【メルマガ 2018年04月のお薦め舞台】

2014年度の4位入賞!
2014年度の4位入賞!

 2018年4月のお薦め舞台5本+αをご紹介します。
 まぐまぐ大賞2014・無料部門・エンターテイメント・ジャンルで4位入賞したメルマガです♪

 ★メルマガへのご登録はこちら
 ★バックナンバーはこちらです。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 “しのぶの演劇レビュー” Vol. 162    2018.04.01  2,503部 発行

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ http://shinobutakano.com/

   今、面白い演劇はコレ! 年200本観劇人のお薦め舞台♪
                   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎エイプリルフールですね。バレバレの嘘をついて空気を和ませる技量が
  あればと毎年思いますが、叶いません。甘美な嘘、お待ちしてます。

   舞台には、あなたの心を揺さぶり、
   人生の輝きを増してくれる奇跡があります。

  “今から観られる面白い演劇”をご紹介します。
  お友達、ご家族、恋人と一緒に、どうぞ劇場を訪れてください!

 ◎facebookページ↓でブログ更新を報告しています。
   http://www.facebook.com/shinobureview
   よかったら「いいね!」をクリックしてくださいね♪


○○ 今回のもくじ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ◆1【今月のお薦め10本+α(3000円台、2000円台&以下、他)】
   
   ◎No.1→ふじのくに⇔せかい演劇祭2018『民衆の敵』
       04/29-30静岡芸術劇場
    http://festival-shizuoka.jp/program/an-enemy-of-the-people/

 ◆2【先月のベスト3】

   ◎No.1→KAAT神奈川芸術劇場『ミュージカル「HEADS UP!」(再演)』
       03/02-12赤坂ACTシアター
       ≪神奈川、富山、長野、大阪、愛知、東京≫
       http://shinobutakano.com/2018/03/03/9002/

 ◆3【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveなど~】

   ◎「エンジェルス・イン・アメリカ 第1部」の再上映あり!

 ◆4【「CoRich舞台芸術まつり!2018春」最終選考中! 】

   ◎4月は3公演を拝見します。最初は大阪遠征です♪
    http://stage.corich.jp/festival2018/result

 ◆5【編集後記】

   ◎3/2の朝日新聞報道以来、デモや街宣に参加しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆1 【今月のお薦め10本+α(3000円台、2000円台&以下、他)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▽★印がいちおし公演です。
 ▽初日の早い順に並べています。
 ▽掲載内容:主催/企画製作・『題名』・日程・会場・税込価格・URL
 ▽氏名は敬称略で並びは順不同。座種の記述がない公演は全席指定。
 ※間違いがあるかもしれません。最新情報や詳細は公式サイトでご確認を。

 ◎3月中に開幕している公演は、メルマガ前月号↓でチェック推奨♪
  http://shinobutakano.com/2018/03/01/8718/

1.フォトグラフ51制作実行委員会『フォトグラフ51』
  04/06-22東京芸術劇場シアターウエスト
  ≪東京、大阪≫
  出演:板谷由夏、神尾佑、矢崎広、宮崎秋人、橋本淳、中村亀鶴
  脚本:アナ・ジーグラ 翻訳・ドラマターグ:芦澤いずみ
  演出:サラナ・ラパイン
  前売当日:8,500円 U-25チケット 5,000円(25歳以下)
   http://www.umegei.com/photograph51/
  ニコール・キッドマン主演で上演された戯曲↓の本邦初演です。
   https://ja.wikipedia.org/wiki/Photograph_51
  主演は板谷由夏さん。演出のサラナ・ラパインさんについての記事↓
   https://spice.eplus.jp/articles/154876

2.シス・カンパニー『ヘッダ・ガブラー』
  04/07-30 Bunkamuraシアターコクーン
  出演:寺島しのぶ、小日向文世、池田成志、水野美紀、佐藤直子、
   福井裕子、段田安則
  脚本:ヘンリック・イプセン 翻訳:徐賀世子 演出:栗山民也
  S9,000円 A7,000円 コクーンシート5,000円
  ※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
  ※コクーンシートは特にご覧になりにくいお席です。
   http://www.siscompany.com/hedda/gai.htm
  栗山民也さんがイプセン作『ヘッダ・ガブラー』を演出。
  ヘッダ役は寺島しのぶさん。
  NTLiveで見たホーヴェ版『ヘッダ~』↓と色々比べてみたいです。
   http://shinobutakano.com/2017/12/04/7920/

3.ナイロン100℃ 45th SESSION『百年の秘密(再演)』
  04/07-30本多劇場
  ≪東京、兵庫、愛知、長野≫
  出演:犬山イヌコ、峯村リエ、みのすけ、大倉孝二、松永玲子、
   村岡希美、長田奈麻、廣川三憲、安澤千草、藤田秀世、猪俣三四郎、
   菊池明明、小園茉奈、木乃江祐希、伊与勢我無、萩原聖人、
   泉澤祐希、伊藤梨沙子、山西惇
  脚本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
  6,900円 学生割引券3,400円 
   http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/nylon45th.html
  KERAさんが作・演出される劇団ナイロン100℃は創立25周年。
  2012年初演↓の『百年の秘密』はものすごく面白い物語で、
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2012/0429235001.html
  その年の「こころに残る作品」↓に選ばせていただきました。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/0105215957.html

