【宣伝】雑誌「悲劇喜劇」にて河合祥一郎さんと「演劇時評」を担当させていただきます(第一回・2017年5月号・4月7日発売)

 早川書房の雑誌「悲劇喜劇」にて、東京大学大学院教授で翻訳家、演出家でもいらっしゃる河合祥一郎さんと「演劇時評」を担当させていただきます(2017年5月号、7月号、9月号の計3回を予定)。

 河合先生は長年、多岐にわたってご活躍されている研究者、演劇人で、著作の多さにも常々驚かされております。読売演劇大賞の選考委員でもあり、とても積極的に多数の観劇をされています。まさか自分が“合評”という形でご一緒させていただくなんて、全く、想像していませんでした…(合評初日はうろたえて、何度も電車の乗り降りを間違えてしまいました…)。

 仕事で追いつける可能性はゼロですが、大人の人間として少しでも近づけるよう精進します。あ、もちろん、合評をまず、頑張ります。七転八倒中でございます…。

 今回の合評について。特にNODA・MAP『足跡姫』は、河合先生が歌舞伎にお詳しいこともあり、内容の濃いものになっていると思います。編集部の皆さんの細やかなお仕事に触れ、言葉を形(書籍)にする行為の尊さ、ありがたみを嚙みしめました。

 「悲劇喜劇2017年5月号」は4/7発売、1,445 円(税込)です。よろしければお買い求めください。

悲劇喜劇 2017年 5 月号
悲劇喜劇 2017年 5 月号
posted with amazlet at 17.03.24
早川書房 (2017-04-07)

■演劇時評(2017年5月号)
河合祥一郎 (東京大学大学院教授)×高野しのぶ (現代演劇ウォッチャー・「しのぶの演劇レビュー」主宰)第一回

【合評】
足跡姫~時代錯誤冬幽霊~』(NODA・MAP)
陥没』(Bunkamura /キューブ)
お勢登場』(世田谷パブリックシアター)
ザ・空気』(二兎社)
ミュージカル「わたしは真悟」』(ホリプロ)
ビッグ・フィッシュ』(東宝)
隅田川/娘道成寺』(木ノ下歌舞伎)
『豚小屋~ある私的な寓話~』(地人会新社)⇒稽古場レポート
なむはむだはむ』(東京芸術劇場/ quinada)
ユー・アー・ミー?』(ラッパ屋)
ダークマスター』(庭劇団ペニノ)
たくらみと恋』(世田谷パブリックシアター)
MOTHER──君わらひたまふことなかれ』(新国立劇場演劇研修所第10期生修了公演)
リリオム』(ユマクトプロデュース)

【高野単独評】
世界』(Bunkamura)
peeeeep~踊る小説2~』(CHAiroiPLIN)
『シェイクスピアの「冬物語」』(SPAC・静岡県舞台芸術センター)

【河合単独評】
『華岡青洲の妻』(松竹)
『病いは気から』(俳優座)
『どうか闇を、きみに』(空想組曲)
『食いしん坊万歳!~正岡子規青春狂詩曲~』(文学座)
『生きてる時間』(カタルシツ演芸会)

 以下は記録として、公式サイトの商品詳細のテキストを貼り付けました。

Aga-risk Entertainment『時をかける稽古場2.0』03/22-28駅前劇場

 Aga-risk Entertainmentは冨坂友さんが作・演出される千葉県の劇団です。『時をかける稽古場2.0』の上演時間は約2時間10分、休憩なし。初日に観られたのは(臨場感があって)幸運でした。

 初演の『時をかける稽古場』は動画で全編見られるようです。

 「CoRich舞台芸術まつり!2017春」の審査員として拝見しました(⇒102本中の10本に選出 ⇒応募内容)。※レビューはCoRich舞台芸術!に書きます。下記にも転載しました。 

 ⇒CoRich舞台芸術!でカンタン予約!