【メルマガ号外】ミュージカル『手紙』製作委員会「ミュージカル『手紙』」

ミュージカル『手紙』
ミュージカル『手紙』

 ミュージカル『手紙』製作委員会「ミュージカル『手紙』」
 01/25-31新国立劇場小劇場
 ≪東京、兵庫、大阪≫
 ※公演詳細はこちら
 ⇒CoRich舞台芸術!『ミュージカル「手紙」

 ★メルマガへの ご登録はこちら へ!
 ★facebookページでブログ更新を報告しています。
  よかったら「いいね!」してください♪

 ※脚本・作詞の高橋知伽江さんのfacebook個人ページにて「ややネタバレなので、まっさらな状態でご覧になりたい方はご観劇後にお読みになる方がいいかもしれません」というご指摘をいただきました。そのおつもりでお読みいただけたらと思います(2016/01/27加筆)。

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

 “しのぶの演劇レビュー” 号外 Vol.61  2016.01.26 2,306部 発行

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏ http://www.shinobu-review.jp

   今、面白い演劇はコレ! 年200本観劇人のお薦め舞台♪

★★ 号 外 ★★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎ミュージカル『手紙』製作委員会「ミュージカル『手紙』」
  01/25-31新国立劇場小劇場
  ≪東京、兵庫、大阪≫
  ☆出演:三浦涼介、吉原光夫、廣瀬大介、和田雅成、川口竜也、上野哲也、
    岡本悠紀、五十嵐可絵、和田清香、北川理恵、礒部花凜
   原作:東野圭吾「手紙」(文春文庫刊)
   脚本・作詞:高橋知伽江 作曲・音楽監督・作詞:深沢桂子
   演出:藤田俊太郎
    http://no-4.biz/tegami/
    公演公式ツイッター:https://twitter.com/musicaltegami

 ◎観劇後のコメント◎

   東野圭吾さんの小説「手紙」がミュージカル化されました。
   強盗殺人の罪で獄中にいる兄と、その兄のせいで世間から
   差別され、人生を狂わされた弟の物語です(私は原作未読)。
   2006年に映画化↓もされているベストセラー小説なんですね。
    http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E6%89%8B%E7%B4%99/325646/

   ご縁があって、作曲・作詞・音楽監督の深沢桂子さんが
   2009年に新国立劇場演劇研修所第3期生の自主制作公演として
   発表していた作品↓を拝見しておりました。
    http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2009/1128172420.html
   とうとう本格的な公演になったことが嬉しく、初日に伺いました。
   
   時は現代、場所は日本、登場人物は皆、市井の人々です。
   加害者はいつ赦されるの? 遺族はいつ家族の死を受け止め、
   加害者を赦せるの? 加害者家族はいつ差別から解放されるの?
   悩み苦しみ、答えの出ない問いに向き合う人々のありのままの心を、
   易しい言葉にあらわして、歌と音楽と演技で伝えてくださいます。

   私はミュージカルには詳しくないのですが、歌唱力のあるキャストが
   揃っているように思います。兄役(吉原光夫)と弟役(三浦涼介)等の
   他の7人は、オーディション↓で821人の中から選ばれたそうです。
    http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0426122709.html
   技巧に凝らずに、素直に、まっすぐに思いを届けてくださいました。
   終盤は涙が止まらず…。アイメイクが全部落ちちゃうほど!(苦笑)

   演出について、まず特筆すべきは舞台の場所です。
   新国立劇場小劇場のいつもの客席側に舞台がしつらえられています。
   客席図面を写真に撮ってツイート↓しました。
    https://twitter.com/shinorev/status/691608051535601664

   観客は開演前に、その舞台を歩いて通り抜け、客席に座ります。
   舞台の床の高さは最前列と同じ。舞台と客席が地続きなのです。
   犯罪者になることも、被害者になることも、ごくごく身近なこと。
   このお芝居はあなた自身のことなのだと、実感させてくれます。
   アンサンブルが塀の中と外の両側の人々を演じるのも効果的です。