4.ソニー・ミュージックアーティスツ『High Life』
  04/14-28あうるすぽっと
  SMA_STAGE 第1弾公演
  出演:古河耕史、細田善彦、伊藤祐輝、ROLLY
  作:リー・マクドゥーガル 翻訳:吉原豊司 演出・上演台本:谷賢一
  前売:6,800 円 当日:7,500 円 
  豊島区民割引:6,500 円(在住・在勤 / 要証明書提示)
  ※10歳未満の児童はご入場いただけません
   http://sma-stage.com/highlife/
  カナダの男性四人芝居を谷賢一さんが演出し、上演台本も手掛けます。
  『High Life(ハイライフ)』は流山児★事務所での上演↓を2003年に拝見。
   http://www.ryuzanji.com/r-highlife20034.html
  翻訳の吉原豊司さんの第9回湯浅芳子賞受賞作なんですね。
  「生演奏×映像の効果でトリップ、「(略)」谷賢一が稽古で構想明かす」↓
   https://natalie.mu/stage/news/275441

5.KAAT神奈川芸術劇場×世田谷パブリックシアター『バリーターク』
  04/14-05/06神奈川芸術劇場・大スタジオ
  05/12-06/03シアタートラム
  ≪神奈川、東京、兵庫≫
  出演:草なぎ剛(なぎは弓へんに前と刀)、松尾諭、小林勝也、
   佐野仁香(ダブルキャスト)、筧礼(ダブルキャスト)
  脚本:エンダ・ウォルシュ 翻訳:小宮山智津子 演出:白井晃
  プレビュー公演 (4/14(土), 15(日))一般 6,000円(各種割引料金なし)
  本公演 (4/16(月)~5/3(日))一般 7,000円 U24(24歳以下) 3,500円
  高校生以下 1,000円 シルバー(満65歳以上) 6,500円
  ※未就学児の入場はご遠慮ください。
   http://www.kaat.jp/d/Ballyturk
  草なぎ剛さんが白井晃さん演出の舞台に出演されます。
  『バリーターク』はアイルランドの劇作家エンダ・ウォルシュさんの
  2014年初演作で、本邦初演になります。参考ツイート↓
   https://twitter.com/ssooffiaa2/status/961149669618397184
   https://twitter.com/ssooffiaa2/status/961153679834443776
  「草なぎ剛×松尾諭×小林勝也「バリーターク」上演決定、演出は白井晃」↓
   https://natalie.mu/stage/news/268533
  白井さんの昨年の演出作はどれも美しかったです。特に『春のめざめ』↓。
   http://shinobutakano.com/2017/05/21/5587/
  小空間での作品には期待しちゃいます。

6.文学座4月アトリエの会『最後の炎』
  04/14-28文学座アトリエ
  出演:倉野章子、高橋紀恵、大場泰正、松井工、鬼頭典子、
   上田桃子、西岡野人、奥田一平
  脚本:デーア・ローアー 訳:新野守広 演出:生田みゆき
  一般(前売):4,300円 一般(当日):4,600円
  ユースチケット(25歳以下):2,500円
   http://www.bungakuza.com/saigonohono/index.html
  ドイツのデーア・ローアーさんは好きな女性劇作家です。
  『最後の炎』はリーディング公演↓が面白かったので上演が嬉しい。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/0416125035.html
  生田みゆきさんの演出↓は昨年拝見。ドイツ滞在経験のある方なので
   http://shinobutakano.com/2017/12/12/8030/
  文学座の俳優とどこまで格闘してくださるのか、楽しみです。

7.城山羊の会『自己紹介読本(再演)』
  04/17-22シアタートラム
  ≪東京、大阪≫
  出演:初音映莉子、浅井浩介、岡部たかし、富田真喜、
   岩本えり、松澤匠、岩谷健司
  脚本・演出:山内ケンジ
  一般4,500円 劇場、区民割引などあり。
  平日限定サンキューチケット3,900円(完売)
   http://shiroyaginokai.com/
  CM・映画監督で岸田國士戯曲賞受賞作家でもある山内ケンジさんの
  城山羊の会が、初めて再演を行います。初演を見逃したので楽しみ。

8.Artist Company響人『お月さまへようこそ』
  04/25-29 CBGKシブゲキ!!
  出演:海宝直人、宮澤エマ、西川大貴、吉田沙良、中村翼、畠中洋
  脚本:ジョン・パトリック・シャンリィ 翻訳:池田朋子
  演出:吉原光夫
  一般:7000円 学生:3000円
   https://www.hibikibito.com/moon
  ミュージカル俳優として有名な吉原光夫さんが米国劇作家シャンリィの
  人気戯曲を演出。吉原さんは5月開幕のミュージカル『DAY ZERO』↓も演出。
   https://natalie.mu/stage/news/266272
  シャンリィ戯曲は『ダウト』『ダニーと紺碧の海』も有名で、
  『お月さまへ~』は私も好きなオムニバス戯曲集です。ご参考↓
   http://www.onetwo-works.jp/isseki/stage/50-2moon/sub2.html
  翻訳の池田朋子さんは新国立劇場演劇研修所第6期修了生ですよね。
  前売り完売ですが、情報提供のため公演掲載しました。

