Kawai Project『ゴドーを待ちながら』10/19-30こまばアゴラ劇場

ゴドーを待ちながら
ドーを待ちながら

悲劇喜劇2016年11月号
悲劇喜劇2016年11月号
posted with amazlet at 16.10.20
早川書房 (2016-10-07)

 ⇒CoRich舞台芸術!『ゴドーを待ちながら

 レビューは記録のみ。

 ≪作品紹介≫ 公式サイトより
 『ゴドーを待ちながら』と言えば、長年、髙橋康也・安堂信也訳が定番でした。わが師である髙橋康也と一緒にダブリンで『ゴドーを待ちながら』を観たとき、劇場が笑いの渦に巻き込まれていたことに衝撃を受けた私は、原作がもつ力をもう一度丁寧に吟味しなければならないと感じていました。ですから、原田大二郎さんと高山春夫さんが「死ぬまでに一度『ゴド待ち』をきちんと演じたい」とこのたび演出を依頼してくださったとき、私はまよわず1952年のフランス語版を、ベケット自身の英語版を参照しながら、新たに訳すことにしました。但し、既訳とは異なり、1952年の初版ではなく同年に出た第二版を底本にしなければならないと判断しました。第二版こそが英語版の元になっており、ベケット自身が改定を加えた版だからです。
 この作品をどう解釈するかは、ベケットの書いた原文をどう解釈するかに大きくかかってきます。師を乗り越えることができるかどうかはわかりませんが、そう務めるのが弟子としての義務でしょう。シェイクスピアのみならずベケットにおいても、やらねばならぬ仕事が多々あると思うのは、最期の病床でベケットの本を求めたほどベケットを愛した師の思いを継いでいかなければならないと思うからです。
 この新訳と演出とを以て演劇史を塗り替えたいと願っています。それくらいの気合いでやらなければ師は許してくれないでしょう。
 ≪ここまで≫

 ここからネタバレします。

 舞台奥の床に設置された照明で壁を下から上に照らすのが良かったです。下手上部に映写される月の映像がリアル。上手上部には夕日も。
 原田さんが投げた帽子が上手ロフトに入ってしまい、高山さんが素で笑う。それを受けて後ほど、上手ロフトへの梯子を上る高山さんに対して、原田さんが「あそこにあるのは帽子だけだ」とアドリブを入れる。素晴らしい。

Vol.3
≪出演≫ヴラディーミル:原田大二郎 エストラゴン:高山春夫 ポッツォ:中山一朗  ラッキー:稲葉能敬 少年:宮下紘樹(Wキャスト) 少年:古閑理(Wキャスト) ※私が観た回は宮下紘樹さんでした。
作:サミュエル・ベケット
新訳・演出:河合祥一郎
照明:富山貴之
音響:星野大輔(サウンドウィーズ)
舞台監督:小田史一(NON GATE THEATRE)
​制作:久保庭尚子・伊藤香津代
制作協力:Real Heaven
宣伝美術:荒巻まりの
【主催】こまばアゴラ劇場
【協力】CAPI
​【著作権代理】​フランス著作権事務所
予定しているチケット料金(全席自由席)
一般前売り=3500円  当日=4000円  U-25=2500円  高校生以下=1000円  
※U25・高校生以下の前売チケットは引換券扱いとなります。
当日受付で年齢が確認できる証明書をご提示下さい。入場券にお引換いたします。
http://www.kawaiproject.com/vol3

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