   可動式装置によるステージング、カラフルな照明、親しみやすくて
   耳に残るメロディーと元気いっぱいの歌と踊りで、飽きさせません。
   わざと舞台を狭く使っているのか、客席と俳優との距離が近くて、
   小劇場ミュージカル(約400席)の贅沢を存分に味わえます。

   2階正面のロフト部分ではバンドが生演奏し、俳優の演技スペースにも
   なります。ロビーの扉を使うアイデアや、ミュージカルなのに
   敢えて“歌わない”演出も凄い!演出は新鋭の藤田俊太郎さん↓です。
    http://www.shuntarofujita.com/profile.html

   歌を通じて作り手と観客が一体になれる“劇場”という場所は、
   ジョン・レノンが「イマジン」で描いた夢の国かもしれません。
   でも、時が来れば、誰もがそのユートピア(=“劇場”)から出て、
   差別も戦争もある、シビアな日常へと帰っていきます。

   井上ひさし「ユートピアは劇場にしかない」↓
    http://shinobutakano.com/2015/12/16/953/

   「手紙」に登場する人々も、私たち観客も、天国でも地獄でもない、
   現実を生きている。「共にその覚悟をしよう、一緒に歩んで行こう」と、
   憂いを含んだ笑顔で手を差し伸べてくれているように感じました。
   決して楽観的ではない、でも絶望に沈まない。物語と同様に、
   「人とつながっていこう」というメッセージが込められた娯楽作です。

   ※上演時間:1幕1時間15分、休憩15分、2幕1時間15分を予定。

 【記事など】

  「東野圭吾の大ベストセラー『手紙』がミュージカル化」↓
   http://spice.eplus.jp/articles/20681

  「ミュージカル『手紙』三浦涼介と吉原光夫にインタビュー!
   「僕たちはとても“質感”が近いんです」」↓
   http://enterstage.jp/interview/2016/01/004130.html

  「Creators Vol.7『手紙』脚本・作詞 高橋知伽江」↓
   http://touch.allabout.co.jp/gm/gc/461680/

   動画「ミュージカル『手紙』 歌おうメリークリスマス」↓
   https://www.youtube.com/watch?v=eAJ7HdKxhyo

 【チケット情報(東京公演)】

   S席 9,800円 A席 7,800円 ※未就学児童不可
    http://no-4.biz/tegami/

   ※グッズ販売コーナーが混んでいました。劇場へはお早目に♪

 【お問い合わせ】

  サンライズプロモーション東京
   TEL:0570-00-3337

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ 【編集後記】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ◎2016年1度目のメルマガ号外です。前回はこちら↓
   http://shinobutakano.com/2015/12/22/985/

 ◎facebookページ↓でブログ更新を報告しています。よろしければ
   http://www.facebook.com/shinobureview
  「いいね!」をクリックしてタイムラインに混ぜてください♪

 ◎ツイッター↓やってます! ※フォロアー約6500人に感謝♪
  ⇒ @shinorev : http://twitter.com/shinorev
  メルマガ号外は読者の方々に直接届ける手段として今後も続けますが、
  速報としてはツイッターが最速です。

 ◎2015年5月に「ダルカラードポッドキャスト」に出演しました!
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0528091621.html
  約15年のご縁になる谷賢一さんと我が家でおしゃべりしました。
  1時間ありますので、通勤・通学中などにお楽しみいただければ♪

 ◎wonderlandに私のインタビュー記事↓が掲載されました(2015年2月)。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2015/0318152052.html
  2013年9月の東大生によるインタビュー↓もよかったらどうぞ。
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2013/1120155340.html

 ◎当メルマガがまぐまぐ大賞2014・無料部門の
  エンターテイメント・ジャンルで4位に入賞↓しました!
   http://www.shinobu-review.jp/mt/archives/2014/1221174834.html
  まぐまぐ↓「【演劇好き必読】珠玉の演劇上演情報を無料で手に入れる!」
   http://www.mag2.com/p/news/3886