9.温泉ドラゴン『嗚呼、萬朝報!』
  04/25-05/03高田馬場ラビネスト
  出演:阪本篤、筑波竜一、いわいのふ健、寺本一樹、植野葉子、
   加藤理恵、光藤依里
  脚本:原田ゆう 演出:シライケイタ
  一般:4,000円、U25:2,500円 ※未就学児入場不可
   https://www.onsendragon.com/yorozu
  温泉ドラゴンは座付劇作家が2人いる劇団です。今回は原田ゆうさんの新作を
  読売演劇大賞・杉村春子賞を受賞したばかりのシライケイタさんが演出。
  「CoRich舞台芸術まつり!2018春」に応募してくださいました。応募内容↓
   http://stage.corich.jp/festival2018/detail/72876
  あと一歩だった作品に選出:http://stage.corich.jp/festival2018/result

10.フジテレビ/ホリプロ『酒と涙とジキルとハイド(再演)』
  04/27-05/26東京芸術劇場プレイハウス
  ≪台湾、東京≫
  出演:片岡愛之助、優香、藤井隆、迫田孝也
  脚本・演出:三谷幸喜
  S席9,500円 サイドシート7,500円 
  U-25チケット5,500円 高校生以下1,000円
   http://hpot.jp/stage/snjh2018
  2014年に初演↓された三谷幸喜さん作・演出のコメディー。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0418210052.html
  台湾公演もあるんですね。

 ☆☆☆────────────────────────────── 
  前売3000円台の気になる作品を6本ご紹介します。
 ──────────────────────────────☆☆☆

[1]松本紀保プロデュース公演『Farewell(フェアウェル)』
  04/06-15サンモールスタジオ
  出演:伊達暁、久保貫太郎、山田百次、柿丸美智恵、異儀田夏葉、
   斉藤ナツ子、小野川晶、松本紀保
  脚本:松本哲也(小松台東) 演出:青山勝(劇団道学先生)
  一般:前売=4,000円/当日=4,300円
  早割:前売=3,800円/当日=4,000円
  早割は4月6日(金)~4月8日(日)4ステージ限定
  未就学児童はご入場いただけません。
   http://matsupro1121.blog.fc2.com/blog-entry-44.html
  ↓こりっちでカンタン予約!
   http://stage.corich.jp/stage/89069
  俳優の松本紀保さんがプロデュースする公演の第2弾。第1弾は
  既存戯曲でしたが今回は新作。手堅そうなストレートプレイの予感。

[2]タカハ劇団『ネジ工場(再演)』
  04/11-15駅前劇場
  出演:有川マコト、夏目慎也、山口森広、かんのひとみ、下垣真香、
   岸田タツヤ、内藤栄一、板倉チヒロ
  脚本・演出:高羽彩
  前売:4,000円 早割:3,800円 学割:3,500円
  早割はオリジナルクリアファイル付き
  早割:4/2迄に振込、チケットは観劇当日受付での発券。
   http://www.takaha-gekidan.net/
  高羽彩さんが作・演出されるプロデュース団体、タカハ劇団の
  キャストが一部変わった再演。2012年初演のレビュー↓ 
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2012/0621152240.html
  『THE BEAUTY QUEEN OF LEENANE』↓で好演だった内藤栄一さんが出演。
   http://shinobutakano.com/2017/12/18/8105/

★[3]新国立劇場演劇『1984 Nineteen Eighty-Four』
  04/12-05/13新国立劇場小劇場
  ≪東京、兵庫、愛知≫
  開場20周年記念 2017/2018シーズン
  出演:井上芳雄、ともさかりえ、森下能幸、宮地雅子、山口翔悟、
   神農直隆、武子太郎、曽我部洋士、青沼くるみ、下澤実礼、本多明鈴日
  原作:ジョージ・オーウェル
  脚本:ロバート・アイク、ダンカン・マクミラン
  翻訳:平川大作 演出:小川絵梨子
  A席:6,480円 B席:3,240円 Z席(当日券):1,620円
   http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009661.html
  ジョージ・オーウェルのSF小説「1984」を舞台化した米国演劇の本邦初演。
  演出は小川絵梨子さん、主演は井上芳雄さん。急逝された大杉漣さんに代わり
  神農直隆さんが出演。原作を読み始めたのですが、かなり怖い…。
  安倍政権下の今の日本にぴったり当てはまる気がします…。
  この戯曲の翻案をされたロバート・アイクさんが2015年に翻案・演出を
  された『オレステイア』も、上村聡史さんの演出で2019年6月に↓上演。
   http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011675.html
  参考ツイート↓
   https://twitter.com/katsuki_london/status/951608419034763265
   https://twitter.com/theresonlyhere/status/908715559889408000

