【レポート】ON-PAM・2016「政策提言調査室第3回勉強会・第3回テーマ委員会」11/12ロームシアター京都・会議室

 KYOTO EXPERIMENT開催中のロームシアター京都・会議室で行われた、舞台芸術制作者オープンネットワーク[ON-PAM](オンパム)の「政策提言調査室第3回勉強会・第3回テーマ委員会」のレポートを執筆しましたので、以下に転載します(⇒公式記録)。私はON-PAMに正会員として参加しています、

 ON-PAMは「政策提言(アドボカシー)」を行うことを見据えた勉強会を行っており、11/12は約3時間にわたって、ON-PAMのステートメントを固めるための議論を行いました。

 この勉強会の翌日に開催された、ON-PAMシンポジウム「施行から4年、劇場法をもっと『活用』するために」にも参加しました(⇒公式記録)。

 2016年のON-PAM関連のエントリー⇒

20161112_onpam_kyoto1

【稽古場レポート】地人会新社『豚小屋~ある私的な寓話~』12/29都内某所

 地人会新社の第6回公演は、北村有起哉さんと田畑智子さんの二人芝居。南アフリカの劇作家アソル・フガードさんによる戯曲『豚小屋~ある私的な寓話~』を、栗山民也さんが翻訳・演出されます。来年1月7日(土)の初日に向けて、毎日、通し稽古が行われている年末の稽古場に伺いました。

 台本の初めにあるとおり、「第二次世界大戦中、ソビエト軍から脱走し四十一年間を豚小屋に隠れて過したパヴェル・ナヴロツキーという脱走兵の真実の物語にインスパイアされ書かれた」、という戯曲です。

20161229_butagoya_flyer_s

 豚小屋に41年間…!? ちょっと思い浮かべただけでゾっとしますし、実際、豚小屋の中で繰り広げられるお話なのですが、退屈な日常の中の小さな幸せに胸躍り、何もかもをひっくり返すような出来事にドキドキさせられます。繰り返し訪れるさざ波と大波に揺さぶられ、さりげない伏線の張り方にもシビれる、起承転結の構成が見事な四幕劇でした!

●地人会新社『豚小屋~ある私的な寓話~』 ⇒公式サイト
 2017年1月7日(土)~15日(日)
 会場:新国立劇場小劇場 THE PIT
 出演:北村有起哉 田畑智子
 作:アソル・フガード 翻訳・演出:栗山民也
 A席6,500円 B席5,000円 25歳以下3,000円
 ※1月7日(土)19:00の回はプレビュー公演でA席、B席ともに3,500円、25歳以下2,000円!
  J-Stage Naviならまだプレビュー公演の残席あり!(ただし一般のみ)
  ⇒チケットぴあローソンチケットイープラス
  ⇒CoRich舞台芸術!『豚小屋~ある私的な寓話~
 ※休憩なしで2時間を切る上演時間になりそうです。

写真(左から・敬称略):田畑智子、北村有起哉 撮影:谷古宇正彦
写真(左から・敬称略):田畑智子、北村有起哉 撮影:谷古宇正彦