Bunkamura/キューブ『8月の家族たち August:Osage County』05/07-29 Bunkamuraシアターコクーン

8月の家族たち
8月の家族たち

 ケラリーノ・サンドロヴィッチさんが米国人劇作家トレイシー・レッツさんの2007年初演戯曲を演出(⇒2009年のレビュー)。上演台本も手掛けてらっしゃいます。上演時間は約3時間15分(途中15分休憩を2回挟む)。

 『8月の家族たち August:Osage County』はピュリッツァー賞戯曲部門や、トニー賞最優秀作品賞を含む4部門を受賞したブラックコメディーで、メリル・ストリープ&ジュリア・ロバーツ主演で映画化もされました。ベネディクト・カンバーバッチも出演してるんですね~。パンフレットによると、映画版はあまり笑えるタイプではなかったようです。

 でも今回の舞台版では客席で大いに笑いが起こっていました。登場人物の置かれた状況はとても悲惨だけれど、あまりに愚かな様子が滑稽で、クスっと吹きだしたり、ワハハと笑えるように作られているのです。真面目さ、深刻さに沈みこまないように、それでいて、ネタを連発させ過ぎてしらけないように、バランスよく組み立てられていると思いました。

8月の家族たち [DVD]
8月の家族たち [DVD]
posted with amazlet at 16.05.11
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015-04-22)
売り上げランキング: 1,655

 悲劇喜劇 2016年05月号↓に戯曲が掲載されています。劇場ロビーで購入可能。

悲劇喜劇 2016年 05 月号
悲劇喜劇 2016年 05 月号
posted with amazlet at 16.05.11
早川書房 (2016-04-07)

 ⇒CoRich舞台芸術!『8月の家族たち August:Osage County

マームとジプシー『てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、 つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。』05/06-08 LUMINE 0

 藤田貴大さんが作・演出されるマームとジプシーが過去の3作品を連続上演していました。『カタチノチガウ』『あっこのはなし』『てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、 つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。』のうち、私は『あっこのはなし』だけ観たことがあります。日本での公演回数が少なかった『てんとてんを~』を観ることにしました。上演時間は約1時間40分弱だったかと。

 マームとジプシーは2月にも、彩の国さいたま芸術劇場で公演(3作品)をされてましたよね。ひとつの若い集団が複数作品をレパートリー化しているのは凄いことだと思います。

 新しい劇場LUMINE0(ルミネゼロ)に初めて伺いました。高い場所(5F)にあるスパイラルホールみたいな…。

 ⇒CoRich舞台芸術!『てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、 つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。