[4]劇団 短距離男道ミサイル『母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ』
  04/19-22北千住BUoY
  ~祝「CoRich舞台芸術まつり!2017春」グランプリ獲得☆
  汗と涙と感謝の東京公演 (首都高怖いゼ・・・)
  いいか、お前ら事故るなよ、ぜったい事故るなよ!!編~
  ≪東京、宮城≫
  出演:本田椋、加藤隆、小濱昭博
  原作:太宰治「人間失格」 脚本・演出:澤野正樹
  一般:3,200円 U-25:2,200円
  あらぁ、あんた遠ぐい所からよぐ来たごどぉ割(都外割):1,800円
   http://srmissile.xyz ↓こりっちでカンタン予約!
   http://stage.corich.jp/stage/90960
  「CoRich舞台芸術まつり!2017春」グランプリ受賞作↓の再演です。
   http://stage.corich.jp/festival2017/grand_prix#b
  初演の講評:http://stage.corich.jp/festival2017/grand_prix01
  宮城県の劇団 短距離男道ミサイルの演出家、澤野正樹さんは
  若手演出家コンクール↓で最優秀賞と観客賞をダブル受賞されたばかり。
   http://shinobutakano.com/2018/03/13/8800/
  裸で人生をさらして道化に徹してくれるから、観たら元気になれます!

[5]モダンスイマーズ『嗚呼いま、だから愛。(再演)』
  04/19-29東京芸術劇場 シアターイースト
  出演:古山憲太郎、津村知与支、生越千晴、西條義将、川上友里、
   太田緑ロランス、小林竜樹、奥貫薫
  脚本・演出:蓬莱竜太
  一般:3,000円 U25:2,500円(25才以下) 高校生割引:1,000円
   http://www.modernswimmers.com/nextstage/kutouten3/
  ↓こりっちでカンタン予約!
   http://stage.corich.jp/stage/90298
  蓬莱竜太さんが作・演出される劇団の2016年初演作の再演。
  初演の感想ツイート↓(モダンがモンダンになってます。失礼しました。)
   https://twitter.com/shinorev/status/724126056857268225
  徳永京子さんと藤原ちからさんによる初演時の議論↓もどうぞ。
   http://www.engekisaikyoron.net/playback201604/
  句読点三部作連続上演の前売り3000円は破格です。6月の
  『悲しみよ、消えないでくれ』、7月の『死ンデ、イル。』と続きます。

[6]パラドックス定数『731』
  04/24-05/02シアター風姿花伝
  シアター風姿花伝プロミシングカンパニー公演
  出演:植村宏司 西原誠吾 井内勇希 今里真 関村俊介 斉藤悠 小野ゆたか
  作・演出:野木萌葱
  3,500円(当日精算)
   http://www.pdx-c.com/#stage_731
  野木萌葱さん硬質な筆致でハードボイルドな男芝居を書く劇作家です。
  パラドックス定数は彼女が作・演出する劇団で、シアター風姿花伝の
  「プロミシングカンパニー」に選出され、1年間連続公演↓を行います。
   http://www.pdx-c.com/#next_header_copy
  『731』は2003年初演で、戯曲は全面改訂して上演するとのこと。
  『731』とはNODA・MAP『エッグ』↓でも描かれた「731部隊」のことです。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2012/0918171149.html
  私は2007年に上演された改訂版↓を拝見。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2007/1107172829.html
  野木さんは新国立劇場の2019年7月公演↓に新作を提供されます。
   http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_011676.html

 ★★★────────────────────────────── 
  前売2000円台&以下の気になる作品を4本ご紹介します。
 ──────────────────────────────★★★

《1》劇団山の手事情社ヨーロッパツアー壮行公演『テンペスト』
  04/12-13大田区民プラザ
  出演:山本芳郎、倉品淳子、浦弘毅、大久保美智子、川村岳、斉木和洋、
   橋口久男、安部みはる、谷洋介、中川佐織、鯉渕翼、名越未央、佐々木啓、
   武藤知佳、高坂祥平(高ははしご高)、鹿沼玲奈、栗田直輝、松永明子
  原作:W.シェイクスピア 構成・演出:安田雅弘
  大田区民(在住・在勤・在学)=無料 大田区民以外=1,000円
  全席自由。当日受付順に整理番号を発行しご入場。
  ※未就学児の観劇は事前にご相談ください。
   http://www.yamanote-j.org/performance/16189.html
  劇団山の手事情社が、2015年発表の『テンペスト』のヨーロッパツアー前の
  最終リハーサルを公開。セット(舞台美術)や照明は簡易的なものだそうです。
  1000円はお得ではないでしょうか。

★《2》CHAiroiPLIN + 三鷹市芸術文化センターpresents『ERROR~踊る小説4~』
  04/21-30三鷹市芸術文化センター 星のホール
  太宰治作品をモチーフにした演劇公演 第14回
  出演:エリザベス・マリー、清水ゆり、ジントク、ジョディ、本山三火、
   田中美甫、スズキ拓朗、荒木亜矢子、岩坪成美、香取直登、ぎたろー、
   田中博士、鳥越勇作、埜本幸良、福島梓
  原作:太宰治「人間失格」「失敗園」より
  振付・構成・演出:スズキ拓朗
  全席自由(日時指定・整理番号付)
  【一般】前売3,000円・当日3,300円
  【学生】2,000円(前売・当日とも) 【高校生以下】1,000円(前売・当日とも)
  劇場会員割引などあり
  ※4/21、4/22は早期観劇割引、4/24昼は平日昼公演割引で各300円引き。
   http://mitaka-sportsandculture.or.jp/geibun/star/event/20180421/
  スズキ拓朗さん率いるCHAiroiPLIN(チャイロイプリン)が太宰治作品を
  モチーフにした演劇を発表。同じく三鷹市芸術文化センターで上演された
  『三文オペラ』↓が素晴らしかったので期待大!
   http://shinobutakano.com/2015/11/29/772/
  同時期の劇団 短距離男道ミサイル『母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ』も
  太宰治「人間失格」がモチーフです。見比べて楽しみましょう!

