは色っぽい」と評されたように記憶しています。私も秘密と謎が満ちている舞台は官能的だと思います。

 ※26年前の初演キャスト(こちらより):竹中直人、荻野目慶子、田口トモロヲ、 片桐はいり、温水洋一、岩松了

≪東京、宮城、福島、大阪、富山、愛知、静岡≫
【出演】
司(長男、郵便配達員):大森南朋、
朝倉カオル(朝倉の妻。朝倉の前妻の息子[5歳の保育園児童]と暮らす):麻生久美子、
隼人(次男、会社員):三浦貴大、
学(三男、郵便配達員、カオルの息子にドナルドダックのバッヂをプレゼントする):森優作、
安藤(朝倉家の家政婦、朝倉の息子を前妻に引き取った後、青山に移る):池津祥子、
朝倉(画家、カオルと再婚):岩松了
脚本・演出:岩松了
照明:沢田祐二/美術:長田佳代子/音響:高塩顕/衣裳:髙木阿友子/
ヘアメイク:大和田一美(APREA)/演出助手:相田剛志/舞台監督:南部丈/稽古場代役:大友律
制作:近藤南美/制作助手:寺地友子/制作デスク:大島さつき/宣伝:金井智子 高橋郁未(る・ひまわり)
宣伝美術:坂本志保/宣伝写真:三浦憲治/宣伝衣裳:チヨ
宣伝ヘアメイク:大和田一美(APREA)/HPデザイン:斎藤拓
プロデューサー:大矢亜由美 主催・製作:(株)M&Oplays
【発売日】2018/03/10
前売・当日共
6,500円(全席指定・税込)
U-25チケット
3,500円(税込)(ご観劇時25歳以下対象・当日指定席券引換・枚数限定・要身分証明書・チケットぴあにて前売販売のみ取扱)
http://mo-plays.com/ichigao/
http://stage.corich.jp/stage/90858

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