世田谷パブリックシアター『管理人』11/26-12/17世田谷パブリックシアター

 森新太郎さんがノーベル文学賞受賞者である英国劇作家ピンターの男性3人芝居を演出されます。ピンター戯曲といえば私はNTLive「誰もいない国 No Man’s Land」を見たばかり。難解だ、不条理劇だと言わることが多く、『管理人』もその1つかもしれません。でも象徴するものをはっきりと示す森さんの演出のおかげで、ストンと腑に落ちる感覚が得られました。上演時間は約2時間10分。

マキーフン『髪をかきあげる』12/06-10新高円寺アトラクターズ・スタヂオ

 俳優の藤井咲有里さんがプロデュース・出演するマキーフン(⇒過去レビュー)の第3回公演です。鈴江俊郎さんの岸田國士戯曲賞受賞作『髪をかきあげる』(⇒過去レビュー)を、劇団ajiの島貴之さんが演出されます。期待をはるかに上回る面白さでした!

髪をかきあげる
髪をかきあげる
posted with amazlet at 17.12.06
鈴江 俊郎
白水社
売り上げランキング: 1,309,169

 

風琴工房『ちゅらと修羅』12/07-13ザ・スズナリ

 詩森ろばさんが作・演出される風琴工房の最終公演です。25年も活動されてきたんですね。来年度からは「シリアルナンバー」という劇団名に変わります。

 『ちゅらと修羅』で描くのは沖縄。プレイベント「「標的の村」上映と取材報告トークライブ」に行って、予習はできていました。約2時間10分。上演台本(1500円)を購入。

 ↓こりっちでカンタン予約!