《3》ままごと『ツアー』
  04/21-30 STスポット
  出演:大石将弘、小山薫子、端田新菜
  作・演出:柴幸男
  全席自由・日時指定・整理番号付
  一般前売2,500円 一般当日3,000円 高校生以下1,000円(前売・当日共)
  ※未就学児はご入場いただけません。
   http://www.mamagoto.org/tour.html
  柴幸男さんの劇団ままごとの新作です。静岡で黄金週間に開催される
  「ふじのくに⇔せかい演劇祭」関連企画「ストレンジシード」↓にも参加。
   http://www.strangeseed.info/artist.html
  海外でも活動されている柴さんの「ツアー(旅)」はどんなものに?

《4》彩の国さいたま芸術劇場『めにみえない みみにしたい』
  04/29-05/06彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
  ≪埼玉2か所≫
  出演:伊野香織、川崎ゆり子、成田亜佑美、長谷川洋子
  作・演出:藤田貴大(マームとジプシー)
  全席自由 大人(19歳以上): 2,000円 子ども(4歳以上): 1,000円
   http://www.saf.or.jp/arthall/stages/detail/4873
  藤田貴大さんが初めて子供向けの舞台を創作されるそうです。

≪ご参考≫

 「しのぶの演劇レビュー」↓に今月のしのぶの観劇予定あり。
  http://shinobutakano.com/2018/03/31/9005/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆2 【先月のベスト3】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.KAAT神奈川芸術劇場『ミュージカル「HEADS UP!」(再演)』
  03/02-12赤坂ACTシアター
  ≪神奈川、富山、長野、大阪、愛知、東京≫
  40代会社員である親友2人を誘い、満足以上との感想をいただけました!
   http://shinobutakano.com/2018/03/03/9002/

2.世田谷パブリックシアター・地域の物語ワークショップ2018
  「『生と性をめぐるささやかな冒険』発表会」
  03/18シアタートラム
  毎年度末恒例の市民参加劇。今年も私の心を揺さぶり、柔らかくして
  くれました。本当のことを語り共有することの大切さが身に沁みます。
   http://shinobutakano.com/2018/03/19/8842/

3.ミナモザ『Ten Commandments』
  03/21-31こまばアゴラ劇場
  ≪東京、広島≫
  言葉こそ武器であり、人殺しの道具であると確信した劇作家が、作品と
  しての自分の言葉を取り戻していく経緯。強烈な演劇体験になりました。
   http://www.komaba-agora.com/play/4990

 その他は烏丸ストロークロック『まほろばの景』、
 ゆうめい『巛(かわ)』、ジエン社『物の所有を学ぶ庭』
 新国立劇場演劇『赤道の下のマクベス』、
 雷ストレンジャーズ『FADREN 父』、hataBow企画『人形の家』
 劇団 短距離男道ミサイル『走れタカシ(略)』、
 宝塚歌劇団・花組『ポーの一族』、
 Bellrings Seminarhouse『三月の5日間』、
 新国立劇場演劇研修所第11期生シーンスタディ発表
 『チェーホフ短編集「賭け」』(Wキャストの2公演両方)、
 カンパニーデラシネラ『椿姫』と『分身』、
 MONO『隣の芝生も。』、某俳優養成所の授業発表、
 ヌトミック『SUPERHUMAN』、劇団青年座『砂塵のニケ』、
 日韓演劇交流センター『ぼんくらと凡愚』と『クミの五月』、
 ホリプロ/東宝/TBS/梅田芸術劇場『ミュージカル「メリー・ポピンズ」』、
 演劇企画集団LondonPANDA『平穏に不協和音が』、
 NTLive「エンジェルス・イン・アメリカ 第2部」等、順不同。

 ◎メルマガのバックナンバーはこちら↓で全て公開中!
   http://archives.mag2.com/0000134861/
  メルマガ号外は誰が観ても楽しめそうなものを選んで発行しています。
  2018年3月(観劇数28作品)は残念ながら発行せず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆3 【黄金週間はSPAC「ふじのくに⇔せかい演劇祭」を観に静岡へGO!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎芸術総監督の宮城聰さん率いる静岡県舞台芸術センター(SPAC)が、
  今年も「ふじのくに⇔せかい演劇祭」を開催します!
  (⇔は違う記号ですが、メルマガ掲載できないため⇔にしています)

  SPAC「ふじのくに⇔せかい演劇祭2018」4/28(土)~5/6(日)
   http://festival-shizuoka.jp/
   http://www.facebook.com/SPACshizuoka
   https://twitter.com/_SPAC_
  全体のタイムテーブル(PDF)はこちら↓
   https://goo.gl/X577tY

  宮城さんのメッセージ↓をぜひお読みください。
   http://festival-shizuoka.jp/about/
  「ITを使ってうまく発信する力」に長けた人が、“勝者”のように
  注目される昨今。でも「聞く力」はどうでしょうか。
  排外主義が広まる原因にも触れられています。

 ◎今月は4月に上演される3作品をご紹介します。私はGW中に3度静岡に伺い、
  全8作品を観劇予定。前売り完売演目もありますので今すぐチェック!