 ◎「CoRich(こりっち)舞台芸術!」で
   http://stage.corich.jp/
  いつ、どこで、何が上演されているのかを簡単検索!
  感想も書き込めますよ♪ メンバー登録はこちら↓
   http://stage.corich.jp/user_register.php
  携帯サイトもあります⇒ http://stage.corich.jp/m
  公式アプリiPhone版・ダウンロード↓
   http://bit.ly/18djpPV
  公式アプリAndroid版・ダウンロード↓
   http://bit.ly/18djsLF
  アプリでチラシ拡大可能!「あと○日で開幕・終幕」がわかって便利。
  最新版では「観たい!」「観てきた!」コメントも表示されます。

 ◎「劇場に足を運ぶことが、日本人の習慣になって欲しい」
  それが私の望みです。
  これからもこつこつ、地道に進んで行きたいと思っております。
  皆様、どうぞよろしくお願いいたします♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆ 【このメルマガについての注意事項(毎号同じ内容です)】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 今回の配信は“号外”です。
 メルマガ号外は誰が観ても楽しめそうなものを選んで発行しています。

 毎月1日発行のメルマガで、その月のお薦め舞台10本+αをご紹介します。
 バックナンバーは全て公開中!
   ⇒ http://archive.mag2.com/0000134861/index.html

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 このメルマガは、高野しのぶの演劇への情熱で書かれています。
 沢山の人に演劇に触れてもらいたい! ので、クチコミ・転送 大歓迎です♪

 ☆ご友人、お知り合いにどうぞこのメルマガをご紹介ください!
  【面白い演劇を紹介してるメルマガはコレ!】
   ⇒ http://www.mag2.com/m/0000134861.html

 ☆もしこのメルマガを観てお芝居に行かれたら、劇場でのアンケート用紙に
  「高野しのぶのメルマガで知った」等、書いていただけると嬉しいです♪

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ◎東京および関東近郊の情報に限らせていただいております。
 ◎掲載内容には細心の注意を払っておりますが、
  間違いがあることもあります。情報は主催者URLでご確認ください。
 ◎お薦めを観に行って面白くなかったら・・・ごめんなさいっ。

 ◎簡単なプロフィールはこちらです。
  → http://shinobutakano.com/introduction/

 ◎購読・解除はこちらから簡単にできます。
  まぐまぐ → http://www.mag2.com/m/0000134861.html

////////////////////////////////////////////////////////////////

≪ミュージシャン≫
Guitar:横田明紀男 (Fried Pride)
Viollin:長尾珠代
Piano:村井一帆
≪スタッフ≫
原作:東野圭吾『手紙』(文春文庫刊)
脚本・作詞:高橋知伽江
演出:藤田俊太郎
作曲・音楽監督・作詞:深沢桂子
ギターアレンジ:横田明紀男(Fried Pride)
振付:新海絵理子
美術:原田愛
照明:日下靖順
音響:山本浩一
技術監督:小林清隆
舞台監督:倉科史典
演出助手:成平有子
衣裳:小林巨和
宣伝美術:菊田参号
写真撮影:園田昭彦
宣伝ヘアメイク:松本円
制作:難波利幸
制作補:木村彩菜
ピアノ協力:タカギクラヴィア(東京公演)
制作協力:新神戸オリエンタル劇場(神戸公演)
宣伝協力:カンフェティ
票券:サンライズプロモーション東京
企画協力:文藝春秋
製作:ミュージカル『手紙』製作委員会
http://no-4.biz/tegami/

※クレジットはわかる範囲で載せています(順不同)。間違っている可能性があります。正確な情報は公式サイト等でご確認ください。
~・~・~・~・~・~・~・~
★“しのぶの演劇レビュー”TOPページはこちらです。
 便利な無料メルマガ↓も発行しております♪

メルマガ登録・解除 ID: 0000134861
今、面白い演劇はコレ!年200本観劇人のお薦め舞台

   

バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