 ○『リチャード三世 ~道化たちの醒めない悪夢~』
  04/28-30舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
  出演:ロール・ヴォルフ、ジャン・ランベール=ヴィルド
  原作:ウィリアム・シェイクスピア
  仏語訳・翻案:ジャン=ランベール・ヴィルド、ジェラルド・ガルッティ
  演出:ジャン=ランベール・ヴィルド、ロレンゾ・マラゲラ、
   ジェラルド・ガルッティ
  フランス語上演/日本語字幕
   http://festival-shizuoka.jp/program/richard-3/
  40人もの人物が登場する『リチャード三世』を2人の道化が演じます。
  宮城さん曰く魔術的面白さと知性を兼ね備えた作品とのこと。

 ○愛知県芸術劇場/SPAC(静岡県舞台芸術センター)『寿歌』
  04/28-30舞台芸術公園 野外劇場「有度」
  ≪愛知、静岡、熊本、福岡、茨城、愛知2か所≫
  出演:奥野晃士、春日井一平、たきいみき
  脚本:北村想 演出:宮城聰
   http://festival-shizuoka.jp/program/hogiuta/
  北村想さんが1979年に発表した、核戦争後の荒野が舞台の三人芝居を  
  宮城さんが演出。既に愛知で幕が開いてる全国ツアーです。

★○『民衆の敵』
  04/29-30静岡芸術劇場
  出演:ベルリン・シャウビューネ
  脚本:ヘンリック・イプセン 演出:トーマス・オスターマイアー
  ドイツ語上演/日本語字幕
   http://festival-shizuoka.jp/program/an-enemy-of-the-people/

 ●お薦めポイント●

  『民衆の敵』は日本でも上演頻度の高いイプセン戯曲です。
  トーマス・オスターマイアー演出作の来日は『ノラ』↓以来、13年振り。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2005/0620235238.html
  よく噂を耳にしていたので、静岡で観られるのがすごく嬉しい!

  2012年のアヴィニョン演劇祭での上演↓も評判を呼び、
   http://www.festival-avignon.com/fr/spectacles/2012/ein-volksfeind
  2014年にはパリ↓でも上演。
   http://eizoecrit.blogspot.jp/2014/02/blog-post_2.html

  観客参加の場面はこちらの動画↓でもよくわかります。
   https://goo.gl/qQdX1a
  トレイラー:
   https://www.youtube.com/watch?v=drm5AQ3CQN8 (1分40秒)
   https://www.youtube.com/watch?v=zFVb45AvMps (2分30秒)

 【チケット】発売中! (演劇祭パスポートは完売)
   http://festival-shizuoka.jp/ticket/
  一般:4,100円[大人1公演]
  SPACの会一般:3,400円[大人1公演]
  ペア割引:3,600円[2名様で1枚につき]
  グループ割引:3,200円[3名様以上で1枚につき]
  ゆうゆう割引:3,400円[満60歳以上の方]
  学割:2,000円[大学生・専門学校生] / 1,000円[高校生以下]
  障がい者割引:2,800円[障害者手帳をお持ちの方]
   ※付き添いの方(1名様)は無料。

 ☆05/03-06は駿府城公園、静岡市街地などで無料パフォーマンスあり!
  「ストレンジシード2018」:http://strangeseed.info/
  参加団体:ままごと、少年王者舘 DAZZLE iaku off-Nibroll
   子供鋸人 唐本雅子+テニスコーツ 劇団短距離男道ミサイル
   壱劇屋 きたまり×Aokid 不思議少年 ほか
  予約不要・無料

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆4 【英国演劇の映画館上映情報~NTLiveなど~】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎英国ロイヤル・ナショナル・シアターが選んだ演劇界最高峰の舞台が
  映画館で楽しめるナショナル・シアター・ライヴ(日本では2014年~)。
   http://www.ntlive.jp/

  2018年のラインアップは2017年より1本多い8本!
  「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部&第二部」
  「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
  「アマデウス」「イェルマ」「フォーリーズ」
  「ヤング・マルクス」「ジュリアス・シーザー」

  ありがたいことに次々と再上映が決まり、追いかけるのが大変(笑)。
  公式facebook、公式twitterでこまめにご確認を。
   https://www.facebook.com/ntlivejp/
   https://twitter.com/ntlivejapan

 ○「エンジェルス・イン・アメリカ 第一部 至福千年紀が近づく」
  4/6(金)~12(木)吉祥寺オデオン
   http://cinemaodeon.jp/soon/index.html
  感想:http://shinobutakano.com/2018/02/03/8878/

 ○「ハムレット」(ベネディクト・カンバーバッチ主演)
  4/14(土)~19(金)神戸アートビレッジ(兵庫)
   https://www.facebook.com/ntlivejp/posts/2063877967190567
  感想:http://shinobutakano.com/2015/12/04/813/
  ※「ハムレット」に関する解説講座あり(有料)
   日時:4/19、26、5/10、24(全て木曜日)
    https://www.kavc.or.jp/events/2226/

 ○「お気に召すまま」
  4/21(土)~26(木)神戸アートビレッジ(兵庫)
   https://www.facebook.com/ntlivejp/posts/2063877967190567
  感想:http://shinobutakano.com/2017/10/14/7099/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆5 【「CoRich舞台芸術まつり!2018春」最終選考中!】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎日本全国対象のインターネット上の舞台芸術フェスティバル
  「CoRich舞台芸術まつり!2018春」の審査員をつとめております。
   http://stage.corich.jp/festival2018/
  グランプリ受賞団体には活動支金として100万円が支援されます。
  演技賞の賞金は5万円(最大5名)、最多クチコミ賞もあります。

  第一次(ネット)審査にて99作品の中から10作品が選ばれました!
   http://stage.corich.jp/festival2018/result
  初日順⇒ The end of company ジエン社(東京)、ゆうめい(東京)、
   ミナモザ(東京)、ヌトミック(東京)、
   演劇企画集団LondonPANDA(宮城)、壱劇屋(大阪)、
   オパンポン創造社(大阪)、20歳の国(東京)、
   iaku(大阪)、しあわせ学級崩壊(東京)

  3~5月に審査員が10作品を鑑賞し、6月下旬にグランプリを発表します。
  よかったら対象作品をご覧になって感想をクチコミしてくださいね!

   CoRich舞台芸術!:http://stage.corich.jp/
   メンバー登録:http://stage.corich.jp/login

 ≪4月の「CoRich舞台芸術まつり!2018春」最終選考作品≫

 ○壱劇屋『二ツ巴-Futatudomoe-』
  04/06-08 ABCホール
  作・演出・殺陣・出演:竹村晋太朗
  一般前売:4000円 学生前売:3000円 ※当日券は各+500円
  http://ichigekiyaoffice.wix.com/ichigekiya
  http://stage.corich.jp/stage/89471
  http://stage.corich.jp/festival2018/detail/72574

 ○オパンポン創造社 第十八回創造記念『さようなら』
  04/19-22花まる学習会王子小劇場
  ≪大阪、東京≫
  脚本・演出・出演:野村有志
  前売(一般)3,500円 前売(U-22)2,500円
  前売(遠征割)2,500円※関東圏以外からのお客様
  当日(一般)4,000円 当日(U-22)3,000円
  当日(遠征割)3,000円※関東圏以外からのお客様
  高校生以下 前売当日共に1,000円(各ステージ5名まで)
  https://opanpon.stage.corich.jp ↓こりっちでカンタン予約!
  http://stage.corich.jp/stage/88871
  http://stage.corich.jp/festival2018/detail/72081

 ○20歳の国『青春超特急』
  04/19-29サンモールスタジオ
  脚本・演出・出演:竜史
  【一般】前売3500円/当日3800円
  【高校生以下】500円(前売・当日共通)※各回10枚限定。
  【スタートダッシュ割引】前売3000円/当日3300円
   ※19日-21日の3ステージのみ。
  http://www.20no-kuni.com/next ↓こりっちでカンタン予約!
  http://stage.corich.jp/stage/88949
  http://stage.corich.jp/festival2018/detail/72154

 ≪「CoRich舞台芸術まつり!2017春」グランプリ受賞作の再演≫

 上述しましたが、早くも昨年のグランプリ作品が100万円の支援を受け
 上演されます。観たら元気になる演劇です。ご家族、お友達とぜひ!

 ○劇団 短距離男道ミサイル『母さん、たぶん俺ら、人間失格だわ』
  04/19-22北千住BUoY
  ≪東京、宮城≫
  一般:3,200円 U-25:2,200円
  あらぁ、あんた遠ぐい所からよぐ来たごどぉ割(都外割):1,800円
   http://srmissile.xyz ↓こりっちでカンタン予約!
   http://stage.corich.jp/stage/90960

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆6 【編集後記など】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎3月2日に朝日新聞が、安倍政権下での公文書改ざん事件を報道して以来、
  継続的にデモや街宣に参加しています。
   http://shinobutakano.com/2018/03/30/8991/
  小1時間ほど参加して、誰かと軽く飲みに行ったりしたいですね~。
  ラフな感じでお散歩して、人間観察もできる貴重な機会だと思います。
  つかこうへい作『飛龍伝』の参考にもなりますし!(笑)

 ◎稽古場レポートを書かせていただいた、穂の国とよはし芸術劇場PLAT
  プロデュース、桑原裕子作・演出『荒れ野』の
  「悲劇喜劇」賞贈賞式・祝賀会↓に出席させていただきました。
   https://twitter.com/shinorev/status/978959008550678528

 ◎選考委員を務めております「第4回高校生劇評グランプリ」授賞式に
  出席しました。杉原邦生さんのツイート↓
   https://twitter.com/kuniooooooooo/status/979473287989227520
  渡辺源四郎商店の公式facebookページ↓
   https://www.facebook.com/nabegen/posts/1964472520535535
  授賞作、講評は後日公開↓されます。
   https://twitter.com/hs_trgp/status/975996349471535104

 ◎大反響だったNHKの番組「100分deメディア論」が再放送されます。
  【Eテレ】4月22日(日)午前0:30~2:10(※21日(土)深夜)
   http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/2018special/index.html
   https://twitter.com/nhk_meicho/status/976768829303832576
  上述の『1984』の原作小説についても議論あり。必見です!

 ◎ご報告しておきたい「しのぶの演劇レビュー」内記事

 ・【俳優養成】谷賢一さんのツイート「言葉が雄弁な時、
   俳優の内面はその何倍も芳醇でなければならぬ」
   http://shinobutakano.com/2018/03/01/8728/

 ・【俳優養成】羽生結弦選手の発言
  「芸術には技術と基礎に裏打ちされた表現力が必要」
   http://shinobutakano.com/2018/03/01/8721/

 ・【宣伝】「CoRich舞台芸術まつり!2016春」スポンサード公演・
  カンパニーデラシネラ『椿姫』『分身』再演 特別インタビュー
  を担当しました
   http://shinobutakano.com/2018/03/12/8777/

 ・【意見】「0330官邸前大集合」に参加しました
   http://shinobutakano.com/2018/03/30/8991/
  3/7、3/12、3/14、3/21、3/23、3/25の記録もあります。

 ◎おすすめ舞台中継など on TV(おすすめがある時だけ掲載)

 【衛星劇場】4/8(日) 後4:00、4/27日(金) 前8:45
  M&Oplaysプロデュース『流山ブルーバード』
  出演:賀来賢人 太賀 柄本時生 他
  作・演出・出演:赤堀雅秋
   http://www.eigeki.com/series?action=index&id=16249&category_id=7
   レビュー:http://shinobutakano.com/2017/12/26/8171/

 【NHK BSプレミアム】4/9(月)午前0時00分~ 午前4時51分[4/8(日)深夜]
  パルコ・プロデュース『アンチゴーヌ』
   http://www4.nhk.or.jp/p-stage/x/2018-04-08/10/22935/2646234/
  出演:蒼井優 生瀬勝久 ほか
  作:ジャン・アヌイ 演出:栗山民也
   レビュー:http://shinobutakano.com/2018/01/15/8397/
  ※番組後半は文学座『弁明』のアンコール上映。

 【BSスカパー】4/18(水)23:00~
  SPAC『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』(2014年アヴィニョン公演)
  出演:美加理、大高浩一、阿部一徳、他
  演出:宮城聰
   https://www.bs-sptv.com/program/3906/
   解説:https://spice.eplus.jp/articles/179925
   レポート:http://shinobutakano.com/2017/08/14/6416/ レビュー↓
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/0817221720.html
  ブルボン石切場でのアジアの劇団の上演は同演劇祭の歴史的快挙でした。
  5月の静岡で同じ円形舞台での野外公演↓あり。必見です!
   http://festival-shizuoka.jp/program/mahabharata-malacharitam/

 ◎地方新聞に掲載される新作邦画DVDの紹介記事を書いています。
  2018年3月分予定↓(順不同)。1か月分遅れています…。
  ・「台湾萬歳」
    http://taiwan-banzai.com/
  ・「ユリゴコロ」
    http://yurigokoro-movie.jp/
  ・「鋼の錬金術師」
    http://wwws.warnerbros.co.jp/hagarenmovie/index.html
  ・「彼女がその名を知らない鳥たち」
    http://kanotori.com/
  ・「ロストパラダイス・イン・トーキョー」
    http://lostparadise.seesaa.net/

 ◎注目している役者さんに「しのぶさんのサイトでいつも
  オーディション情報をチェックしています」と言われて嬉しい!
  「受かりました!」と言われるともっと嬉しい♪
  「しのぶの演劇レビュー」に情報掲載をご希望の方は、
  お問い合わせフォーム↓からどうぞ。
   http://shinobutakano.com/contact/
  ※必ず掲載するわけではありません。ご了承ください。

 ◎ツイッターやってます!フォロワー約8570人に感謝♪
  ⇒ @shinorev : http://twitter.com/shinorev
  観劇感想の速報もたまにつぶやきます。
  震災・原発事故、政治・選挙関連のリツイートも多いです。

 ◎お仕事のご依頼、お問い合わせはこちらへ↓お気軽にどうぞ♪
   http://shinobutakano.com/contact/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆7 【このメルマガについての注意事項(毎月同じ内容です)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 このメルマガは、高野しのぶの演劇への情熱で書かれています。
 沢山の人に演劇に触れてもらいたい! ので、クチコミ・転送 大歓迎です♪

 ☆ご友人、お知り合いにどうぞこのメルマガをご紹介ください!
  【面白い演劇を紹介してるメルマガはコレ!】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000134861.html

 ☆もしこのメルマガを観てお芝居に行かれたら、劇場でのアンケート用紙に
  「高野しのぶのメルマガで知った」等、書いていただけると嬉しいです♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎東京および関東近郊の情報に限らせていただいております。
 ◎掲載内容には細心の注意を払っておりますが、
  間違いがあることもあります。情報は主催者URLでご確認ください。
 ◎お薦めを観に行って面白くなかったら・・・ごめんなさいっ。

 ◎簡単なプロフィールはこちらです。
  → http://shinobutakano.com/introduction/

 ◎購読・解除はこちらから簡単にできます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000134861.html

////////////////////////////////////////////////////////////////